センナ茶の良い飲み方 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

センナ茶の良い飲み方

カテゴリー:

医薬品は厳格な用法と用量が定められており、それらを遵守しないと逆効果をもたらす恐れがあります。センナ茶やサプリメントは医師の処方なしで入手できますので、比較的緩やかに使えます。

センナ茶の特徴

センナは強力な下剤作用を発揮する植物ですが、センナ茶は緩やかに作用する茎の部分を選んで使用していますのでじっくりと浸透するように効いていきます。お茶ですので、消化器官に馴染むように徐々に染み込んでいきます。飲み過ぎなければ適度に効いてくる便利な製品です。

医薬品としてのセンナ

センナの中でも効き目の強い果実などの部分を使っているため、センナ茶やサプリメント以上に効果を実感しやすいつくりとなっています。生薬のセンナは多少用法や用量を間違えても大事にはなりませんが、医薬品の場合は厳格なルールを前提に作られていますので飲む時間や量を遵守して使いましょう。

基本的に西洋薬はあまり併用されることがありません。しかしセンナは医薬品といえども、漢方などで使われている植物であるため他の医薬品と併用されることもあります。もし2種類以上の薬を処方された場合は、医師や薬剤師の方に飲み方を確認しておきましょう。センナ以外のサプリメントや健康食品と併用する際も、問題がないか専門家に聞いておきましょう。

【補足】どうして医薬品は2つ以上使うことはあまりないのか?

医薬品の主役である西洋薬は、基本的に単一での使用を前提として作られています。風邪薬や胃腸薬、血圧降下剤などそれぞれの医薬品は特定の症例に効くように製造されているのです。とはいっても、ピンポイントにそのターゲットとなる症例のみに影響するわけでなく、体内に入った以上様々な化学反応の過程を経て効果を発揮します。2種類以上の医薬品を使用すると、それぞれの過程が相反して身体にマイナスの作用を及ぼす恐れがありますので、併用する際は医師や薬剤師に確認する必要があるのです。仮に同じ症例に効く薬であっても聞いておきましょう。

これは医師の処方による薬だけでなく、ドラッグストアで売られている第二類医薬品にも同じことが言えます。素人判断で多くの薬を飲んでしまうと、思いもよらぬ副作用をもたらすこともあります。例えば一見軽い薬に思える風邪薬や頭痛薬でも、同時に飲んでしまったことで入院までに至る重大な副作用を発現した事例もあります。

また飲み方も遵守しましょう。身体に入れば同じと考えがちですが、飲むタイミングや飲み方を守らなければ副作用が出てくる可能性があります。これも水と一緒に飲む薬を水なしで飲んでしまったことで、猛烈な体調不良を招いた事例があります。

薬は人体の内部機構に影響する重要なものです。これまでの医学知識や経験が凝縮された叡智であり、人の命を何度となく救ってきました。しかし、それゆえ使い方を誤ってしまうとその恩恵を受け取ることができず、逆に健康を損ねることになってしまいます。必要以上に意識することはありませんが、注意書きを読んで正しく使うのがベストな使用法です。

生薬、漢方としてのセンナ

生薬として使う場合、磨り潰したセンナを服用して、白湯やお湯で飲むのが基本です。生薬は身体に優しくじっくりと効いてくるのが来るのが特徴です。

胃腸の弱い方にお勧めのセンナ茶

センナは飲んでから数時間で便秘を解消するとても便利な食品ですが、その強い効果から胃腸の弱い方が飲むとお腹を下してしまうこともあります。そんな方には緩やかに効いてくるセンナ茶がオススメです。少量ずつ飲むのが簡単ですので、自身に合った量を調整することもできます。お茶自体も胃腸に負担をかけませんので使いやすい製品です。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。