牡蠣エキスに副作用はあるのか? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

牡蠣エキスに副作用はあるのか?

カテゴリー:

豊かな健康効果を持つ牡蠣エキスですが、ネットを見ているとまれに副作用があるという口コミも見かけます。本当に牡蠣エキス副作用はあるのでしょうか?詳しく調べましたので、その結果についてご覧ください。

牡蠣エキスに滋養をもたらすタウリン

滋養を豊富に含む牡蠣エキスには、ほとんどそれにしか含まれていないような特有成分もあり、サプリメントなどの健康食品から摂取することで健康に役立ちます。

タウリン

牡蠣エキスの特有成分といえる物質であり、肝臓の機能を高める作用に優れています。具体的には胆汁の分泌を促して有害成分を無害化したり、肝細胞の再生を促進するといった働きを持っています。

胆汁とは脂肪の消化や吸収を助ける重要な体液であり、肝臓で作られたのち胆のうに流れて溜められています。この胆汁がなければせっかく摂った脂肪も無駄になってしまいますので、身体を動かす力を得る上で肝臓は大きく役立っています。

また肝臓は多くの有害成分を問題のないよう処理する機能もありますが、その中でももっとも有名なのはアルコールの無毒化でしょう。アルコールは本来人間にとってさほど有害ではない物質であり、質にもよりますが実際口にしてもさほど問題ではありません。しかし、あまりにも多量に飲み過ぎてしまうと酩酊状態に陥ってしまい、下手をすると深刻な事態になってしまいます。そのことから、お酒の席では牡蠣エキスが良く使われているのです。体内に入ったアルコールはアセトアルデヒドという毒に近い物質に化学変化します。肝臓が処理できる範囲内であればそのアセトアルデヒドは無毒化されるのですが、お酒を多量に飲み過ぎてしまうと処理しきれなくなって吐き気や目まい、意識の混濁といった症状を招くのです。ですが牡蠣エキスを飲んでおくと、肝臓がアセトアルデヒドを代謝する作用を高めて悪酔いを防いでくれます「酒は飲んでも飲まれるな」という格言がありますが、飲み過ぎには気を付けましょう。

そして肝細胞の再生能力を高めると言う効果もあります。肝臓は体内に存在する臓器の中で最大のものであり、身体全体の健康を維持する重要な器官であります。臓器は内臓破裂などで一部欠損すると、著しく健康に影響するものが大半ですが、肝臓は多少欠けても問題なく生活できる臓器となっています。また自然と再生する能力も高く、タウリンを摂取することでその再生速度も若干早まると言うデータもあります。

牡蠣エキスに心配される副作用

牡蠣エキスには基本的にどなたでも召し上がっていただける健康食品ですが、まれに副作用的症状が出ることもあります。

まず牡蠣そのものにアレルギーのある方は食べないようにして下さい。牡蠣エキスは牡蠣の有効成分を凝縮した健康食品であるため、ほぼ同じ物質である牡蠣エキスに対してもアレルギー反応を起こすことが考えられます。

また牡蠣エキスは販売元企業によってそれぞれ異なる製造方法を採用しており、その過程で使われる添加物も違っております。そのため、製品によっては体質に合わないことなどが考えられ、気分の低迷といった症状を起こすこともあります。できれば事前に企業の口コミや製品の評判などを確認してから購入するようにしましょう。

一概に健康食品といっても、その内容は品質、製造方法、販売元などあらゆる要素によって変わってきます。そのため自身に合った健康食品を探し当てるには、根気が必要になってきます。多くの健康食品を試して自らの体質に合うものを見つけ出せればいいですが、それより品質などにこだわっている企業から探っていくのが現実的でしょう。商品のレビューやHPなどを参考にして、良さそうな健康食品を見つけましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。