コエンザイムQ10を多く含む食品と摂取量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コエンザイムQ10を多く含む食品と摂取量

カテゴリー:

 

コエンザイムQ10

 

注目を浴びているコエンザイムQ10は、エネルギーの生産や強い抗酸化作用の働きがあるので積極的に摂取したい成分です。コエンザイムQ10効率よく摂取する上でどの食品に多く含まれていて、一日にどれぐらいの摂取量が良いのか纏めてみました。

 

コエンザイムQ10

 

「コエンザイムQ10」とは、肉類や魚介類などの食品に含まれている脂溶性の物質で、細胞の中にあるミトコンドリアに存在しており、生命活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出している補酵素で別名「ユビキノン」とも言われています。

 

またコエンザイムQ10は、ビタミン様物質”としてビタミンに似た働きをしていることから「ビタミンQ」とも言われてます。最近では活性酸素の除去に注目されている中、コエンザイムQ10は強い抗酸化作用があることからこちらの働きも注目を浴びています。

 

コエンザイムQ10を多く含む食品

 

コエンザイムQ10は体内で生成されますが、加齢や食生活によって減少してしまいます。20歳代をピークに40歳以降は急激に減ってしまいます。コエンザイムQ10は、多くの食材に含まれております。

■動物性の食品

いわし、さば、豚肉、牛肉、鶏肉、レバー、もつ、かつお、まぐろ、イカ、鮭、サバ、ます、うなぎ

 

■植物性の食品

 

きゃべつ、じゃがいも、枝豆、ピーナッツ、大豆、ブロッコリー、ほうれん草、ゴマ油、大豆油、ナタネ油 など

と幅広く含まれていますが食品にコエンザイムQ10が含まれているのはごくわずかです。

 

「コエンザイムQ10」の一日の摂取量

 

「コエンザイムQ10」の一日の摂取目安量は30~300mgです。30~300mgと幅が広いですが、元々コエンザイムQ10は体内で生成されている成分でもある為、上限は気にしなくても良いようです。また加齢と共に生成される量も減ってしまうので、年齢によっても摂取目安が変わってきます。

 

目安としては健康な人で一日最低30mg以上、スポーツなどしている人は60~100mg、体調不良や肉体疲労している人は200~300mgを薦めています。しかし食事に含まれているコエンザイムQ10はごくわずかです。

 

幅広い食品に含まれていますが普段の食生活から摂取できる量は5~10mg程度と言われています。もし仮に30mgを食事から摂取しようとしたら、いわしでしたら6尾、牛肉でしたら約1kgとなり、よほどの大食いでなければ摂取することが難しい量です。

 

仮に摂取できたとしても、カロリーオーバーで別の問題も……。そう考えるとコエンザイムQ10は、サプリメントで摂取すると効率が良さそうです。

 

摂取する組み合わせ次第で効率よく吸収をしてくれます。コエンザイムQ10は脂溶性の為、油類と摂取すると吸収力が高まりますので、食品で摂取する場合はうまく料理に油を使うと良いでしょう。しかしコエンザイムQ10は熱に弱いので注意してください。

 

他にもビタミンEを一緒に摂取することによって抗酸化作用の効果が高まります。

 

■まとめ

 

コエンザイムQ10は、若いうちは余り気にしなくても良いかもしれませんが、加齢とともに体内の生成が減ってしまうのでサプリメント等から摂取して健康な身体の維持に努めましょう。

 

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る