春野菜ダイエット | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

春野菜ダイエット

暖かい日差し、そして日照時間が長くなり、いよいよ新しい芽が息吹く季節の到来です! さて、スーパーなどの野菜コーナーでは、春の旬野菜がたくさん並んでいます。衣替えの季節、冬の間にため込んでしまった脂肪やお肉を、春野菜のパワーでリセットしてみませんか?  今回は、管理栄養士のわたしがダイエットにオススメする栄養価たっぷりの春野菜をご紹介いたします。

ダイエットにおススメの春野菜とは

 

他の季節の旬野菜に比べて、春野菜には苦み成分である「植物性アルカロイド」をはじめ、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCが豊富に含まれています。

特に、この苦味成分は、腎臓のろ過機能を向上し、身体に溜まった二酸化炭素やアンモニアなどの老廃物を体外に排出してくれるデトックス効果が高く、また新陳代謝を促す効果もあります。

ダイエットにオススメの春野菜をいくつかご紹介します。

 

いちご

 

春を告げるフルーツともいわれています。

いちごはビタミンCがとても豊富で、みかんの約2倍とも!

そして食物繊維を多く含み、カロリーは低め。

美肌効果も高く、ダイエットにはとてもオススメな食材です。

食べるベストタイミングは朝!

いちごに含まれるビタミン・ミネラル・酵素の働きにより代謝がよくなり、老廃物の排泄を促してくれます。

 

キャベツ

 

新キャベツとも呼ばれます。葉の巻き方が緩やかで内部が黄緑色なのが特徴です。

葉はやわらかく、みずみずしいので生食に適しています。

キャベツはビタミンCが豊富で、大きめな葉っぱ2枚分で一日の必要摂取量をまかなうことができるほどの量を誇っています。

そしてキャベツ特有の成分がビタミンU。十二指腸潰瘍、胃潰瘍の予防から、傷ついた粘膜や肝臓の機能回復に良いとされています。

おまけに食物繊維を多く含み、便秘の改善や肥満予防などにとても効果的です。

 

グリーンピース

 

野菜には珍しく良質なたんぱく質と糖質を多く含み、(例えばリジンを含む胚芽米などの)必須アミノ酸と一緒に摂ることで、より栄養価を高めることができます。また、食物繊維の含有量が高いのが特徴です。特に不溶性食物繊維を多く含むので、腸の蠕動運動を促進し、便秘を改善する効果や、有害物質を体外に排出する効果が期待できます。

 

香菜

 

中国ではシャンツァイ、タイではパクチーと呼ばれています。

主に若い葉が利用されますが、独特の強い香りは整腸や胃を健康にする作用があります。

また食欲の増進や消化の促進のほか、体内の毒素を排出する効果もあります。

 

たけのこ

 

春を感じさせる代表的な野菜ですね。

生のたけのこが出回るのは3月末から5月初旬にかけてです。

ビタミン類は少ないのですが、カリウムやマンガンなどのミネラル類、食物繊維を多く含みます。また、うま味成分のアスパラギン酸は、スタミナ増強、代謝促進、疲労回復に貢献します。

 

春野菜を使ったレシピ

 

春野菜を使って、簡単に調理できるものをご紹介します。

 

〇春キャベツの即席漬け(2人分)

 

  • 春キャベツ・・・1/4個
  • きゅうり・・・1/2分
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 鰹節・・・1/2袋
  • すりごま・・・大さじ1.5
  • めんつゆ(三倍濃縮)・・・大さじ1/2
  1. 1.キャベツ・きゅうりは食べやすい大きさに切り、ビニールに入れてさらに塩を入れて軽くもみ、15分ほど置いて冷やす。
  2. 2.しんなりしたら、お皿に盛り、残りをかけて完成。

 

〇香菜入りレモンオイル

 

  • ドライパクチー 大さじ1
  • レモン汁 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • にんにくチューブ 1かけ分
  • 塩 2つまみ
  • こしょう 適宜

すべての材料を良く合わせ、冷ややっこやお刺身などにかけて、どうぞ召し上がれ♪

レモンのビタミンCやオリーブオイルのオレイン酸で健康的なレシピに。

まとめ

 

生野菜はビタミンや酵素を多く摂取することができますが、逆に摂りすぎてしまうと身体を冷やし、新陳代謝が鈍ってしまう恐れがあります。一方、温野菜は加熱するとかさが減る為、たくさん食べることができ、食物繊維も多く摂取できますが、加熱等でビタミンが流出したり、酵素が破壊されたりするなどの欠点があります。

生野菜の時は温かい食材と一緒に食べ、温野菜と生野菜を一緒に摂り入れることで体温が上がり、胃腸の働きを活発にすることができるので、代謝アップにもつながりいいことづくめです。

同じ野菜でも、旬の野菜は栄養価がぐんと高くなり、また流通も多くなって価格もお手頃になりますので、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。

 

【記事監修】管理栄養士:向井静香

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る