ローヤルゼリーの効果・効能:ローヤルゼリーは栄養不足が原因でおこる免疫不全を改善するのか | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ローヤルゼリーの効果・効能:ローヤルゼリーは栄養不足が原因でおこる免疫不全を改善するのか

カテゴリー:

ローヤルゼリー

食事による微量栄養素の摂取が常に低いと、わたしたちの細胞は、正常な代謝機能の為に必要な栄養素が不足します。微量栄養素の不足は、続発性免疫不全の一般的な原因で、感染症への感染の増加に関係することが明らかにされています。今日は、ローヤルゼリーに、栄養不足が原因でおこる免疫不全を改善する効果があるのかについてお話します。

ローヤルゼリーは栄養不足が原因でおこる免疫不全を改善するのか

 

韓国で行われた研究では、栄養不足により誘発された免疫不全のネズミに対するローヤルゼリーの効果について調査しています。この実験では、雌のネズミに、推奨される微量栄養素の量の7.5%しか含まない餌を与えることで免疫不全を誘発させ、0.2%または1%のローヤルゼリーを補給し、効果を確認しました。

 

ネズミの平均体重と生存期間中央値
 
通常の餌 7.5%の餌 7.5%の餌+0.2%のローヤルゼリー 7.5%の餌+1%のローヤルゼリー
平均体重 (g) 28.3 21.9 データなし 24.9
生存期間中央値(日) >112 78 81 97

 

実験後、通常の餌を食べたネズミに比べ、7.5%の栄養欠乏食を食べたネズミの体重は著しく低い結果になりましたが、栄養欠乏食による体重の減少は、1%のローヤルゼリーを補給したネズミのグループで緩和されたことが分かりました。更に、7.5%の栄養欠乏食のネズミの脾臓の重さは、通常の餌のグループに比べ著しく低い結果になりました。しかし、1%のローヤルゼリーを補給したネズミと、通常の餌を食べたネズミのグループの脾臓の重さに大きな差はありませんでした。

生存期間中央値は、7.5%の栄養欠乏食を食べたネズミのグループと、7.5%の餌+0.2%のローヤルゼリーのグループで大きな差がありませんでしたが、7.5%の餌+1%のローヤルゼリーのグループは、生存期間中央値が97日で、7.5%の餌のグループの78日と大きな差が見られたことが分かりました。

 

免疫不全

 

細胞分裂促進とサイトカイン産生
 
通常の餌 7.5%の餌 7.5%の餌+0.2%のローヤルゼリー 7.5%の餌+1%のローヤルゼリー
IL-2 112.8 64.7 66.9 83.5
IFN-γ 184.3 81.9 76.3 120.6
IL-4 144.9 291.7 274.4 204.7
IL-6 114.7 198.5 214.0 168.3
TNF-α 134.8 423.3 384.6 310.2

 

7.5%の栄養欠乏食を食べたネズミは、通常の餌のグループに比べ、免疫機能に関与するリンパ球であるB細胞及びT細胞増殖能力が著しく損なわれたことが分かりました。しかし、マイトジェン(細胞分裂促進物質)に対するT細胞及びB細胞反応は、7.5%の餌+1%のローヤルゼリーのネズミのグループで著しく上昇したことが分かりました。7.5%の餌+0.2%のローヤルゼリーのグループは、7.5%の栄養欠乏食のみのグループと大きな違いは見られませんでした。

そして、7.5%の栄養欠乏食のグループは、IL(インターロイキン)-2 and IFN(インターフェロン)-γの産生が著しく減少し、TNF(腫瘍壊死因子)-α、IL-4 、IL-6が著しく上昇しましたが、7.5%の餌+1%のローヤルゼリーのグループは、IL-2とIFN-γの減少を抑え、IL-4、IL-6、TNF-αの産生を減らしたことが分かりました。

肝臓の脂質過酸化

 

7.5%の栄養欠乏食のグループは、肝臓の脂質過酸化を224%も促進しました。しかし、7.5%の餌+1%のローヤルゼリーのグループでは、肝臓の脂質過酸化が著しく抑えられたことが分かりました。7.5%の餌+0.2%のローヤルゼリーのグループは、脂質過酸化を部分的に抑えただけでした。抗酸化物質または微量栄養素の摂取量が低いと、フリーラジカルの上昇により、肝臓のビタミンE濃度は減少し、組織の脂質過酸化が増加します。酸化ストレスに対するローヤルゼリーの効果を調べる為に、肝臓のビタミンE濃度を測定しました。その結果、7.5%の栄養欠乏食のグループは肝臓のビタミンE濃度が著しく低下しましたが、1%のローヤルゼリーの補給で、肝臓のビタミンEが回復したことが分かりました。

 

まとめ

 

上記の調査で、ローヤルゼリーの摂取は、免疫不全と細胞の抗酸化能を回復することで、栄養欠乏のネズミの生存期間を延ばしたことが分かりました。健康な栄養状態の維持や、感染症の予防の為にもローヤルゼリーで栄養を補給し、免疫機能を改善させましょう。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。