牡蠣エキスの原料などに含まれるタウリンの含有量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

牡蠣エキスの原料などに含まれるタウリンの含有量

カテゴリー:

牡蠣エキスの元である牡蠣は、古くから人々に愛されてきた滋養のある食品です。現代ではタウリンというエネルギーの源となる栄養素が豊富であることで知られています。牡蠣などに含まれるタウリンの含有量についても知っておきましょう。

縄文時代から食べられていた牡蠣

牡蠣の歴史は古く、人々が石器を使って狩りをしていた縄文時代から食べられていたと言われています。東京都にある中里貝塚(当時のゴミ捨て場のような場所)からは、大量の牡蠣の殻が見つかっており、牡蠣の常食化、習慣化がすでに浸透したようです。さらに牡蠣の養殖が行われていた様子もあり、当時から日本人に馴染んでいた食材であることがうかがえます。

タウリンを豊富に含む食品とその含有量

タウリンが含まれる食品はかなり限られており、一部の魚介類からしか摂取することができません。肉類や卵などその他の食品には全くと言っていいほど含まれておりません。牡蠣などのタウリンの含有量を見ていきましょう。

牡蠣 1120mg/100g

もっとも多くタウリンを豊富に含む食品であり、旬である冬の時期が美味しくいただけます。生でも可食できる食べ物ですが、食中毒には注意しましょう。また焼牡蠣やカキフライ、パスタなどでも違った美味しさが楽しめます。

細胞の新陳代謝を助ける亜鉛も多く含んでいます。味覚を正常に保ち、爪や髪など生え変わりの著しい部位をきれいにしてくれる効果があります。さらにレモンを絞って食べると、ビタミンCが亜鉛の吸収を助けて、より効率的に健康に役立てることができます。

烏賊 780mg/100g

生でも食べられる魚介類ですが、歯ごたえが強いため細く切られて出されることが多い食べ物です。イカ焼きや塩辛などの形にも調理されます。

蛸 800mg/100g

烏賊と同じく、刺身やタコ焼きなどで食べられる魚介類です。調理の際はまず塩水でぬめりを取ってから包丁を入れるようにしましょう。

また魚の血合いの部分にも含まれています。ハマチやサバなどがその部分が大きいので食べやすいです。アサリやシジミにも多く含まれていますので、味噌汁から摂取することもできます。

タウリン豊富な食品を調理するときには

タウリンは水に溶けやすいので、出汁を取ったり煮物にするときには水分ごととっておくことが必要です。また魚介類が多いので、刺身や生で食べる際には「生食用」であることの確認や鮮度などの品質管理をチェックしておきましょう。

牡蠣よりカキエキスを取る方が良い理由

生の牡蠣は栄養価が高く、新鮮な風味を味わえる絶品ともいえる食材です。特に冬の時期には身がぷりぷりして、程よい苦味を持つ日本ならではの魚介類となります。

しかし、栄養管理などの面からするとカキエキスの方が優れているところもあります。まずカキエキスは一年中味わえるのが大きなメリットとなっています。牡蠣は旬の時期にしか出回りませんが、カキエキスは保存がききますのでどの季節でも口にすることができます。さらにサプリメントなどの形になっていますので、料亭などに行かなくてもご自宅や外出時にお好きなときにいつでも頂けるのも助かりますよね。

また効率面にもおいても優れています。カキエキスは牡蠣の有効成分を凝縮した健康食品です。そのため、欲しい栄養素があれば少量でも多くの牡蠣を食べたのと同じだけの量を取り入れることができます。カキエキスにはタウリンやグリコーゲンなどの栄養素がたっぷりと入っていますので、それらの成分を効率的に摂取することができます。

現代でこそ食べることのできるカキエキスは、私たちの身体に元気と滋養を与えてくれます。カキエキスを毎日とって、パワフルな人生を送りましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。