薬剤耐性を予防するための注意点(抗生物質の耐性とは) | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

薬剤耐性を予防するための注意点(抗生物質の耐性とは)

カテゴリー:

抗生物質は、細菌による感染を効果的に抑えるために使用される医薬品ですが、近年この「抗生物質の乱用」によって、従来の抗生物質が効かない状況に陥っています。今回は、抗生物質に対する薬剤耐性、そしてそれを予防するための注意点について調べてみました。

世界で広がる抗生物質への薬剤耐性

手の消毒が簡単にできるような消毒液を使用したり、病気や風邪の症状が出始めた最初の頃に抗生物質を使用していませんでしょうか?私たちは気がつかないまま日常的に過剰に抗菌をしてしまっています。

どのタイミングで抗生物質を使うべき?

近年徐々に、抗生物質の乱用の危険性が知れ渡ってきていますが、どのような時に抗生物質を摂取するべきで、どのような時に摂取すべきでないか、混乱したままであったり、間違った情報を聞いている人が、今でも沢山いると考えられています。

世界保健機関(WHO)は以下のように、抗生物質について言及しています。

抗菌剤への耐性は、ますます範囲を増加している、細菌や、寄生虫、ウイルス、そして菌類などに対して効果的な予防や治療法が、効かなくなってしまうという危険をもたらしています。この世界的な公衆衛生に生じている危機は著しく成長しており、この問題を止めるためには、世界全体の政府や社会が解決に取り組む必要があります。抗菌剤への耐性は全世界で現在発生しています。この間にも、新しい耐性が生じ、広がっているのです。

抗生物質耐性が起きる原因

抗生物質によって排除されてしまう「善良」な細菌

抗生物質耐性は、主に抗生物質を繰り返し摂取した結果、薬剤耐性細菌の形成が増加することで生じます。

細菌と健康

私たちの体では、何兆個もの小さな細菌が常に体に存在しています。その中には、生きていくために重要で欠かせない細菌もあれば、管理下にない場合体に危害をもたらす細菌があります。本質的に、毎回、抗生物質を摂取するたび、害のある細菌から体を守り、バランスを保つ重要な機能を持つ、「善良」な細菌までもが殺菌されてしまいます。そして、抗生物質を摂取している間、耐性菌や病原菌と戦うために必要な、善良な細菌が体内に存在しないために、耐性菌や病原菌がすぐに倍の数に増殖してしまう恐れがあります。

細菌に生じる変化

抗生物質耐性は、処方薬や、化学物質、またはその他の抗菌剤に影響されないように、細菌が変化することによって発生します。このように、感染症の治療や予防目的で医薬品を使用しても、効果がなく無力になってしまう抗生物質耐性は、重大な問題であります。

では、細菌はどのように抗生物質を出し抜いて、「耐性」を作るのでしょうか?耐性が作られるには以下のようにいくつか方法があります。

  • 抗生物質を中和する機能が発達した細菌
  • 抗生物質が体内で働かないように体から速やかに排出する細菌
  • 抗生物質に他の器官を攻撃させる細菌
変異し、強化する細菌

以前は、抗生物質に敏感に影響されていた細菌は変異し、本質的に防御機能を作り上げるために、DNAそして遺伝子物質を変化させます。例えばごくわずかな量の悪い細菌が耐性を持った場合、殺されたその分の細菌を増殖させ、取り戻すことが可能になります。この方法で、有害な細菌は増殖し続け、同時に体に危害を与えます。

正しい状況のみで抗生物質を摂取することは、抗生物質への耐性をコントロールする鍵となります。抗生物質は、重度の細菌性感染症や命に関わる病気などにかかった際に、その治療に必要になります。しかし、一般的に生じるウイルス性感染症や、風邪、喉の痛み、そしてインフルエンザなどに対する治療は、抗生物質を投与する以外にも有るため、抗生物質を使わない方法で治療が行われることが理想的です。しかし現在、何百万もの不必要な抗生物質が、毎年このような病気の症状に対して処方されています。

まとめ

抗生物質は、細菌感染に対して効果をもたらすものであるにもかかわらず、ウイルス性感染症に対しても処方されているのが現状です。これにより、病原菌や細菌に耐性が生じ、従来の医薬品では病気を治す効果がなくなってしまいます。次回は、耐性が生じていると報告されている病気について注目していきます。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る