プロバイオティクス摂取の健康効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

プロバイオティクス摂取の健康効果

カテゴリー:

私たちの、免疫や病気の予防に大きな影響をもたらすのが、腸内環境です。体に良い腸内細菌の増殖を助け、腸内環境を守るプロバイオティクスは、摂取することでどのような健康効果が期待できるのでしょう。今回は、プロバイオティクスの摂取によって期待できる健康効果について調べてみました。

腸内環境の乱れによる健康問題

腸内の腸内フローラが、抗生物質や、糖質アルコールなど様々な一般的な原因によって乱されると、健康障害が引き起こされます。その健康障害は幅広く、自己免疫障害から、カンジダ症、うつ病まで様々です。消化不良、免疫機能障害、肌荒れ、そして気分の起伏が激しくなるなどの症状は、腸内に問題が起きているサインかもしれません。腸の健康障害は、腸内細菌のバランスが崩れることによって発生します。プロバイオティクスをサプリメントとして摂取し、腸に優しい食生活を送ることによって、腸の健康を守るだけでなく、体全体の健康促進が期待できます。

プロバイオティクスサプリメントの働き

プロバイオティクスサプリメントは、腸の機能を正常に戻すために摂取される、健康な腸内細菌をサプリメント化させたものです。私たちの腸内には、何兆個も腸内細菌が住んでおり、これらの細菌の摂取量そしてバランスによって、栄養素の消化から免疫機能に至るまで、体内の様々な機能に影響を与えます。もし、腸内の細菌が傷つくような医薬品を摂取していた(している)場合や、腸内細菌を乱す生活習慣がある場合、プロバイオティクスをサプリメントとして摂取することで、体の調子の改善が期待できるかもしれません。

症状が改善する過程

慢性的な下痢や、ニキビなどの肌荒れ、またはその他の急性的な症状を改善するために、プロバイオティクスを飲む場合、飲み始め最初の数日〜数週間は、一時的に症状が悪化する可能性があります。
プロバイオティクスについて詳しく説明するProbiotics.orによると、プロバイオティクス摂取を開始した後に生じる下痢、お腹にガスが溜まる、湿疹、そしてニキビなどの症状は、健康な細菌が腸の機能を復活させるために、腸内で正常に働いていることを示すサインであるそうです。しかし、プロバイオティクスを飲み始めてから生じた症状が、14日以上続く場合、正しくプロバイオティクスを摂取できているか、そして健康状態に対してプロバイオティクスが合っているかなど、医師に相談するようにしましょう。

健康への影響

1、炎症への効果
カンジダ病や、水虫、そして慢性的な尿路感染症などにかかりやすい場合、プロバイオティクスを摂取し腸内環境を正常化させることで、これらの症状の改善が期待できるとされています。そのほかにも、体力の増加や、気分が安定したり、穀物や芋類など、複合炭水化物が食べたくて仕方がない感覚が減少したかも!と感じるようでしたら、プロバイオティクスが効果的に体で働いていることが予想できます。
2、免疫系への効果
私たちの腸の健康と免疫系の関係はとても大きく、プロバイオティクスが免疫系の機能をサポートすることを裏付ける、数々の科学研究の結果が明らかにされています。2001年2月にAmerican Journal of Clinical Nutritionによって発表されたある研究によると、プロバイオティクスを摂取することにより、体内の炎症が改善され、免疫系の働きが正常化されることが明らかになりました。また、Annals of Allergy, Asthma and Immunologyによって2008年12月に掲載されたレビューでは、プロバイオティクスの摂取によって、アレルギー性喘息の症状の減少することが証明されたと公表されています。そのほかにも、摂取したプロバイオティクスが、体内で効果的に働いていることを示すサインとして、花粉症などの季節的なアレルギーの軽減、インフルエンザや風邪に侵される頻度の減少、アトピー性皮膚炎など皮膚炎の改善、食中毒に対する抵抗力の向上などが期待できるということです。

まとめ

腸内環境を整えるサプリメントである、プロバイオティクスは、抗生物質などの医薬品の摂取や、アルコールの摂取によって減少した腸内細菌を取り戻し、腸内の環境を正常化するサポートをします。腸内を正常に保つためには、このほかにも食物繊維や、規則正しい生活週間、そしてストレスフリーな生活なども重要になります。腸の健康は、体全体の健康にも緊密に関わるため、腸内環境改善によって全身の健康管理を目指してみましょう。

プロバイオティクスを飲み始めて2週間経っても、症状に変化が見られない、または症状が悪化した場合、医師に相談することが推奨されています。また、プロバイオティクスの摂取により、かゆみ、腫れ、呼吸がしにくいなどの何かしらのアレルギー症状が現れた場合、医師の診察を受けるようにしてください。

この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。