女性だけでなく男性もかかる? 産後うつ病を知ろう | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

女性だけでなく男性もかかる? 産後うつ病を知ろう

カテゴリー:

産後うつ

 

産後うつ」と「マタニティーブルー」はどちらも、妊娠・出産に関わる精神的に不安定な状態を指しますが、この二つはどう違うのでしょうか。また、産後うつの症状は女性だけなく、男性にも影響があるのでしょうか。今回は、看護師であり、3人の子の母でもある筆者が「産後うつ」について詳しくお話しします。

 

産後うつとは

 

産後うつとは、正式には「産後うつ病」と言い、ホルモンバランスの変化により出産後に精神的に不安定になり、必要以上にイライラしたり悲しくなったりすることです。

 

治療を必要としない一時的なものはよくあることで「マタニティーブルー」とも言われますが、長期間にわたり治療が必要となり、病的に継続する場合は、産後うつ病となります。ちなみに、マタニティーブルーは妊娠中にだけでなく、産後の精神的に不安な状態も含みます。

 

産後うつの原因

 

○ホルモンバランスの変化

 

産後うつの主な原因は、ホルモンバランスの変化です。出産に伴い、母体のホルモンバランスは劇的に変化します。妊娠中に分泌されていた「プロゲステロン」「エストロゲン」といったホルモンが急激に減少し、授乳に備えて「プロラクチン」が急激に増加します。

 

エストロゲンは自律神経を整える作用があるホルモンであり、これらのバランスが乱れることが、産後うつの原因の一つであると考えられています。

 

○その他の要因

 

また、夜間授乳などで十分な睡眠がとれないことによる疲労、慣れない赤ちゃんのお世話での育児ストレス、あまり外出が出来ない、夫が多忙で話し相手がいないなどによる孤独感も原因となります。また、もともとの性格も関連しており、神経質で完璧主義な性格の方も、産後に自分を追い込んでしまいやすく、産後うつになりやすいと言えます。

 

また、夫や両親(義両親)の何気ない一言に傷ついたり、「母親なのだから」「もっと頑張って」など、ギリギリ限界で頑張っている…… という気持ちに寄り添ってもらえていないと感じる言葉を言われたりすると、精神的に追い詰められる原因になります。

 

このように、産後うつの発症には様々な要因があるのです。

 

産後うつ

 

■産後うつの症状

 

精神的に不安定になり、身体にも不調を起こします。産後に起こるものですが、一般的な「うつ病」と症状は似ており、不安、焦燥感、不眠(逆に眠り過ぎてしまうこともある)、イライラ、食欲不振、集中困難、気分が落ち込む、やたらと涙がでる、自分は価値のない人間だと思うなど、症状は多岐にわたります。肩こりや頭痛など、他の病気を疑って受診したところ産後うつと診断されることもよくあります。

 

■産後うつが起きる時期は?

 

産後うつが多い時期は、産後2週~4週頃です。分娩直後から産後数日をピークに、劇的なホルモン変化が起き、一過性に母親が抑うつや不安感などを訴えることは多くありますが(実に8割近くとも言われています)、多くは特別な治療をせずに、すぐに軽快します。

 

産後うつとは、それらの時期を過ぎても不安感などの症状が改善せず治療が必要になってくることです。ホルモンバランスの変化が産後うつの主な原因ですが、その他の大きな原因として疲労もあります。産後2週間~1か月頃というと、昼夜を問わない赤ちゃんのお世話の疲れが溜まっている時期で、里帰りにより母親などに頼っていた環境から、自分で家事育児をする通常の環境に戻る方も多いでしょう。それらも原因となることが多く、この時期に発症が多いとされます。

 

しかし、産後半年以上たってから発症する例もあります。産後どれくらいで発症する、ということは明確に定義されていませんが、産後うつ病はおおよそ産後一年以内に発症するものを指します。

 

産後うつの治療

 

■産後うつはいつまで続くのか

 

妊娠中だけでなく、出産後にも起こる一過性のマタニティーブルーと違い、産後うつは長引くことが多いですが、軽症から重症まであり、どれぐらい続くかは程度により様々です。適切な治療を行ったら2~3カ月で治ったという方もいますが、しっかり治療に通いながらも何年もかかることがあります。

 

■産後うつの治療

 

産後うつの主な治療法は、休養、カウンセリングなどの精神療法、薬物療法です。まずは、十分な睡眠などの安静と休養が大切です。赤ちゃんがいると、十分な睡眠をとることが難しいので、生活環境を整えるなど、周囲の協力が重要となります。入院治療が必要になることもあり、その場合は可能であれば赤ちゃんと一緒に入院できるような環境を整えます。

 

カウンセリングや認知行動療法なども利用し、気持ちを楽に持てる方法を学んでいくことも出来ます。また、休養や精神療法だけでは改善しないような場合は、抗うつ剤などの薬物療法も行います。薬物療法の場合、薬によっては母乳育児に制限がでてくる可能性があります。

 

産後うつは女性だけ?男性もなるの?

 

産後うつは女性がなるイメージですが、女性よりは少数ながら男性がなることもあります。それらの原因として考えられるのは、女性と同じく、育児疲れやプレッシャーなどです。最近は、育休をとったり、家事育児に積極的に参加したりする男性も増えてきたので要注意です。

 

また、男性の場合は大黒柱としての責任感の重さなどを女性以上に感じていることが多いのも要因です。産後うつの原因がホルモンバランスだけ…… ということではないのがわかると思います。

 

産後うつ

 

ご家族(夫)の理解・サポートが重要

 

産後うつは、一般的なうつ病以上に、とにかく夫やまわりのサポートが重要です。

 

■まずは家族で発症予防から

 

家事育児に仕事などもあれば、非常に忙しいですが、数分でもいいので誰かと定期的に会話できる時間を持ち、孤独な育児にならないようにしましょう。お仕事の都合でなかなか難しいかもしれませんが、産後間もない時期は、お父さんは夕食を一緒に食べられるぐらいの時間に帰宅できると良いですね。

 

また、悪気がない言葉でも、神経が過敏になっている時期は、何気ない言葉に傷ついたりします。いつも以上に言動に気を付け、もしお互いに嫌な思いをしたら、素直に伝えて謝ることを心掛けましょう。

 

遠方で実家に帰れない、赤ちゃんがいて外出もできない場合、電話でも構いません。自分の気持ちを発散する時間も必要です。自分だけで赤ちゃんのお世話を抱え込まず、たまには、赤ちゃんを預けて気分転換に出かけるのも良いでしょう。授乳間隔が短く外出が厳しいという方は、誰かのサポートを得られれば外食ぐらいなら出来るかもしれませんし、ドライブなどはどうでしょうか。

 

■産後うつかもと思ったら

 

産後うつかと思ったら、とにかく周りの誰かに相談しましょう。最初から精神科へのハードルが高いのであれば、地域の保健センターや育児相談に行くなど、第三者に相談すると良いでしょう。産後うつは誰のせいでもありません。自分が弱いから…… 自分がサポートできなかったから…… など自分や誰かを責めることは悪化するだけなので絶対にやめましょう。

 

赤ちゃんがいると、相談に行くのもままならないと思いますので、相談に行きやすいよう家族がサポートしてあげることも大切ですし、自分では産後うつかもと気付かない場合もあるので、周りの人が些細な変化にも気づいて声掛けできると助かります。

 

本格的な治療となるとさらにサポートは重要です。まずは治療に通えるように、ご家族が協力し、十分な休息がとれるように家事育児のサポートをし、負担を減らせるようにしましょう。ファミリーサポートなどの利用もオススメです。そして、共倒れとならないよう、支える方も、疲労がたまったり何かおかしいと感じたりしたときは、周りに助けを求められるようにしましょう。自治体の連絡先などは控えておきましょう。

 

ファミリーサポート

 

まとめ

 

  • 産後うつは、産後2週間~4週頃に発症し、治療が必要な疾患で、重症だと一年以上続くものもある。また、男性もなり得る。
  • マタニティーブルーは妊娠中だけでなく産後に一過性に起きる気分の落ち込みなどで、治療は必要とせず、産後うつとは異なる。
  • 産後うつの症状は、不安焦燥感、イライラ、集中困難、涙もろくなるなど多岐にわたる。
  • 産後うつの治療は、休養、精神療法、薬物治療などがある。
  • 治療に際し、環境を整えたり、育児をサポートしたりするのに、まわりの協力が非常に大切である。

 

今回は、産後うつについてお話ししました。産後は、ホルモンバランスの変化や疲労から精神的に不安定になりやすいです。孤独な育児にならないように、ご家族で話す時間を作り、困ったときはすぐに誰かに相談できるような環境を作りましょう。

 

【記事監修】看護師:渡辺 ひとみ

 

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る