いまや現代病? ストレートネック予防対策 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

いまや現代病? ストレートネック予防対策

肩こり

 

加齢やストレスが原因の肩こりや首のこりを経験したことはありますか? これらの症状がなかなか改善されない場合、「ストレートネック」といわれる状態にあるかもしれません。そこで今回は、ストレートネックの特徴や対策について紹介します。

 

ストレートネックとは

 

ストレートネックとは、名前の通り「首の骨が真っすぐになっている状態」のことをいいます。

 

ここで、「首の骨が真っすぐであることはむしろ正常なのでは?」考える人もいるでしょう。首の骨である頸椎は、背骨と同じようにゆるやかなS字を描くのが正常な形です。ストレートネックそのものは医学用語ではありませんが、レントゲン写真を撮ると、首の骨が生理的なカーブを失って、真っすぐである様子を確認することができます。

 

ストレートネックが起こる原因

 

ストレートネックは生まれつき起こるものではなく、後天的に起こる症状です。

 

主な原因とされるのが、悪い姿勢が続くことです。たとえば、背筋が曲がっている猫背の状態では、頭部が前に突き出しやすく、首の骨に負担が強いられます。近年では、パソコンやスマートフォンの画面を長時間にわたり見る機会が増えており、ストレートネックは現代病のひとつといえるでしょう。

 

なお、もともと頸椎のカーブがゆるやかである人は、生活習慣に問題がない場合でもストレートネックと似たような症状を引き起こすこともあります。

 

肩こり

 

ストレートネックで起こる症状

 

ストレートネックになると、成人では6㎏ほどもある頭部の重さを分散できなくなるため、肩や首のこり、頭痛などが現れるようになります。また、症状によっては、吐き気やめまい、だるさを感じることもあり、症状が悪化すると腕のしびれが現れるようになります。

 

○治療は整形外科? それとも整体?

 

ストレートネックの治療を受けるときには、まずは整形外科で診断を受けることが大切です。整体では、レントゲンなどの検査を受けることができません。骨や神経の病気のなかには、頚椎症や頸椎椎間板ヘルニアなど、ストレートネックと似たような症状が現れるものもあるので、きちんと見分けることが必要です。

 

整形外科でストレートネックの診断がされた場合は、痛みに対する対症療法や生活指導を受けることができます。また、病院によっては、牽引療法や運動療法を行っているところもあります。

 

ストレートネックと診断されて、生活の改善を行ったのに症状がよくならない場合は、整体へ行くことも一つの選択肢です。整体では直接骨格へ手技療法を行っていきます。ただし、整体の治療内容は、診療家の技術に左右されやすいため、治療数が多いところを選ぶようにした方がよいでしょう。

 

肩こり

 

ストレートネック予防対策

 

ストレートネックを予防するためには、日頃から自分の姿勢に意識を向けたり、肩回りの筋肉をつけることがポイントになります。

 

■パソコン操作をするときの姿勢

 

パソコン操作をするときは、姿勢が真っすぐになるようにしましょう。パソコンを使うときの具体的なポイントは次のようになります。

 

  • 肘を90度に曲げて、キーボードに手が届くようにする。
  • ディスプレイは目線から40㎝離れるようにし、やや下方にくるようにする。
  • 足裏が床に着くようにする(つかない場合は、イスを調節したり、足に台を置くのでもOK)。

 

■スマホを使うときの姿勢

 

長時間画面を見続けると、無意識のうちに前傾姿勢になりやすいのがスマホです。スマホを見るときは、スマホを持った利き手の肘を曲げて、もう片方の手を利き手側の脇の下に入れるようにしましょう。こうすることで、自然に目線が上がるので、ストレートネックの予防になります。

 

■肩回りの筋肉の簡単エクササイズ

 

ストレートネックを改善させるのには、姿勢に気をつけるだけでなく、肩回りの筋肉を鍛えることも効果的です。長時間のデスクワークが続く場合は、ときどき休憩を取って、首や肩を回すなどの軽いストレッチ運動を行うようにしましょう。また、ふだんの正しい姿勢を保つために、日常生活の中で適度な運動を取り入れて、背中や肩の筋肉を鍛えるようにすることもおすすめです。

 

<肩甲骨周りの筋肉を鍛えるエクササイズ>

 

  1. ① 両肘と手をぴったり合わせて、肘が目線の高さに手の高さを合わせます。
  2. ② このまま5秒キープを10回行いましょう。
  3. ③ 今度は両腕を背中の後ろで伸ばしていきます。
  4. ④ 両腕を上下に動かすのを20回行って完了です。

 

肩のストレッチ

 

 まとめ

 

パソコンや携帯電話を操作する時間が長くなっている現代は、多くの人がストレートネックになるリスクを抱えています。一度ストレートネックになると、治療が難しく、日常生活にも影響を与えるものです。ストレートネックを予防するために、パソコンや携帯電話を使う時間を短くしたり、ふだんから姿勢に気をつけることが大切になります。

 

【執筆】看護師:原 明子

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る