カボチャ種子の効果・効能まとめ①:栄養成分や前立腺・膀胱への効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

カボチャ種子の効果・効能まとめ①:栄養成分や前立腺・膀胱への効果

カテゴリー:

カボチャ種子

カボチャ種子は、小さな種の中に多数の貴重な栄養素を含んでいます。少量の摂取で、相当な量のマグネシウム、健康的な脂質、亜鉛を摂ることが可能です。カボチャ種子の心臓や前立腺への有益な効果は、これらの栄養成分に起因しています。今日は、カボチャ種子のもたらす健康効果についてお話します。

カボチャ種子のもたらす健康効果

 

豊富な栄養素

 

カボチャ種子は、”ペピータ” (スペイン語)としても知られる食用のカボチャの種で、硬い殻がなく、緑色で、平たく、卵形をしています。カボチャ種子は、1オンス(28g)あたり151カロリー程度で、主に脂質及びタンパク質で構成されています。

 

カボチャ種子1オンス(28g)の構成成分

 
食物繊維:1.7g
炭水化物:5g
タンパク質:7g
脂質:13g (うち6gはオメガ6)

 

そして、1日の必要摂取量の、18%のビタミンK、33%のリン、42%のマンガン、37%のマグネシウム、23%の鉄分、14%の亜鉛、19%の銅が含まれます。また、カボチャ種子には多くの抗酸化物質と、多価不飽和脂肪酸、カリウムビタミンB2(リボフラビン)、葉酸が含まれています。

 

高濃度の抗酸化物質

 

カボチャ種子には、カロテノイドビタミンEなどの抗酸化物質が豊富に含まれています。抗酸化物質は、炎症を減らし、わたしたちの体の細胞を有害なフリーラジカルから守る働きをしてくれます。この働きにより、抗酸化物質が豊富な食品は、多くの病気の防止を助けると言われています。カボチャ種子に含まれる高濃度の抗酸化物質も、カボチャ種子の有益な健康効果の一因であると考えられます。エジプトで行われたある研究では、カボチャ種子オイルを摂取した関節炎のネズミの炎症が抑えられたことが示されています。この実験で、抗炎症薬を与えられたネズミは有害な副作用を経験しましたが、カボチャ種子オイルを与えられたネズミに副作用は見られませんでした。

 

高濃度のマグネシウム

 

カボチャ種子は、マグネシウムの天然供給源の一つで、マグネシウム不足の改善に役立ちます。マグネシウムは、体内の600種類以上の化学反応の為に必要です。十分なマグネシウムの摂取は、血圧の管理、心臓病のリスクの減少、健康的な骨の形成と維持、血糖値の管理の為に重要です。

 

高濃度の食物繊維

 

カボチャ種子は、食物繊維の良い供給源です。食物繊維の豊富な食事は、消化器系の健康を促進します。更に、食物繊維は、心臓病、2型糖尿病、肥満の発症リスクを減らします。

 

ノコギリヤシ

 

前立腺や膀胱の改善

 

カボチャ種子オイルは、前立腺肥大の症状の緩和を助けると言われています。いくつかの研究は、カボチャ種子を食べた人の前立腺肥大に関係する症状が減少したことが確認されています。韓国で行われた研究では、カボチャ種子とノコギリヤシの前立腺肥大症への効果を調査しました。この実験では、カボチャ種子オイル、ノコギリヤシオイル、または両方の1年間の摂取で、国際前立腺症状スコア(IPSS)が著しく改善したことが分かりました。特に、両方を摂取したグループでは、著しい改善が見られたことが分かりました。また、日本で行われた研究では、西洋カボチャから抽出したカボチャ種子オイルを、1日10g、12週間摂取することで、過活動膀胱の男女の排尿機能が改善したことが分かりました。

 

まとめ

 

カボチャ種子の効果・効能まとめ① では、カボチャ種子に含まれる栄養成分や、前立腺や膀胱への効果についてお話しました。次回は、カボチャ種子のもたらすその他の健康効果についてお話します。

 

関連記事:カボチャ種子の効果・効能まとめ②:心臓の健康、血糖値、生殖機能、睡眠への効果


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。