抗酸化物質が豊富なゴマサプリのアスリートへの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

抗酸化物質が豊富なゴマサプリのアスリートへの効果

カテゴリー:

ゴマ

抗酸化物質を多く含む食品の摂取は、アスリートの過度なトレーニングによる体への有害な影響を最小限に抑えると言われています。今日は、抗酸化物質が豊富に含まれるゴマサプリのアスリートへの効果についてお話します。

身体トレーニングと酸化ストレス

 

身体トレーニングは、局所炎症を伴う筋組織の損傷を自然に進行させます。人の体には、ストレスに継続的にさらされたとき、ストレスの種類に関係なく”汎適応症候群”という一連の防衛反応が現れます。身体トレーニング後の回復期はこの現象を通して、筋組織の修復と、鍛えられた身体的能力の改善が起こります。しかし、過度なトレーニングを行った場合や、回復期が不十分である場合、局所的な筋肉炎症から、神経内分泌障害や行動障害の原因になる全身性炎症と酸化ストレスに発展する場合があります。

これまでの研究で、オレンジジュース、グレープジュース、抗酸化作用を持つ食品の摂取により、アスリートの筋肉疲労、全身性炎症、酸化ストレスが減少したことが示されています。

 

ゴマに含まれる栄養成分

 

ゴマには、食物繊維、タンパク質、天然の抗酸化物質、不飽和脂肪酸、ビタミン類、ミネラル類など様々な栄養成分が含まれています。ゴマの脂質分画の示す良い酸化安定性は、オレイン酸、リノール酸、アラキドン酸のような必須脂肪酸や、セサミン、セサモリン、セサモールなどの抗酸化物質に起因しています。

 

アスリート

 

ゴマのサプリのアスリートの有酸素能力への効果

 

2017年に発表されたブラジルの研究では、ゴマの摂取が、セミプロのサッカー選手の筋損傷マーカー、酸化ストレス、全身性炎症、有酸素能力に与える影響について調査しています。

この実験に参加した選手は、1日にゴマ40g(テーブルスプーン2杯)を摂取するグループと、偽薬のグループに分かれて、通常のトレーニングを行いながら28日間の摂取を続けました。実験前と実験後に、クレアチンキナーゼ(CK)、乳酸脱水素酵素(LDH)、マロンジアルデヒド(MDA)、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、C反応蛋白(hs-CRP)、有酸素能力が測定されました。

この実験の結果、偽薬のグループは、CKが5%、ビタミンEが14%増加し、MDAは21%減少しましたが、LDH、SOD、ビタミンAに大きな変化は見られませんでした。一方、ゴマを摂取したグループは、CKが19%、LDHが37%、MDAが55%、hs-CRPが53%減少し、SODが14%、ビタミンAが25%、ビタミンEが65%も上昇したことが分かりました。また、これらの変化は、有酸素能力の17%の上昇を伴いました。この結果から、ゴマの摂取は、サッカー選手の筋損傷及び酸化ストレスを減らし、有酸素能力を改善することが示されました。

 

まとめ

 

ブラジルで行われた調査で、ゴマの摂取により、普段激しいトレーニングを行うセミプロのサッカー選手の有酸素能力が改善したことが分かりました。スポーツが好きな人や、日常的にクラブ活動などで激しい運動をする人は、抗酸化物質が豊富なゴマなどの食品を普段の食事に取り入れることをおすすめします。

 

関連記事:ビタミンEの効果・効能:疲労回復にはゴマリグナンとビタミンEのサプリが効果的

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る