カキ肉エキスに含まれる亜鉛とテストステロンについて② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

カキ肉エキスに含まれる亜鉛とテストステロンについて②

カテゴリー:

カキ肉エキス

カキ肉エキスには、亜鉛が含まれていてテストステロンの生成に関係があることは先回お話しました。今回も引き続きカキ肉エキス亜鉛テストステロンの関係についてお話していきます。

(前編は前の記事をご参照下さい。)

カキ肉エキスに含まれる亜鉛とテストステロンについて②

カキ肉エキスの亜鉛はテストステロンレベルと精巣機能に影響する

Hafiez et al. (1898) の研究では、ラットを亜鉛欠乏状態に置いてたのち、亜鉛エキスを摂取させて10週間おきました。その効果、卵胞刺激ホルモン、テストステロン、黄体形成ホルモン、プロラクチンのような生殖ホルモンの血清中のレベルを向上するのに有効だということがわかりました。今回の結果からカキ肉エキスに含まれる亜鉛は、テストステロンのような重要なホルモンのレベルに直接影響を及ぼすことがわかり、よって生殖機能全般への効果が期待できます。

肝臓のテストステロンのジヒドロテストステロン転換への影響

Salgueiro et al. (2000) の研究によると、カキ肉エキスに含まれる亜鉛は、肝臓のホルモン転換に影響があることがわかりました。この研究では、亜鉛欠乏食のラットに亜鉛を摂取させたところ、肝臓の重要なホルモンである遊離テストステロン、黄体形成ホルモンが上がりました。亜鉛は、テストステロンや他の生殖ホルモンの生成に効果があることが実証されています。

運動後のテストステロン濃度を高める

Neek et al. (2011) の研究では、サイクリングの後の被験者32人に亜鉛サプリメント(30mg /日)を4週間与えたところ、テストステロンレベルが上昇しました。 血清テストステロン値は、運動および休息後に定量となりました。血清テストステロンレベルは、同時運動を伴う亜鉛サプリメント群の方が高くなりました。亜鉛サプリメントには、厳しい運動の後のテストステロンレベルを高める働きがあることがわかりました。このことから、亜鉛が含まれたカキ肉エキスは筋肉の回復や体の休息に有効だといえます。

前立腺癌に関連

Leitzmann et al. (2003) の研究では、米国の46500人以上の男性を対象に、前立腺癌発症時の亜鉛過剰摂取の可能性を検討するために14年間のフォローアップを実施しました。大規模調査で行われたこの研究は、前立腺がんに亜鉛が効果があることが明らかになりました。さまざまな濃度の亜鉛サプリを摂取してもらったところ、100mgを超える亜鉛補給を10年間摂取した男性は、前立腺癌を発症するリスクが高くなりました。 非使用者と比較して、1日あたり100mgの亜鉛を長期間にわたって摂取した男性は、よりリスクが高くなり、長期間の摂りすぎはがんの発症効果を高めてしまうという結果も出ています。亜鉛単一のサプリより他の成分が配合されているほうがそのリスクを下げることができます。

サプリメント

カキ肉エキスの効果

このようにカキ肉エキスに含まれる亜鉛は特に効果が高いことがわかりました。そして単一の亜鉛よりも、複合的に亜鉛が含まれたサプリのほうが良いということもわかりました。その点からも、カキ肉エキスで亜鉛を摂ることは健康面で良い効果が期待できると言えそうです。カキ肉エキスのサプリメントを早速お試しください。

(文:宮本燈)

引用文献

Hafiez, A. A., El‐Kirdassy, Z. H. M., Mansour, M. M. S., Sharada, H. M., & El‐Zayat, E. M. I. (1989). Role of zinc in regulating the testicular function. Part 1. Effect of dietary zinc deficiency on serum levels of gonadotropins, prolactin and testosterone in male albino rats. Molecular Nutrition & Food Research, 33(10), 935-940.

Salgueiro, M. J., Zubillaga, M., Lysionek, A., Sarabia, M. I., Caro, R., De Paoli, T., … & Boccio, J. (2000). Zinc as an essential micronutrient: a review. Nutrition Research, 20(5), 737-755.

Neek, L. S., Gaeini, A. A., & Choobineh, S. (2011). Effect of zinc and selenium supplementation on serum testosterone and plasma lactate in cyclist after an exhaustive exercise bout. Biological trace element research, 144(1-3), 454-462.

Leitzmann, M. F., Stampfer, M. J., Wu, K., Colditz, G. A., Willett, W. C., & Giovannucci, E. L. (2003). Zinc supplement use and risk of prostate cancer. Journal of the National Cancer Institute, 95(13), 1004-1007.


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。