レスベラトロールで長生きしよう①:サーチュイン遺伝子を増やすには | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

レスベラトロールで長生きしよう①:サーチュイン遺伝子を増やすには

カテゴリー:

長生き

日本は、世界的にも長寿国の一つとして知られています。そのため、多くの方は、健康で長生きしたいと願っています。そこで今回は、長寿効果があるといわれるレスベラトロールサーチュイン遺伝子についてお話します。

レスベラトロールで長生きしよう①:サーチュイン遺伝子を増やすには

レスベラトロールには、長寿効果があるともいわれています。それは、レスベラトロールがサーチュイン遺伝子に働きかけるからです。

サーチュイン遺伝子の長寿効果

サーチュイン遺伝子は、人の細胞にある遺伝子で、細胞の修復や代謝やエネルギーの生成を助けます。細胞や体の機能を調整する働きがあり、細胞の老化を抑えます。そのため、体全体の老化防止に有効です。

細胞の老化には、染色体のテロメアが関係しています。テロメアは、テロメラーゼという老化を促進する物資を抑制する働きがあります。サーチュイン遺伝子は、テロメアを活性化します。

サーチュイン遺伝子は、寿命延長のほかに、血管を強くして動脈硬化を防いだり、脂肪の細胞が増殖するのを抑える効果もあります。すい臓のインスリンの調整機能もあり、多くの疾病にも関係しています。サーチュイン遺伝子を活性することで、寿命を脅かす疾病を予防することができます。

レスベラトロールとサーチュイン遺伝子

レスベラトロールは、これまで動物実験で、長寿効果があることがわかっています。これらの研究の結果から、レスベラトロールはサーチュイン遺伝子に働きかけ、活性化すると考えられています。レスベラトロールを摂取することで、サーチュイン遺伝子がたかまり、細胞の老化を抑えることができます。

サーチュイン遺伝子を活性化する方法

サーチュイン遺伝子を活性化するには、次の2つの方法があります。

一つ目は、カロリーを抑えることです。サーチュイン遺伝子を活性化するには、摂取カロリーを抑えるのが良いとされています。摂取カロリーを2か月間、7割程度に抑えると、サーチュイン遺伝子をかなり高めることができます。

サーチェン遺伝子は空腹状態の時に活性化されます。動物から微生物まで、全ての生き物にあてはまることで、摂取カロリーを抑えると、延命効果があることもわかっています。カロリー制限とサーチュイン遺伝子は、深く関わっています。

そして、食事制限などでカロリーを少なくして、空腹状態を長く続かせると、体の老化を防ぐミトコンドリアが減少しなくなるので、免疫細胞が高まります。

しかし、一度カロリー制限をやめるとまたすぐにサーチュイン遺伝子は活性化されるので、継続的に行わなくてはなりません。

また、摂取カロリーを50%以下(いわゆる飢餓状態)まで減少させると、かえって寿命は縮むという研究結果もありますので、極端なカロリー制限は悪影響をもたらします。そこで、サーチュイン遺伝子を活性化させるのにおすすめしたいのが次の方法です。

レスベラトロールを摂取する

レスベラトロールは、強力な抗酸化力があるポリフェノールのひとつです。サーチュイン遺伝子に直接働きかけるので、カロリー制限をしなくても、サーチュイン遺伝子を活性化させることができます。レスベラトロールサプリメントを利用して、サーチュイン遺伝子を活性化しましょう。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。