夏にピッタリ牡蠣を使ったおすすめレシピ ② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

夏にピッタリ牡蠣を使ったおすすめレシピ ②

カテゴリー:

牡蠣肉エキスには、たくさんの効果・効能があります。夏場のスタミナアップにも最適の食材です。先回に引き続き夏におすすめの牡蠣を使ったレシピをご紹介します。

夏にピッタリ牡蠣を使ったおすすめレシピ ②

牡蠣と夏野菜のパスタ

牡蠣をたっぷり使った夏野菜入りのパスタです。

材料 (2人分):牡蠣150g、赤ピーマン3、4個、ズッキーニ1本、まい茸3、4個、ニンニク 1片、唐辛子 1本、アンチョビペースト大さじ2、オリーブオイル 大さじ3、塩、コショウ少々、パスタ200g

作り方:

1.パスタを茹でておく。

2.牡蠣は塩で洗って、なかに火が通るように茹でておく。

3.ズッキーニ、赤ピーマン、まい茸は食べやすい大きさに切っておく。ニンニクは薄切りにスライスしておく。

4.ニンニクをオリーブオイルで炒め、唐辛子を入れ弱火にかけておく。香りがオイルに移ったら、アンチョビペーストを入れる。

5.4にズッキーニ、赤ピーマン、まい茸を入れ、火が通ったら牡蠣も加える。

6.焼けたらパスタを加えて、塩と胡椒で混ぜ合わせる。

ポイント:牡蠣がアクセントとなるパスタです。オリーブオイルとニンニクの香りが食欲をそそるボリューム満点のメニューです。夏場のスタミナ補給にぴったりのランチメニューです。

ビビンバ牡蠣雑炊

冬のメニューのように思われる雑炊ですが、食欲の失せる夏でも量を食べることができるメニューです。

材料 (2人分):ご飯2~3杯分、豚バラ肉120~150、牡蠣(加熱用)100g、鱈1~3切れ、椎茸5~6個、長葱少々、酒少々、味玉小さじ2、韓国だしの素小さじ2、焼肉のタレ大さじ1~1.5、キムチの素大さじ1/2~1、お湯800~1,000ccml、油(ラードなど)チューブで5cm、 トッピング(キムチ、ナムル、味噌、ノリ、白ゴマ、卵、ゴマ油、コチジャン)

作り方:

1.牡蠣を塩で洗っておく。牡蠣は洗いすぎるとうまみがなくなるので、10秒程度軽く洗うのがポイント。

2.豚肉とタラは酒を軽くかけておく。

3.味玉は、小さく削っておく。

4.椎茸は洗って石づきを取り、長葱と食べやすい大きさに切っておく。

5.油(ラードなど)で豚肉を炒めてそれ以外の材料と合わせて炒める。調味料で味を調える。

6.ご飯を入れて沸騰するまで10分程度煮立てる。

7.弱火にしてから、トッピングのキムチ、ナムル、生卵、海苔、白胡麻などを入れる。胡麻油を入れてよくかき混ぜる。コチジャンは好み合わせて入れる。豚肉や他の肉類(モツ、ホルモン、タンなど)を入れてもよい。ダイエットしている人はご飯を少なめにして豆腐を活用すると効果的。

ポイント:夏場にスタミナをつけたいときはこれに限ります。たくさんの調味料が入っていてアツアツで汗をかきながら食べられるので、ダイエット効果も期待できます。夏はクーラーなどの影響で体が冷えやすいので、血行をよくするのにも有効です。冷たい物の食べすぎや飲みすぎ、冷房の効いた部屋で長時間過ごすなどが原因で体温の調節機能が不調になりがちですので、温かいメニューもたまには取り入れましょう。

牡蠣肉エキスをたっぷりとって夏バテ予防

牡蠣は冬のイメージが強いですが、栄養素が豊富なので夏の栄養補給にも最適です。牡蠣の温かいメニューは、夏の冷え性予防にも効果的です。牡蠣肉エキスは滋養強壮の効果があり、身体の中からパワーを作ります。夏場の食欲がない時期にしっかりとって、夏バテ防止をしましょう。牡蠣は夏野菜とも相性が良いので、家族の夏の健康増進にもぴったりの食材です。

お食事で足りない分は牡蠣肉エキスのサプリメントで補いましょう。今年の夏は牡蠣レシピとサプリメントで体調管理をしていきましょう。

(文:宮本燈)

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。