ポリフェノールの種類・効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ポリフェノールの種類・効果

カテゴリー:

抗酸化作用、抗炎症作用をもつポリフェノールを摂取することで様々な健康効果を得られます。有名なのは、ブルーベリーが目に良いことや、ダークチョコレートの方が体に良いなどが、よく知られているポリフェノールによる健康効果です。ポリフェノールは抗酸化物質の一種であり、抗酸化効果はフリーラジカルから体を守ります。しかし、このポリフェノール種類、そしてそれぞれの効果についてはご存知でしょうか?この記事では、抗酸化物質ポリフェノール種類そしてその効果をご紹介します。

3つの抗酸化成分

ファイトケミカルであるポリフェノールは、抗酸化作用を持つ植物に自然に豊富に含まれている成分です。現在は、8000種類以上のポリフェノールが認識されており、お茶やワイン、チョコレート、フルーツ、野菜やエクストラバージンオリーブオイルなど私たちに身近な食材にもポリフェノールは含まれています。ポリフェノールは、健康を守るために重要な役割を持っています。抗酸化物質はフリーラジカルのダメージから体を守り、この効果によって私たちの老化現象が左右します。もしあなたの体が抗酸化物質によって十分に守られていない場合、フリーラジカルが体内で横行し、細胞の働きを阻害します。このフリーラジカルの働きは、R組織分解を引き起こす原因となり、心臓病やアルツハイマー病などの病気にかかるリスクを増加させます。

この健康を保つために重要な抗酸化物質は大きく3種類に分けられます。

ポフェノールの種類

ポリフェノールは大まかに4つのグループに分けられます。このグループ分けは、互いの環を繫ぎ止める構造要素であるフェノール環を、それぞれがいくつ有するかによって決められます。一般的には、食物はより複雑なフェノール環を持っており、これらのフェノール輪は植物の内部よりも外面の層に多く存在しています。

フラボノ

抗酸化作用、抗炎症作用両方を併せ持ち、フルーツや野菜、豆類、赤ワイン、緑茶などに含まれています。

スチルベン

赤ワインやピーナッツに含まれる。レスベラトロールがよく知られている。

リグナン

亜麻、マメ科の植物、穀物、穀類、果実、藻類や特定の野菜に含まれる

フェノール酸

ヒドロキシ安息香酸 お茶などに含まれる。ヒドロキシ安息香酸はシナモンやコーヒー、ブルーベリー、キウイ、プラム、りんご、そしてさくらんぼなどに含まれています。

植物が含むポリフェノールの人体への影響

ポリフェノールはフルーツやベリー類、野菜などに鮮やかな色彩をもたらします。またポリフェノールが豊富な食材独特の、苦味、渋味、味、香り、そして食品の酸化安定性はすべてポリフェノールの働きです。植物の場合、この鮮やかな色が紫外線、病気、酸化ストレス、気候の急激な変化から植物を守ります。人間の体内で、ポリフェノールは幅広い効果を発揮しています。

  • フリーラジカルと戦い、加齢によって生じる変化を現象させる
  • 炎症を抑制
  • 心血管の機能を保護
  • 紫外線から肌を守る
  • 脳の健康を改善し、痴呆症を予防
  • 血糖値を正常化
  • 血圧の正常化

まとめ

ポリフェノール自体は大きく4つのグループに分けられます。それぞれのグループには異なる効果がありますが、実際よく研究され知られているのは、そのうちの1つフラボノであるそうです。ポリフェノールが人体にもたらす効果は幅広く、抗酸化成分としてフリーラジカルと戦い老化を防止するアンチエイジング効果。心血管を守り、血糖値・血圧を正常化させる効果もあります。また、抗炎症作用の働きにより、炎症を抑える効果も持ち合わせています。

 

この文は抄訳です。訳:松本マリ

Polyphenols – What They Are, and Why You Need Them

 

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。