ローヤルゼリーのアレルギー反応と摂取量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ローヤルゼリーのアレルギー反応と摂取量

カテゴリー:

ナチュラル=安全というのは、間違えであると聞いたことはありますか?ローヤルゼリーなどの天然由来の成分でも、安全に摂取しない場合、体に危険をもたらす可能性があります。よくある例がアレルギー反応です。今回は健康成分ローヤルゼリーに対する、アレルギー反応と目安摂取量について調べました。

ローヤルゼリーのアレルギーへの危険

ローヤルゼリーはどの様な味か、ご存知でしょうか?

ローヤルゼリーの味に関してはよく、渋く、ほんのり苦く、そして後味が残ると言われています。この後味は、時には本当にごく少量の蜂毒が、舌や口がしびれたり、チクチクする様な感覚を引き起こしているとも言われています。これにより、蜂毒に対して非常に敏感なアレルギーを持っている人は、ローヤルゼリーの摂取を控えることが推奨されています。

ローヤルゼリーの種類と摂取量

ローヤルゼリーはとても強力であり、その全ての健康効果や適量のビタミンBを得る為に必要な、1日の摂取量はたったのティースプーン半分であります。また生で食べられるため、蜂蜜に加えても良いですし、お茶に混ぜたり、スムージーに混ぜることも可能です。

一部の健康食品を扱うお店で、ローヤルゼリーを購入することができます。もし、あまり頻繁に使わないなと思う様でしたら、フリーズドライ加工された物が、成分が安定しており、常温で保存してもほとんどの効果が消えてしまわない為おすすめです。タブレット(錠剤)状や、カプセルとして販売されている場合、大抵はカサ増しされているため、購入前によくラベルを確認しましょう。

現在摂取しているローヤルゼリーがフリーズドライ加工されていない場合、冷凍で保存されていたことがポイントです。冷凍することで、常温や冷蔵庫で長く保管されているよりも、品質をよりよく保つことができる為です。

一般的に流通しているもので、液体状のローヤルゼリーも存在します。しかし、これらのローヤルゼリーはしばし、保存料が添加されていたり、味をよくする為に蜂蜜が加えられていることがあります。

アレルギー反応

アトピー

ローヤルゼリーの使用により、アナフィラキシーショックや、喘息、出血性大腸炎などの深刻な症例が報告されています。ローヤルゼリーには少量の蜂毒がふくまれているとされる為、蜂毒に対し非常に敏感なアレルギーがある場合ローヤルゼリーの使用はやめましょう

また、ローヤルゼリーの目安摂取量は、摂取する人の年齢、健康などのいくつかの要因により異なります。現在では、ローヤルゼリーの的確な摂取量を予想する科学的根拠が不足しているとされています。ここで覚えておいていただきたいのが、自然由来の商品は天然のものであるからと言って、安全であるとは限りません。特に摂取量には注意が必要です。

まとめ

このように天然の健康成分である、ローヤルゼリーにもアレルギーなどの危険があります。ローヤルゼリーの摂取にあたって、わからないことや不安なことがある場合、専門家や医師、薬剤師に相談することが推奨されています。特に、抗凝固薬やその他の医薬品を服用している場合、また妊娠中や授乳中にも注意が必要です。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。