生理前に飲むと痩せる? 豆乳ダイエットの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

生理前に飲むと痩せる? 豆乳ダイエットの効果

カテゴリー:

 

だんだんと暖かくなるにつれて、夏に向けてダイエットを意識し始めている人も多いのはないでしょうか。今回は、生理前に飲むと痩せる? と噂になっている豆乳ダイエット効果や方法についてご紹介します。

 

豆乳ダイエットとは

 

順調にダイエットしていたにも関わらず、生理前になると……

  • 「イライラして食欲が増し、挫折してしまった」
  • 「甘いものが食べたい欲求を我慢できない」

ダイエット経験のある女性ならこんな経験があるのではないでしょうか?

 

生理前に増えた体重を生理後の痩せやすい期間で元に戻す。この繰り返しでは一向に体重は減りませんよね? この悩みを解決してくれるのが「豆乳ダイエット」です!

 

フィットネス

 

ダイエットに効果的な豆乳の栄養素

 

豆乳がダイエットに良いといわれている理由を紹介していきます。

 

◎「畑の肉」と言われるほどの豊富なたんぱく質

 

豆乳の原料である大豆は植物性食品のため、動物性食品に比べて低カロリーで、高たんぱく低脂質な食品です。たんぱく質を摂り運動することで筋量を増やせば、基礎代謝が上がり、痩せやすい体が作られます。また、豆乳は体内での吸収と分解に時間を要する「大豆たんぱく質」を豊富に含んでいます。そのため生理前の間食予防の強い味方になります。

 

◎オリゴ糖でお腹スッキリ

 

豆乳に豊富に含まれるオリゴ糖には、便秘解消の効果が期待されています。小腸では吸収されることなく大腸に届き、大腸内にいる善玉菌の餌となり、腸を活性化させます。

 

◎血液中の余計な脂肪を洗い流すサポニン

 

サポニンは、コレステロールや中性脂肪といった血液中の余った脂質を洗い流し、肥満を予防する働きがあります。また、サポニンには、抗酸化作用があります。加齢や活性酸素によって発生する身体のサビによる、動脈硬化と老化を防ぎます。

 

◎カリウムでむくみ解消

 

生理前の悩みといえば、むくみもその一つですよね。カリウムには体内の水分を調節する作用があります。身体の中のナトリウムの排出を促し、むくみを改善します。

 

◎ビタミンB群

 

ビタミンB群には、脳の機能を維持する働きがあります。生理前のイライラや神経の不安定、集中力不足を和らげます。

このような栄養素が含まれていることから、豆乳は生理前のダイエットにぴったりだといわれています。また、生理前にはPMS症候群として、体重の増加や便秘、むくみなどの身体的な症状と、イライラ感や無気力などの精神的症状が現れます。この時期に無理に運動しようとしたり食べるのを我慢したりしていても、思うような結果が出ず、更にストレスが溜まってしまいます。そのため、良質なたんぱく質を摂り、痩せやすい体質になるための準備をしておくようにしましょう。

では、どのようなタイミングで、どれくらいの量を飲むのが良いのでしょうか?

 

 

豆乳ダイエットの方法

 

豆乳を飲むタイミングと摂取量

 

夕食を摂ってから時間が経ったあとの朝食。空腹時の朝食にトーストや白米などを食べると、体は栄養を吸収しようと待ち構えているため、急激に血糖値が上がりやすくなります。「起きてから朝食前にコップ1杯の豆乳を飲む」ことで、食事をした時の血糖値の急上昇を抑制する働きがあり、食べ過ぎも予防します。昼食から夕食までに時間が空く方は、夕食の前に豆乳を飲むのも効果的です。

また、豆乳以外にも野菜の多い食事やよく噛んで食べることも、血糖値の急激な上昇を防ぎ、ダイエットにはとても大切です。

 

豆乳ダイエットに好ましい豆乳の種類

 

現在、豆乳には調整無調整だけでなく様々な味のものが出ていますが、調整豆乳や味付きのものには、砂糖や添加物が含まれるため、無調整豆乳がおすすめです。とは言っても、独特の臭みが苦手と感じる方もいらっしゃるかと思います。そんな方にもおすすめのレシピを紹介します。

 

 

苦手でも飲みやすい! 栄養士オススメの豆乳レシピ

 

特有の臭みのある無調整豆乳を、甘酸っぱい苺・自然な優しい甘みの甘酒とあわせることで、飲みやすくなっています。ジューサーがなくても簡単に作れます。

 

苺果肉入り甘酒豆乳

 

○材料

 

  • 2倍濃縮甘酒 50g
  • 豆乳     100ml
  • 苺      3粒(50gくらい)

 

○作り方

 

  1. ① オススメ 苺はヘタを取り、フォークなどでつぶします。
  2. ②  豆乳と甘酒をコップに入れよく混ぜ、「①」を加えます。

 

★レシピのポイント

 

  • 苺と合わせることで、豆乳では摂りにくいビタミンCや食物繊維を補います。
  • 発酵食品である甘酒は、飲みやすくするだけでなく、腸内環境を整えます。
  • 苺だけでなく、バナナやブルーベリーなど様々なアレンジもお楽しみいただけます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか? 痩せて美しくなった自分を想像すると、わくわくしませんか?  良質なたんぱく質・野菜の多い食事・よく噛んで食べる。このことを意識して、食事の量を減らすのではなく、豆乳ダイエットのような「質を変えるダイエット」に取り組んでみませんか? 

 

【記事監修】栄養士:池谷 遥

 

~豆乳関連のオススメ記事~

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る