今が旬!わかめの栄養成分や漁師さんおすすめの食べ方 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

今が旬!わかめの栄養成分や漁師さんおすすめの食べ方

カテゴリー:

わかめ 一年中、食卓に欠かせない「わかめ」。美味しくて健康効果が期待できる成分もたっぷり!今回は、今がの「わかめ」の栄養成分や加工法、漁師さんおすすめの食べ方もご紹介。テレビ番組ソレダメ!でもわかめの話題をやっていたばかりでとても気になっています。

今が旬の「わかめ」

わかめは、日本沿岸に広く分布生育するコンブ科の海藻です。生産地は潮流の激しい岩手県・宮城県の三陸、徳島県の鳴門、三重県伊勢志麻が収穫量が多く有名です。厳しい海流にもまれたわかめは、肉厚で弾力が生まれます。収穫時期は2月~4月。この期間に1年分のわかめが収穫され、加工されます。近年、養殖わかめの生産量が天然わかめを上回っています。養殖わかめは種付け(根付け)は人工的に行いますが、それ以外は天然のわかめとほぼ同じ環境で育つといいます。

わかめの部位

私たちが食している部分は葉、茎、めかぶの3つに分けられます。

【葉状体】

葉のような部分で、酸素と二酸化炭素の出し入れや無機養分の吸収などを行います。最も一般的に食されている部位です。味噌汁、サラダ、和え物などによく利用されます。

【中芯】

茎のような部分です。歯ごたえがあり、炒め物、漬け物などによく利用されます。

【芽株(めかぶ)】

根本の部分で、根の上に位置します。ひだの重なる形状をしており、わかめの生殖を行うための胞子を作り出します。店舗では刻んで酢の物にしためかぶをパックした商品がよく見られますね。 わかめ

わかめの栄養成分

低カロリーなわかめは、ダイエットに効果的と言われていますが、他にもカリウム、カルシウムといったミネラル類やβカロテン、ビタミンKなどのビタミン類を含んでいます。海藻類に特徴的な成分としてはヨウ素、アルギン酸、フコダイン、フコキサンチンが挙げられます。

【ヨウ素】

甲状腺ホルモンを構成する成分です。また、髪や皮膚の健康を維持するのに必要です。

【食物繊維アルギン酸】

わかめの粘性の成分。余分なコレステロールやコレステロールを原料にもつ胆汁酸を体外へ排出する働きがあり、高脂血症や動脈硬化を予防する効果が期待できます。また、食物繊維の一種であるため便秘の改善、腸内環境を整える働きがあります。厚生労働省許可の特定保健用食品に「コレステロールが高めの方、お腹の調子が気になる方の食品」として指定されています。

【食物繊維フコダイン】

わかめの粘性の成分。近年、抗がん作用、抗アレルギー作用、育毛効果が期待されており、研究が進められている成分です。

【フコキサンチン】

褐藻類に含まれるカロテノイド色素成分。マウスを使った研究結果で、抗肥満作用と抗糖尿病作用が期待できると同時に、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるドコサヘキサエン酸(DHA)の高い割合での蓄積が認められました。

わかめの加工法

わかめは鮮度が落ちるのが早く日持ちしないため加工して出荷されます。

【生わかめ】

「生わかめ」と表示されている商品は、この状態で食べられるという意味で、一度湯通しされているものがほとんどです。色の黒ずんだものは避け、ツヤと弾力があるものが良質です。食べきれない分は小分けにして冷凍保存し早めに食べきりましょう。

【乾燥わかめ】

水揚げしたわかめをそのまま干した「素干しわかめ」、草木灰をまぶしてから干した「灰干しわかめ」、裁断して干した「カットわかめ」等があります。水戻ししてから使用します。

【塩蔵わかめ】

湯通しし、塩漬けにしたもの。生わかめに近い歯ごたえがあります。軽く水戻しし、塩を落としてから使用します。 この他、糸状に裂いて乾燥させた「糸わかめ」、細かく砕いてそのまま食べるのが美味しい「板わかめ」、歯ごたえが美味しい「茎わかめ」、健康・美容効果が期待される「めかぶ」等があります。 わかめ

漁師さんおすすめ!わかめの美味しい食べ方

神奈川県小坪でわかめ漁を営む「かず丸」さんに葉、茎、めかぶのそれぞれおすすめの食べ方を聞きました。

【わかめ葉】

天然・養殖に関わらず、生わかめが手に入ったらおすすめの食べ方は「しゃぶしゃぶ」。さっと湯にくぐらせて、ポン酢など好みのタレで頂きます。わかめの歯ごたえと磯の香りが堪能できる1番の食べ方だそうです。

【茎わかめ】

茎の部分は斜めにスライスして甘辛く煮たり、きんぴらで歯ごたえを楽しめます。

【めかぶ】

めかぶは緑色になるまで茹で、氷水で冷やして色止めをします。めかぶをある程度カットしたら、梅肉と叩いて、削り節と和えます。栄養があり、温かいご飯にも、お酒にも良く合う一品です。 叩くことで特有の粘りが楽しめます。 

まとめ

わかめの栄養成分には生活習慣病予防など健康効果が期待できるものが多く含まれますが、サプリメントなどによる過剰摂取には気を付けましょう。  

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る