ローヤルゼリーの注意点 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ローヤルゼリーの注意点

カテゴリー:

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは大変健康価が高く、健康効果の高い食品ですがいくつか気をつけておくべき点があります。今回は、ローヤルゼリーを使用するときの注意点についてご説明します。

ローヤルゼリーの注意点

ロイヤルゼリーは、天然の薬として長い間愛用されてきました。ミツバチによって分泌される成分でミツバチの幼虫のための食糧源です。ローヤルゼリーは、免疫システムを高めるのに大変有効です。しかし、にローヤルゼリーの摂取には次のような注意点や副作用があります。

アレルギー反応

ローヤルゼリーの摂取は、アレルギー反応がおこることがあります。特定の種類の花粉にアレルギーがあるとは考えられています。アレルギー反応は、蕁麻疹からアナフィラキシーショックに至る可能性があるので注意が必要です。花粉、蜂花粉、ハチミツ製品にアレルギーのある方は、これらの食品や植物に敏感な人は、ロイヤルゼリーサプリメントなどには注意が必要です。心配な方はアレルギー科で肌の検査で確かめることができます。蜂花粉またはローヤルゼリーのいずれかにアレルギー反応がないことを確認しておくことをおすすめします。

吐き気・倦怠感・下痢

ある研究によると、ローヤルゼリー摂取による胃腸や胃腸の影響も報告されています。吐き気、倦怠感、下痢などの症状も数件あり、ローヤルゼリーを摂取すると腸の出血が起こるこというレポートもあります。

喘息

ローヤルゼリーのガイドラインによると、喘息と診断された人はロイヤルゼリーを服用すべきではないとされています。そのような方はロイヤルゼリーに反応して、気管支の痙攣や肺の気嚢が刺激を受けて呼吸困難になることもあります。ある研究では喘息がある方の研究は、アレルギー性喘息と診断された人の約50%に影響があったこともわかっています。 免疫反応でロイヤルゼリーに存在するタンパク質を有害と誤認し、抗体とヒスタミンを産生して体の防衛機能が働くためです。ヒスタミンは肺に放出され、気道に炎症および腫脹を引き起こします。 これにより、息切れ、呼吸困難、咳、喘鳴、胸部圧迫などの喘息症状が引き起こされます。肺や呼吸の問題があると診断された人は、ローヤルゼリーの摂取には十分注意して、摂取前に医師に相談してから摂取するようにしましょう。

妊娠

ローヤルゼリーのガイドラインによると、妊娠中または授乳中の女性はロイヤルゼリーを使用しないほうがよいとされています。これまで妊婦の方に悪影響が及んだという報告は特にありませんが、ある程度の影響が懸念されますので控えておくのが無難です。

皮膚刺激

ローヤルゼリー成分に敏感な人は、軽度から中等度の皮膚刺激を感じることがあります。接触性皮膚炎として知られる発疹や発赤などの反応が局所軟膏として使用される場合もあります。

ローヤルゼリーの注意点まとめ

このようにローヤルゼリーにはいくつかの注意すべき点があります。一般的なアレルギー反応症状には、消化管、皮膚、呼吸器系、心臓血管系、合併症が含まれています。 消化管の合併症には、吐き気、嘔吐、下痢、胃痛、けいれんが含まれます。 ロイヤルゼリーを摂取すると一時的にこのような副作用があることがあります。そして皮膚に炎症を起こし、湿疹、蕁麻疹または一般的な発疹を引き起こすことがあります。 アレルギー性の皮膚状態は、皮膚の表面に赤み、腫れ、重度のかゆみが生じることもあります。 呼吸器系の問題には、くしゃみ、水分の多い目、鼻の詰まり、喉の炎症、鼻洞の痛みなどがあります。 一般的な心血管症状としては、めまいや眩暈などもありますので、これらの症状が出たらローヤルゼリーの服用は控えましょう。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。