ローヤルゼリーの成分に対する科学的効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ローヤルゼリーの成分に対する科学的効果

カテゴリー:

ローヤルゼリーはタンパク質の分泌物であり、若い働き蜂の下咽頭そして大がく腺から分泌されます。体にとても優れた効果をもたらす、ローヤルゼリー。今回は、そのローヤルゼリーの歴史や、証明されている科学的効果のうち、2つをご紹介します。

ローヤルゼリーの科学的効果

ローヤルゼリーの火付け役

ローヤルゼリーの健康効果は、1950年代に老化と喘息による健康障害に悩まされていたローマ法王がローヤルゼリーを用いたことにより、一躍人気となりました。そして、当時多くのカトリック教徒やキリスト教徒が、ローヤルゼリーを探し求めたことにより希少価値が上がり、高価な品となりました。加えて、中国やアジア諸国では何世紀もの間、用いられて来たとされています。1

ローヤルゼリーの成分

ハチミツの効果効能

ローヤルゼリーにはタンパク質、炭水化物、脂質、遊離アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

成分中の60~70%は水分であり12~15%のタンパク質、10~16%の糖質、3~6%の脂質、そして2~3%のビタミン、塩分、アミノ酸によって構成されています。ローヤルゼリーが採取された地域の地質や気候により、これらの成分に差が生じるということです。

女王蜂には生涯ローヤルゼリーのみがエサとして与えられるほか、孵化したての幼虫にも生後3日間与えられます。このミツバチの大切な分泌物は様々な生物学的健康効果、例えば、抗酸化作用、抗菌効果、免疫の強化などの効果を人間にも与えるとされています。

また、セイヨウミツバチのローヤルゼリーには、その健康を守る効果による、人間に対する薬としての長い歴史があります。成分として含まれる脂質の基盤となる総合的な理解を深めるために、脂質を構成する主な物質が、遊離脂肪酸として存在する(脂肪族の)脂肪酸であることを認識しましょう。脂質は、脂肪酸である有機化合物であり、水に溶けないが有機溶媒に溶ける性質を持ちます。脂質の中には、豊富なナチュラルオイルやワックス、ステロイドが含まれています。

ローヤルゼリーに含まれるほとんどの脂肪酸は、中鎖脂肪酸であります。免疫の正常化、更年期障害の代替療法、皮膚の老化を防ぐ医薬品をサポートすると言われています。 2

まとめ

ローヤルゼリーがどのように流行ったか、そのきっかけには多くの人が驚くでしょう。またタンパク質、炭水化物、脂質、遊離アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど様々な栄養素を含むローヤルゼリーは育った土地により、栄養素に多少の変化があるという事です。普通のみつばちの幼虫を女王蜂にさせるように、ローヤルゼリーが身体に与える健康効果は人間に対しても、抗酸化作用、抗菌効果、免疫の強化など効果は著しいとされています。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。