赤ワインとレスベラトロール② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

赤ワインとレスベラトロール②

カテゴリー:

レスベラトロール
人気のレスベラトロールサプリメントについて、赤ワインに含まれるレスベラトロールには多くの健康効果が期待されています。先回に引き続き、赤ワインとレスベラトロールについてお話します。

(前編は前の記事をご参照下さい。)

赤ワインとレスベラトロール②

赤ワインの他の健康面のメリット

赤ワインはいくつかの他の健康上の利点があります。その多くは強力な抗酸化物質によるものです。一つ目はがんリスクの低減です。中等度の赤ワイン消費は結腸、基底細胞、卵巣、前立腺がんなどに良い効果があることがわかっています。Shrotriya et al. (2015) の研究では、耳や頚部の扁平上皮がんに良い効果があったという結果も示されました。Signorelli et al. (2015) の研究では、結腸癌細胞悪性腫瘍に効果がありました。二つ目には、認知症リスクの低減効果もあります。Ruitenberg et al. (2002) の研究では1日当たり1〜3杯のワインを飲むと、認知症やアルツハイマー病のリスクが低下するという結果が示されました。三つ目にうつ病リスクの低下させることです。Gea et al. (2013) の中高年者を対象とした調査では、1週間に2~7杯のワインを飲んだ人は、うつ病になりにくいという結果も出ています。四つ目としては、インスリン抵抗性の低下にも効果があることです。レギュラーまたはアルコール処理した赤ワインを1日2杯で4週間飲むと、インスリン抵抗性が低下する可能性があります。女性の2型糖尿病リスクにも効果があります。赤ワインの中程度の摂取量は、女性の糖尿病発症リスクの低下に結びついています。適度な量の赤ワインには多くの効果が認められています。

赤ワインのデメリット

アルコールを多量に飲むことの負の健康影響があることもわかっています。中程度の量の赤ワインが健康に有益な効果をもたらしますが、アルコールを多量に摂取しすぎると、悪影響がおよぶこともあります。一つ目はアルコール依存症です。アルコールを定期的に飲むことは制御不能になり、アルコール依存症につながる可能性があります。二つ目は、肝硬変です。30g以上のアルコール(約2〜3杯のワイン)を毎日摂取すると、肝疾患を発症リスクが高まります。肝硬変と呼ばれる末期の肝疾患は、生命を脅かす恐れもあります。三つ目はうつ病リスクの増加です。重度の酒飲みは、中等度または非酒飲みよりもうつ病のリスクが高まりました。四つ目は体重増加です。赤ワインには、ビールやソフトドリンクと比べ高カロリーで2倍もあります。そのため過度の消費は高カロリーで体重の増加にもつながります。

レスベラトロールは適量の赤ワインとサプリメントで補おう

赤ワインを飲むのが好きな人は、推奨量を超えない限り心配する必要はありません。海外ではヨーロッパやアメリカでは、特に摂取量が高く普段から赤ワインを飲む傾向があるので、消費量は日本より多いです。平均的に1日に1〜1.5杯程度は飲んでいるので、アルコールのない日を週に1〜2回は取ることが推奨されています。総アルコール摂取量ですので、他のアルコールと合わせて飲む場合は赤ワインの量はより少なくなります。日本ではそれほど日常的に赤ワインを飲む習慣がないので、毎日摂り続けるのは難しいと感じるかもしれません。レスベラトロールをワインだけではなかなか適度な摂取量をとりきれません。そこでおすすめしたいのがレスベラトロールのサプリメントです。レスベラトロールのサプリメントなら、アルコールが苦手な方でも気軽に飲むことができます。レスベラトロールのサプリメントで赤ワインと同じ効果が得られます。

(文:宮本燈)

引用文献

Shrotriya, S., Agarwal, R., & Sclafani, R. A. (2015). A perspective on chemoprevention by resveratrol in head and neck squamous cell carcinoma. In Biological Basis of Alcohol-Induced Cancer (pp. 333-348). Springer International Publishing.

Signorelli, P., Fabiani, C., Brizzolari, A., Paroni, R., Casas, J., Fabriàs, G., … & Caretti, A. (2015). Natural grape extracts regulate colon cancer cells malignancy. Nutrition and cancer, 67(3), 494-503.

Ruitenberg, A., van Swieten, J. C., Witteman, J. C., Mehta, K. M., van Duijn, C. M., Hofman, A., & Breteler, M. M. (2002). Alcohol consumption and risk of dementia: the Rotterdam Study. The Lancet, 359(9303), 281-286.

Gea, A., Beunza, J. J., Estruch, R., Sánchez-Villegas, A., Salas-Salvadó, J., Buil-Cosiales, P., … & Arós, F. (2013). Alcohol intake, wine consumption and the development of depression: the PREDIMED study. BMC medicine, 11(1), 192.


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。