肝機能を高めるタウリンを含む牡蠣エキス | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

肝機能を高めるタウリンを含む牡蠣エキス

カテゴリー:

タウリンを含む牡蠣エキスはアルコールの代謝を促進させて、身体や気分が元気になるようお手伝いいたします。その作用や機序、ついてはお酒との付き合い方を見ていきましょう。

様々な効果を持つ牡蠣エキス

二日酔いを防止する

牡蠣エキスは宴会などお酒の席にも良く使われる健康食品です。それは、牡蠣エキスを飲むことで二日酔いや悪酔いを予防、解消するのにとても役立つと言われているからです。

牡蠣エキスに含まれるタウリンという成分には、アルコールを代謝する肝臓の働きを促進する作用があります。体内に入ったアルコールは肝臓で無毒化されますが、アルコールの摂取量がキャパシティを越えて多かったり、肝機能が低下して無毒化しきれなかったりすると、吐き気や頭痛といった症状を招きます。これが二日酔いの原因なのです。

タウリンは肝機能を向上させてアルコールの代謝作用を高めます。そうすることで体内にアルコールを残らないようにして、次の日の朝も元気に過ごせるようにしてくれるというわけです。しかし、牡蠣エキスを飲んでいるからと言って、ついお酒を飲み過ぎてしまいわないよう自重することも大切ですので、お酒の席では量に気を付けましょう。

貧血を防ぐ

牡蠣には鉄分や銅などのミネラルも含まれています。貧血と言えば、鉄分不足によって引き起こされるイメージですが、実は銅が足りなくても銅欠乏性貧血という症状が起こります。

貧血は多くの女性にとっては悩まされる問題であり、頻繁に貧血にかかる方であればサプリメントなどですぐ鉄分などを補給できるよう準備しておくのが良いでしょう。牡蠣エキスのサプリメントは鉄分だけでなく銅も含んでいますので、バランス良く貧血に対応することができます。

お酒を飲み過ぎないようにするには

アルコールの取りすぎは肝臓に負担をかけてしまいます。肝臓を酷使していると、肝硬変などの大病のリスクが高まります。さらに肝臓は重篤化するまで症状が出ませんので、なおさら厄介です。そこで、お酒とうまく付き合う方法についてご説明しますので、よろしければ参考にしてください。

休肝日を作る

お酒を飲むということは、いわば肝臓を働かせているのと同じことだと言えます。なので最低でも週に一回は肝臓を休ませてあげる日を作りましょう。人の身体も毎日働いているとガタがきてしまうように、肝臓も休みがないと疲れ果ててしまいます。できれば二日に一日は休ませてあげましょう。私たちもそれくらい休めると嬉しいように、肝臓も同じことです。

強い酒を飲まない

度数の高いお酒や日本酒などは、当然肝臓に負担をかけてしまいます。自身の体質に合った度数のお酒をたしなみ、楽しんで飲めるようにしておきましょう。

最近ではオールフリーなど著しく度数の低い肝臓に優しい飲み物も売られています。バーのカクテルでもジュースのようなものもいくつかありますので、それらを飲むのも良いでしょう。

通常の食事と合わせて飲む

晩酌として、お酒をおつまみと食べるとついつい杯が進んでしまうものです。ピーナッツや乾き物などの食べ物ではどうしても空きっ腹になってしまいます。

普通のご飯と一緒に飲むと、その分飲む量も自然と減りますのでアルコール管理に役立ちます。適度に飲むよう食事と合わせて調整しましょう。

お酒は健康に良くないイメージのある飲み物ですが、適度に付きあっていけばさほど害ではありません。しかし、実際には酩酊状態に陥ったり、次の日にまで酔いを持ち越したりとつい深酒してしまうものです。そんなときにお使いいただけるのが牡蠣エキスのサプリメントであり、飲み過ぎてしまったときのアフターケアにご利用いただけます。上手に牡蠣エキスを使って、健康な日々を送りましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。