レスベラトロールサプリメントの健康効果まとめ② 脳の働きの活性化と認知症予防、糖尿病予防、がん予防 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

レスベラトロールサプリメントの健康効果まとめ② 脳の働きの活性化と認知症予防、糖尿病予防、がん予防

カテゴリー:

レスベラトロール

赤ワインに含まれるレスベラトロールが体に良いことは最近話題となっています。そこで今回はこの注目の成分レスベラトロールサプリメント健康効果をまとめてご紹介します。

(前編は前の記事をご参照下さい。)

レスベラトロールサプリメントの健康効果まとめ②

4.脳の働きの活性化と認知症予防

レスベラトロールには脳の働きを高める効果があります。赤ワインを飲むことで加齢にともなう認知機能や記憶障害に良い効果があるという結果が示されています(Corona et al., 2013; Panza et al., 2012; Valenzano et al., 2006)。レスベラトロールの抗酸化作用や抗炎症効果がこれらに効果があると考えられています。Hajieva(2017)の研究によると、アルツハイマー病への効果があることがわかりました。レスベラトロールにはアルツハイマーの原因となるベータアミロイドというタンパク質の形成を抑制する働きがあるためです。さらにレスベラトロールには、一度損傷を受けた脳細胞を保護する働きもあるともいわれます(Granzotto et al., 2014)。

5.糖尿病予防

レスベラトロールは、インスリン感受性を高める効果があります。そのため、糖尿病の合併症などにも良い効果があります(Vallianou et al., 2013; Chang et al., 2011)。レスベラトロールには、酵素がグルコースをソルビトールに変換させるのを食い止める働きがあるので、これが糖尿病の合併症を抑制します。糖尿病の人がソルビトールを過剰に蓄積すると、細胞傷害性の酸化ストレスを起こす可能性があります(Brownlee, 2005)。レスベラトールは、抗酸化作用があるので糖尿病の合併症の原因となる酸化的ストレスを抑制します。糖尿病を含む慢性疾患の主要な原因である炎症を軽減するのにも有効です。さらに、体内のグルコース代謝を助けるタンパク質を活性化して、血糖値を上がるのを防ぎます。このように、いくつかの点からレベラトロールは、糖尿病の人に高い効果が期待されています。赤ワインのレスベラトールを与えたラット実験では、糖尿病になるラットが少なくなりました(Venturini et al., 2010)。このようにレスベラトロールは、これまでの研究結果から、糖尿病になるリスクと糖尿病の合併症になるリスクの双方に良い効果があることがわかっています。

6.がん予防

レスベラトロールにはがん細胞を抑制する効果があるといわれます。いくつかの研究で、胃がん、結腸がん、皮膚がん、乳がんおよび前立腺がんを含複数のがん細胞を減少したという結果が示されています(Zulueta  et al., 2015; Vanamala et al, 2010)。レスベラトロールは遺伝子が再現するのを防ぎ、がん細胞の遺伝子が継承されにくくする効果があるといわれます(Tessitore et al., 2010)。さらにレスベラトロールは、ホルモン依存性がんの抑制にも有効だと明かされました(Wang et al., 2008)。これまでの研究は試験管や動物実験が多かったので、今後人への効果の実証が期待されます。

レスベラトロール

まとめ

このようにレスベラトロールにはさまざまな効果があることがわかりました。健康効果が高いことに加えて、植物由来で安全性が高いことも注目が高まる理由の一つです。

(文:宮本燈)

引用文献

Corona, G., Vauzour, D., Hercelin, J., Williams, C. M., & Spencer, J. P. (2013). Phenolic acid intake, delivered via moderate champagne wine consumption, improves spatial working memory via the modulation of hippocampal and cortical protein expression/activation. Antioxidants & redox signaling, 19(14), 1676-1689.

Panza, F., Frisardi, V., Seripa, D., Logroscino, G., Santamato, A., Imbimbo, B. P., … & Solfrizzi, V. (2012). Alcohol consumption in mild cognitive impairment and dementia: harmful or neuroprotective?. International journal of geriatric psychiatry, 27(12), 1218-1238.

Valenzano, D. R., Terzibasi, E., Genade, T., Cattaneo, A., Domenici, L., & Cellerino, A. (2006). Resveratrol prolongs lifespan and retards the onset of age-related markers in a short-lived vertebrate. Current Biology, 16(3), 296-300.

Hajieva, P. (2017). The Effect of Polyphenols on Protein Degradation Pathways: Implications for Neuroprotection. Molecules, 22(1), 159.

Granzotto, A., & Zatta, P. (2014). Resveratrol and Alzheimer’s disease: message in a bottle on red wine and cognition. Frontiers in aging neuroscience, 6.

Vallianou, N. G., Evangelopoulos, A., & Kazazis, C. (2013). Resveratrol and diabetes. Rev Diabet Stud, 10(4), 236-42.

Chang, C. C., Chang, C. Y., Wu, Y. T., Huang, J. P., Yen, T. H., & Hung, L. M. (2011). Resveratrol retards progression of diabetic nephropathy through modulations of oxidative stress, proinflammatory cytokines, and AMP-activated protein kinase. Journal of biomedical science, 18(1), 47.

Brownlee, M. (2005). The pathobiology of diabetic complications. Diabetes, 54(6), 1615-1625.

Venturini, C. D., Merlo, S., Souto, A. A., Fernandes, M. D. C., Gomez, R., & Rhoden, C. R. (2010). Resveratrol and red wine function as antioxidants in the nervous system without cellular proliferative effects during experimental diabetes. Oxidative Medicine and Cellular Longevity, 3(6), 434-441.

Zulueta, A., Caretti, A., Signorelli, P., & Ghidoni, R. (2015). Resveratrol: A potential challenger against gastric cancer. World Journal of Gastroenterology: WJG, 21(37), 10636.

Vanamala, J., Reddivari, L., Radhakrishnan, S., & Tarver, C. (2010). Resveratrol suppresses IGF-1 induced human colon cancer cell proliferation and elevates apoptosis via suppression of IGF-1R/Wnt and activation of p53 signaling pathways. BMC cancer, 10(1), 238.

Tessitore, L., Davit, A., Sarotto, I., & Caderni, G. (2000). Resveratrol depresses the growth of colorectal aberrant crypt foci by affecting bax and p21CIP expression. Carcinogenesis, 21(8), 1619-1622.

Wang, T. T., Hudson, T. S., Wang, T. C., Remsberg, C. M., Davies, N. M., Takahashi, Y., … & Hursting, S. D. (2008). Differential effects of resveratrol on androgen-responsive LNCaP human prostate cancer cells in vitro and in vivo. Carcinogenesis, 29(10), 2001-2010.




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。