ノコギリヤシエキスは性機能の問題に効果があるのか? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ノコギリヤシエキスは性機能の問題に効果があるのか?

カテゴリー:

ノコギリヤシ

前立腺肥大症(BPH)は高齢者の性機能障害の主要なリスク要因になります。更に、BPHの一般的な治療薬であるα遮断薬や5α還元酵素阻害剤が性機能障害の原因になります。ノコギリヤシの実の製剤は軽度から中度のBPHに効果があるとされていますが、伝統的に性機能障害の治療に使用されてきました。

前立腺肥大症と性機能障害

 

前立腺は膀胱と骨盤底の間に位置し、尿道前立腺部を取り囲む線維筋性の腺器官です。40歳前後から尿道を囲む前立腺組織が成長し始めますが、この非悪性の成長が前立腺肥大症(BPH)として知られています。そしてBPHは尿道の収縮に繋がり、夜間頻尿や残尿感などの下部尿路症状の原因になります。下部尿路症状は60代の男性の約3分の1に、80代男性では約半分に見られます。下部尿路症状に加えて、BPHは性機能へも悪影響を及ぼします。疫学的調査では、通常の老化プロセスに伴い、BPHに関係する下部尿路症状が勃起不全や射精障害を進行させる主要な要因になることが示されています。

 

ノコギリヤシエキスは性機能障害に効果があるのか

 

スイスで行われた研究では、ノコギリヤシの製剤がBPHの症状と性機能障害に影響するのかを調査しています。実験には82人のBPHの患者が参加し、1日320mgのノコギリヤシエキスの摂取を8週間続けました。実験後、国際前立腺症状スコア(IPSS)が平均14.4から平均6.9に減少し、BPHの症状が改善されたことが分かりました。

 

Brief sexual function inventoryによる評価の平均スコア

 
実験前 実験後
性欲(0-8) 3.4 4.6
勃起機能(0-12) 6.2 8.5
射精機能(0-8) 5.0 6.3
性的問題の評価(0-12) 5.8 9.2
性的満足(0-4) 2.0 2.9

 

性機能の問題を評価する” Brief sexual function inventory(bSFI)”で評価したところ、総スコアが平均22.4から31.4に改善し、実験後の性機能が著しく改善したことが分かりました。また、” Urolife QoL-9”による性機能の評価では総スコアが平均162.7から平均105.0に減り、性機能の問題が改善したことが分かりました。

そして、ノコギリヤシの効果についての患者の評価では、とても良いと評価した患者は22%、良いと評価した患者が54%、効果が低いと答えた患者はたったの15%であったことが分かりました。また調査者による評価では、とても良いと評価した調査者は38%、良いと評価した調査者は44%、症状の状態に変化なしと答えた調査者はわずか7%であったことが分かりました。どの症状に一番効果があったかという質問では、8%の患者が勃起機能と答え、26%が性欲と答え、66%が勃起機能と性欲と答えました。そして、82人の患者のうち62人がまたカプセルを使用したいと答えたことが分かりました。

 

ノコギリヤシ

まとめ

 

スイスで行われた調査で、ノコギリヤシの製剤は、BPHの症状を改善するだけでなく、性機能の問題を改善する効果があることが分かりました。下部尿路症状や、性機能の問題で悩んでいる方は、ノコギリヤシのサプリメントが症状改善に役立つかもしれません。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。