ポリフェノールの腸内細菌への効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ポリフェノールの腸内細菌への効果

カテゴリー:

最近の研究では植物性のポリフェノールが、腸内マイクロバイオーム(マイクローブ=微生物、オーム=集合体。微生物の総称)に働きかけ、整腸効果を促すことが明らかになりました。ポリフェノールは、腸内に住む善玉菌と呼ばれる細菌を促進するプロバイオティクス効果を持ちます。緑茶など食材はの善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を減少させる効果があるとされ様々な研究がすでに行われています。研究ではまた、ポリフェノールを含む赤ワインチョコレートを日々摂取することにより腸内フローラ(細菌叢)を改善させることがわかっています。

腸内マイクロバイオームがもたらす効果

体内の消化管は、健康を保つために非常に重要な器官です。100兆個を越す細菌、カビ菌、そしてウイルスなどが、腸内のマイクロバイオームや腸内フローラに影響を与えています。この腸内での働きは、皮膚内臓から神経器官、そして体重気分の変動にいたるまで精神的身体的な健康を保つために、大きな働きを果たしています

腸内のマイクロバイオームの数は、体全体の細胞の数よりも多く、細胞の数はマイクロバイオームの数と比べ約10/1であるとされています。またマイクロバイオームの働きは肥満や糖尿病、神経疾患、アレルギーや精神病の予防に効果があるそうです。この腸内マイクロバイオームの種類や機能に変化を与え、腸の環境を健康的に保つ為には、発酵食品を食べることやプロバイオティクスサプリメントを摂取などが効果的とされています。

肥満菌と痩せ菌

過去の実験で明らかになっているのは、肥満と診断された人は、ファーミキューテス(肥満菌)と呼ばれる細菌群を痩せ型に人に比べ約20%多く持っているそうです。また、痩せ型の人と比べ約90%もバクテロイデス(痩せ菌)と呼ばれる細菌群が体内に少ないそうです。ファーミキューテスは体内の複合物である糖質からカロリーを抽出し脂肪にこのカロリーを貯める働きを持っています。このファーミキューテスの働きが肥満に繋がり体重の増加に影響を与えます。そして、ファーミキューテスとバクテロイデスはどちらもマイクロバイオームであり、ポリフェノールに影響を受ける細菌群ということです。2013年に実施された研究では以下のことが記されています。

ポリフェノールは、結腸細菌叢の働きによって生物活性化合物となり、生物活性化合物になることで腸内生態に影響を及ばします。試験管内での動物実験そして人体実験でも、この結果の証明されています。特定の量の選ばれたポリフェノールによって、腸内ではその働きが阻害される微生物もあれば、また生態系の適所により繁栄できる微生物があります。ポリフェノール化合物は腸内微生物に変化を与え、結果的にファーミキューテスとバクテロイデスのバランスに変化をもたらします。

ビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌もまた、体重のコントロールに有効な細菌であり、体内で悪い影響をもたらす腸内細菌を体外に追い出す働きを担っています。ある過去の実験では、ビフィズス菌を体内に多く持つ子どもは、ビフィズス菌が肥満防止に役立っていることがわかりました。統計では、7歳の肥満気味である子どもに比べ平均体重の子どもは、約2倍のビフィズス菌を体内に保持しているそうです。特定の乳酸菌はまた、気分の変化や不安症うつ病などに関わりがあります。

またこのビフィズス菌に関する研究では、以下のことが明らかになっています。

プロアントシアニジンの豊富なグレープシード由来の成分を、健康な成人に2週間摂取してもらい体内のビフィズス菌の変化を測定したところ、実験後ビフィズス菌の著しい増加が確認できました。そのほかにも、野生のブルーベリーを含むドリンクを摂取したのちにビフィズス菌が大幅に増殖したことが発表されています。これは、野生のブルーベリーに含まれるポリフェノールが消化の微生物叢(びせいぶつそう)を正常化させたためだと推測されます。また最近の研究では、単量体のフラバン-3-オールやフラバン-3-オールを豊富に含むチョコレート、緑茶、ブラックカラント、グレープシード由来の成分などが生体内での腸内微生物叢を正常化させ、ラクトバチルスなどの有益な細菌に変化を引き起こす反面、クロストリジウム属細菌などの微生物叢を乱すとされる細菌類の機能を阻止することが生体内そして試験管内の実験で証明されています。

まとめ

抗酸化成分であるポリフェノールには、目の健康脳の健康をサポートするほかにも、腸内細菌マイクロバイオームに優れた影響を与えるこうかがあるそうです。心身の健康に関係している腸内マイクロバイオームは、ポリフェノールの体に優しい善玉菌を守り、害をもたらす悪玉菌を体外に追い出す効果により腸内環境が健康に保たれます。また、ファーミキューテスとバクテロイデスなど肥満に関わりのある細菌群を整え、肥満に影響するとされるビフィズス菌や乳酸菌にポリフェノールは有効に機能します。例えばポリフェノールを豊富に含む野生のブルーベリーをジュースとして摂取した場合、ポリフェノールが消化器官内の微生物叢を正常化させる働きによりビフィズス菌が大幅な増殖が確認されています。

 

この文は抄訳です。訳:松本マリ

Polyphenols – What They Are, and Why You Need Them

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。