元気に役立つ牡蠣エキスのタウリン | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

元気に役立つ牡蠣エキスのタウリン

カテゴリー:

牡蠣エキスは私たちに元気を与えてくれる健康食品であり、血液をきれいにして代謝を高めると言った様々な効果があります。タウリンなどの特有成分がその作用を発揮しますので、詳しく見ていきましょう。

天然由来の牡蠣エキス

牡蠣エキスは他の健康食品と違い、天然の牡蠣から成分を抽出している点がメリットです。化学的に生成された栄養素は吸収効率が悪かったり、多量に摂取するとマイナス作用を及ぼすなど身体に良くないと言われています。自然のものであれば100%健康に良いというわけではありませんが、普段口にしているものであれば基本的に天然のものが身体に良いので、牡蠣エキスはその意味ではかなり役立つ栄養素だと言えるでしょう。

私たちの身体の中を流れる血液

血液は私たちの健康を支えてくれる重要な液体です。血液が不足していると貧血や体調不良を引き起こしますし、コレステロール値が高いなどドロドロした状態ですと動脈硬化などのリスクが高まります。血液をきれいにしておくことは、健康維持において欠かせないことなのです。

血流をきれいにするタウリン

タウリンと言えば虚弱体質の改善や疲労回復に役立つ効果が知られていますが、血流をスムーズにして全身の健康をサポートする役割があります。タウリンはコレステロール値を下げて、サラサラな血液にしてくれます。血液がドロドロの状態ですと、代謝が遅れたり毛細血管にまで十分血液が行き届かなかったりして不健康になってしまいます。

血液は身体を流れるガソリンのようなものですので、常にきれいにしておく必要があるのです。そのため、コレステロールの気になる方はタウリンを摂っておきましょう。

コレステロールの原因とは

コレステロールとは大雑把に言えば血液中を流れる脂質です。適量であれば全身のエネルギー源になりますが、過剰になると逆にマイナスに作用することが健康維持において問題になっています。

コレステロールの原因はまず食生活にあります。普段の食事から脂肪分やカロリーを過剰に摂取していると、血液中に多すぎるコレステロールが流れていってしまいます。

コレステロールが増えていくと

血管に多量のコレステロールが流れていると、血管壁のどこかの部分で引っかかってしまいそれが血管の幅を狭める原因となります。血流が狭まると当然血圧もその分上がりますので、高血圧になりやすく循環器系のトラブルを招くことになります。さらに引っかかったコレステロール自体もそのままにしておくとやがて劣化していき、血管壁を痛めるのです。このように血圧が上昇した状態が長期化しますと、動脈硬化や脳卒中のリスクが高まり大病にかかりやすくなってしまいます。

コレステロールは万病の元であるため、何ともないうちからケアすることが重要な数値なのです。これが分かっておけば、コレステロールが原因で大病を起こすことはなくなりますので、とても有用です。

コレステロールを減らすには

肉類を避ける

コレステロール増加の大きな原因です。日本人は本格的に肉食を始めてからまだ数十年しか経っていませんので、欧米の方と比べて肉類の消化に慣れていません。そのため肉類の食事は身体にとって若干不慣れなようです。

とはいっても肉から摂取できるエネルギーや栄養は長寿において欠かせないものですので、ある程度は食べることを推奨します。肉食が一般的でなかった昔の日本では寿命が五十年ほどしかなかったですが、今ではその倍生きることも可能になっています。

ジャンクフードを避ける

ジャンクフードは、ある意味肉類以上にコレステロールの増加の原因となる食べ物です。栄養以上にカロリーが多量に入っていますので、動脈硬化を引き起こすリスクが高まります。ファーストフードのハンバーガーやポテトが有名ですが、コンビニで売られているチキンやフランクフルトなどもジャンクフードです。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。