黒ゴマに血圧の上昇を防ぐ効果があるって本当?? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

黒ゴマに血圧の上昇を防ぐ効果があるって本当??

カテゴリー:

黒ゴマ

高血圧は、心血管疾患の主要なリスク要因で、血圧の上昇の予防は、これらの疾患を減らす為に重要です。今日は、ビタミンE及びリグナンが豊富な黒ゴマに、血圧の上昇を防ぐ効果があるのかについてお話します。

心血管疾患のリスク要因である高血圧

 

高血圧は、脳卒中、心筋梗塞、腎不全を含む心血管疾患の主要なリスク要因です。血管内皮の拡張因子と収縮因子のバランスの乱れは、高血圧発症の重要なメカニズムですが、酸化促進作用の上昇と、酸化防止作用の減少も、高血圧の発症に一部関係することが示されています。これまでの調査で、ゴマに含まれるビタミンEや、セサミン、セサモリン、セサモールは、酸化ストレスを減らす働きをすることが報告されています。よって、ゴマの抗高血圧作用が、心血管疾患の予防において有益である可能性があります。

 

黒ゴマには血圧の上昇を防ぐ効果があるのか

 

2011年に発表されたタイの研究では、黒ゴマが、高血圧前症の人の血圧及び酸化ストレスに、、有益な効果を示すのかを調査しています。実験には、高血圧前症である平均年齢49.8歳の男女30人が参加しました。そして、黒ゴマが2.52g含まれるカプセルを摂取するグループと、偽薬のカプセルを摂取するグループに分かれて4週間続けられました。実験前と実験後に血液中の血漿脂質、マロンジアルデヒド(MDA)、ビタミンEの値を測定し、身体計測、身体組成、血圧測定を行いました。

 

実験前と比較した実験後の血圧・MDA・ビタミンEの平均値

 
偽薬 黒ゴマ
実験前 実験後 実験前 実験後
最高血圧(mmHg) 130.6 130.4 129.3 121.0
最低血圧(mmHg) 80.6 85.9 77.0 72.8
MDA(μmol/L) 1.9 1.8 1.8 1.2
ビタミンE(μmol/L) 26.5 29.8 29.4 38.2

 

この実験の結果、偽薬のグループの最高血圧に大きな変化は見られませんでしたが、黒ゴマのグループは、最高血圧(収縮期血圧)が著しく低下したことが分かりました。また、黒ゴマのグループの血漿MDAの濃度は実験前に比べ著しく減少し、血漿ビタミンEの濃度は著しく上昇したことが分かりました。偽薬のグループでは、血漿MDAやビタミンEに大きな変化は見られませんでした。そして、黒ゴマのグループの最高血圧の変化とMDA値の変化には正の相関関係が見られ、最低血圧の変化と、ビタミンEの変化には、負の相関関係が見られることが分かりました。偽薬のグループではこのような関係性は見られませんでした。

 

高血圧

 

まとめ

 

タイで行われた調査で、黒ゴマは、高血圧前症の人の血圧に有益な影響を与えることが分かりました。そして、黒ゴマの抗高血圧効果は、黒ゴマに含まれる抗酸化物質により、酸化ストレスが減少することに起因すると予測できます。高血圧で悩んでいる人は、抗高血圧作用のある黒ゴマを普段の食事に取り入れましょう。血圧の上昇の抑制は、将来的に発症する可能性がある心血管疾患の予防にも繋がります。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る