生薬にも使われるセンナ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

生薬にも使われるセンナ

カテゴリー:

私たちは毎日の健康を医薬品やセンナなどの健康食品などで支えています。しかし、他にも生薬や漢方といった健康維持に役立つ製品もありますので、それらについて見ていきましょう。

生薬とは

生薬とは自然に存在する植物などから科学的方法を用いずに薬として利用されているものです。滋養強壮など体の調子を整えるうえで有用であり、未病対策に効きます。

【豆知識】未病とは?

漢方で頻出する概念であり、「病気ではないがそれになりかけている弱った状態」のことを言います。栄養のあるものを食べたりよく休むことで回復できますが、それを補うために生薬や漢方が使われてきました。

生薬として使われるセンナ

センナはサプリメントや医薬品などで使われていますが、もとは漢方として使われていました。漢方は東洋医学に基づいた薬学であり、西洋医学のそれと違い体への負担が軽いことが長所とされています。

【豆知識】東洋医学と西洋医学

東洋医学は主にアジア系で発展してきた医学であり、気など「流れ」的な要素を勘案しているのが特徴です。一方西洋医学はヨーロッパをメインに人体の仕組みがどのようになっているかを調べることから発展してきました。

現代日本では主に西洋医学が使われています。たくさんの症例から治療法を見つける帰納法的発想に基づくエビデンスの模索や、ほとんどの医学雑誌はドイツ語や英語で表記されていることがその証左です。東洋医学は一般的な病院では採用されていないことや、気などオカルトと思えるような要素を取り込んでいることから、現代の日本人には敬遠されがちです。また杉田玄白がターヘルアナトミアを翻訳した際に、東洋医学の文献が実際の人体と大きく異なっていたこともその一因だと考えられます。ほとんど胃的な消化器官しか書かれていませんでした・・・。もっとも経絡やツボなどの概念は整体院で使われているところも多いです。

しかし、西洋医学もひと昔前まではヨーロッパの方でも信用されていない学問でした。「具合が悪い時は血を抜くのがいい」「手を洗わなくても衛生は保てる」など、現代からすると驚くような習慣が平然と行われていました。まぁ当時はガリレオの地動説を否定していたように宗教と科学がごっちゃになっていたような時代ゆえなのですが・・・。

基本的に人体の構造を完全に解明するのはほぼ不可能ですので、エビデンスからより信頼性の高い治療法を模索していくのがベターな方法だと思われます。

健康効果

便秘の解消

センナは古代から便秘に効く生薬として世界で使われていました。自然界に存在する植物であることから、文明が発達していない時代にも便利だったというのもありますが、世界レベルで使われていた事実からその高い利便性がうかがえます。

センナが使われている製品を飲むと、24時間程度(個人差によっては10時間ほどということもあります)でお腹がグルグルする感じがします。その後強い便意が襲ってきますので、時間を調整しておくことが必要です。

デトックス効果も

便秘を解消することから、体内の毒素を排出する効果もあります。長くお通じがない状態ですと、体内に便が溜まり毒素もだんだん蓄積されていきます。また腸内の表面積も減りますので、栄養の吸収も妨げられてしまいます。

センナを使って便秘を解消すると、毒素も排出されて健康にプラスになります。また栄養もきちんと吸収されるようになりますので、代謝や免疫の健全化につながります。

生薬を使ってより健康状態を万全に

現代日本では主に病院から処方される医薬品やドラッグストアで買えるサプリメントを使って、健康を維持しています。そこに選択肢の一環として生薬や漢方を使ってみてはいかがでしょうか。特に不妊などを改善できる話が多いので、出産にお悩みの夫婦の方にはおすすめです。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。