プロバイオティクスの19の健康効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

プロバイオティクスの19の健康効果

カテゴリー:

私たちの腸内は、約2000種類の異なる細菌が住んでいるとされています。その中には、善玉菌(プロバイオティクス)と、悪玉菌と呼ばれる細菌が存在し、これらの細菌のバランスが乱れると、健康に大きな問題が生じます。今回は、腸から健康を守るポイントと、プロバイオティクスの摂取で得られる19の健康効果について調べて見ました。

健康を守るキーポイント

第2の脳はおなかにある?

私たちの体全体の免疫系のほとんどが、実は消化管に集まっているそうです。また、免疫系だけでなく神経系も消化管に多く集まっていて、消化管に存在する神経系の多さは、脳の次に多いという事です。

そのために、消化管の健康が損なわれると、甲状腺疾患、慢性疲労、関節痛、疥癬、そして自閉症など、幅広い健康問題を引き起こす可能性が生じます。もしこれらの症状や、その他の健康問題が、腸の健康と関係しているのならば、消化管の健康を守るために重要な要素は何でしょうか?

あなたも隠れ消化疾患患者?

National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases(米国国立糖尿病・消化管及び肝臓病研究所)によると、6000万~7000万人以上のアメリカ人が、何かしらの消化管における病気に侵されているということです。さらに、消化疾患や消化不全の治療のためにアメリカで毎年消費される医療費は、年間1000億ドル以上であるそうです。

これらの統計で明らかにされている、患者数はすでに驚異的な数ですが、実際に腸内環境の乱れによって、直接的、間接的に健康問題を抱えている人の数は、これよりも遥かに多いと予想されています。消化管の健康に問題がある人の数が、なぜ統計調査で正確に明らかに出来ないかについては、消化管の健康が、全ての生理学的な健康に影響をもたらすためであります。

腸内環境のバランス

現代、私たちが日々摂取している様々な毒素は、栄養素の吸収や活用を妨げ、体内のコレステロールの排除を困難にするほか、様々な慢性疾患の原因となる炎症を引き起こすきっかけになっています。 消化管の健康を守るための秘訣は、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスをよく保つことです。健康な体を得るためには、プロバイオティクスを豊富に含む食品や、プロバイオティクスサプリメントの摂取を検討してみると良いかもしれません。

19のプロバイオティクスの健康効果

腸内環境の改善が、全身の健康促進に重要であることがわかりました。それでは、具体的にどのような症状や健康問題に効果があるとされているのでしょうか?今までの研究で明らかにされている、プロバイオティクスの健康効果をまとめてみました。

  • 免疫系の促進
  • 尿路感染の予防、治癒
  • 消化管の機能改善、消化器疾患をサポート(「A Meta-Analysis of Probiotic Efficacy for Gastrointestinal Diseases:消化器疾患へのプロバイオティクスの効果に対するメタ分析」の研究結果)
  • 抗生物質の摂取による下痢、またクロストリジウム・ディフィシル腸炎の予防
  • 過敏性腸症候群(IBS)のような、炎症性腸炎の治癒
  • 子どもの湿疹を緩和、予防
  • 食中毒の症状を改善

また、現在行われている新たな研究では、以下のような症状や問題への効果が期待されています。

  • 風邪やインフルエンザにかかりにくくなる
  • 抗生物質の過剰な使用を予防
  • 腎臓結石の治癒
  • 疝痛(せんつう)の治癒
  • 歯周病や歯肉炎を予防
  • 抗生物質に耐性を持つ細菌をやっつける
  • 肝臓病の治療効果
  • 新生児における敗血症の予防
  • 自閉症の症状をコントロール
  • 潰瘍の原因となる細菌を排除
  • ニキビの改善
  • ダイエット効果

まとめ

プロバイオティクスサプリメントなどは、腸に優しい効果がある事がよく知られていますが、この整腸効果によってそのほかの様々な健康効果が全身的に期待できます。

消化管には、神経系と免疫系の重要な器官が集中しているため、腸内環境が乱れる事で生じる影響は、生理学的に様々です。ですから、なかなか治らない湿疹や、カンジダ病の再発、風邪をよく引いてしまうなど、パッと考えると腸に何も関係していなさそうな健康問題も、実は腸内環境の乱れが原因である可能性があります。

腸内環境の改善は、プロバイオティスを多く含む食品を積極的に食べたり、プロバイオティクスサプリメントの摂取によって効果が得られます。ぜひこの機会に、おなかに優しい生活を目指して見てはいかがでしょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。