中高年におススメのテストステロンを増やす成分:亜鉛、ビタミンC、マグネシウム、ノコギリヤシ、アスタキサンチン、ホスファチジルセリン | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

中高年におススメのテストステロンを増やす成分:亜鉛、ビタミンC、マグネシウム、ノコギリヤシ、アスタキサンチン、ホスファチジルセリン

テストステロン

男性は40代半ばになると、測定可能な血中のテストステロンの濃度が年間に、約1~2%減少し始め、60歳以上では急激に減少します。テストステロンの減少が進むことで、筋肉低下、インスリン抵抗性、性欲の低下、鬱など身体的、心理的な幅広い範囲の有害反応を引き起こします。これらの有害反応は、テストステロンを増やすことで防止できます。テストステロンを増やす天然成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

テストステロンを増やす天然成分

 

亜鉛

 

亜鉛欠乏症がテストステロンの濃度の抑制を含む精巣抑制に繋がることは広く知られています。男性の前立腺は体の中で最も高い濃度の亜鉛を含む組織の一つであることは、亜鉛が男性の生殖システムに重要であることを示しています。また、普段運動をしない男性も、エリートアスリートのどちらの身体活動も、テストステロンや甲状腺ホルモンの抑制に繋がりますが、これは亜鉛を摂取することで軽減できます。亜鉛はまた、睾丸をDNA損傷に関係する重金属(カドミウム)から保護し、テストステロンの生成の能力を保ちます。動物実験では、亜鉛がプロラクチンとテストステロンの濃度を最適化することで勃起機能を改善することが示されています。

 

ビタミンC

 

テストステロンの濃度を最適化する最も重要な方法の一つは、それが一過性ホルモン代謝物質に自然に変換されるとき、その活性を維持し、再生させることです。予備調査では、電子供与体でよく知られるビタミンCがテストステロンを再生し、毒性のホルモン代謝物の濃度を減少することが示されています。

 

マグネシウム

 

マグネシウムの濃度は高齢者のタンパク同化ホルモン、テストステロンやインスリン様成長因子(IGF-1)に、強く、独立して関係しています。300の酵素経路に関係するミネラルであるマグネシウムは高齢者で中断される同化作用、異化作用の平衡の調整を助けます。テストステロンは性ホルモン結合グロブリンに結合すると、ホルモン活性が弱くなりますが、マグネシウムはテストステロンが性ホルモン結合グロブリンに結合するのを抑制し、テストステロンの生物学的利用能を強化することで、テストステロン活性の維持を助けます。

 

ノコギリヤシ&アスタキサンチン

 

テストステロンの濃度を自然に上昇させる最も有効な方法の一つは、テストステロンをジヒドロテストステロンとエストロゲン(エストラジオール)に変換させるのを防ぐことです。これは、天然のアロマターゼ酵素阻害剤や5α還元酵素阻害薬により達成できます。5α還元酵素はテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素で、アロマターゼ酵素はテストステロンをエストラジオールに変換します。2009年のアメリカの研究では、37~70歳の健康的な男性がノコギリヤシとアスタキサンチンを摂取することで、テストステロンが上昇し、エストロゲンとジヒドロテストステロンが減少したことが報告されています。

 

ホスファチジルセリン

 

ホスファチジルセリンは重要な細胞膜成分で、主に肉、魚、乳製品に含まれますが、大豆やひまわりレシチンにも含まれています。ホスファチジルセリンはアスリートの適度な運動の後、コルチゾールの濃度を減少させ、テストステロンの濃度を上昇させます。

 

テストステロン

まとめ

 

男性は40代を過ぎると、テストステロンの濃度が減少し始めます。この減少により、身体的、心理的な有害反応も引き起こされます。上記の天然物質は、男性のテストステロンの濃度を最適化するのに役立ちます。普段の食生活に気を付け、また、サプリメントを利用するなどしてこれらの成分が不足しないように気を付けましょう。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。