ピロリ菌除菌後の再発・再感染防止にマヌカハニー | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ピロリ菌除菌後の再発・再感染防止にマヌカハニー

カテゴリー:

ピロリ菌

ピロリ菌除菌後も、再発再感染が心配。除菌したとは言ってもピロリ菌が再発しない可能性はゼロではありません。そんな方々に話題なのがマヌカハニー。ピロリ菌の再発・再感染予防に、マヌカハニーは本当に効果があるのでしょうか?

 

ピロリ菌

 

ピロリ菌とは、ヘリコバクター・ピロリが正式名。(以下ピロリ菌)

 

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息する菌で、ピロリ菌に一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染してしまった胃は粘膜を傷つけれれて、胃の病気にかかりやすく、「慢性胃炎」や「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」を誘発し、また「胃がん」になる確率が20倍以上にもなると言われています。

 

近年、大腸がんを併発しやすい「胃ポリープ」や「ストレスによる胃痛」もピロリ菌が原因だと言われています。ピロリ菌の除菌は薬でも可能ですが、胃の中でも生息できる程の強い菌の為、除去するのにもそれ相応の強い薬となってしまいます。

 

その為、副作用も伴いますし、一回目に除菌の失敗(約2割程度の方が失敗)をしてしまったら、もう一度、別の薬で除菌ができますが、二回目は最後のチャンスとなります。ここで除菌に失敗した場合、今の医療では除菌することは不可能といわれます。

 

なぜならば…… ピロリ菌に薬に対しての耐性が出来てしまうからなのです。

 

ピロリ菌の感染ルートは、唾液からと言う説があります。まだ、100%唾液からの感染だという解明はされていませんが、もしもピロリ菌保菌者であった場合、お子様などにも感染する可能性がありますので早目の除菌をお勧めします。

 

ピロリ菌除菌後

 

ピロリ菌を除菌後も、「また胃の中に住み着かないか……」 と心配な方は多いと思います。実際ピロリ菌の感染経路はこれと特定されているものがありません。

 

生水が原因とか、ピロリ菌保菌者の唾液からだとか…… あくまでもこれが感染ルートだろうと言われているのが現状となりますので、除菌後も心配になりますよね。

 

ピロリ菌の除菌後の再発率としては、0.22~3%と低いです。しかし、この再発率には、「再感染」と「再陽性化」が含まれています。

 

「再感染」は、再びピロリ菌に感染することですが、「再陽性化」は、除菌後の検査時は陰性だったのに再検査後は陽性になったというケースです。再感染や再陽性化の場合は、ピロリ菌の除菌が必要となります。二度の除菌をしている方であればお薬での除菌が不可能となってしまいます。

 

こんな時に役立つといわれているのがマヌカハニー

 

実際に、マヌカハニーを定期的に摂取する事で、ピロリ菌の感染予防に繋がると言われています。そしてその際には可能な限り、活性強度の数値(MGO)が高いマヌカハニーを使用することがポイントとなります。活性強度が低いマヌカハニーでは、効果が出にくいと言われているのです。

 

ピロリ菌除菌の一つの方法として

 

除菌に成功した方も、再感染した場合は、次の薬は更に強い薬になります。また、二回目で除菌に成功した方は、打つ手が無くなってしまいます。その為にも日頃から、ピロリ菌に感染しない様に予防する事がが大切。

 

再感染が心配な方は、マヌカハニーを試されるのもひとつの手だと思います。マヌカハニーは、何といっても自然由来の食品。薬ではありませんから、体にも優しいのが魅力とも言えるでしょう。更に、ピロリ菌以外にも様々な健康効果にも期待が持てるのがマヌカハニーなのです。

 

まとめ

 

マヌカハニーの摂取をしていても定期的にピロリ菌の検査はされる事をお勧めいたします。摂取するマヌカハニーの種類や摂取状況によっても効き目には個人差があると思いますし、何事にも確実という事はございません。

 

ただ、実際にマヌカハニーの長年の愛用者としましては、マヌカハニーに勝る蜂蜜はないと思っています。本当に健康効果を体感している毎日ですね!

 

~マヌカハニーの関連オススメ記事~

 

歯周病予防にもマヌカハニーは大活躍!

マヌカハニーについての詳しい解説も……

歯医者さんに聞いてみましたシリーズ②「歯周病にマヌカハニーが良いって本当?」

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る