お肌の調子も改善? 栄養たっぷりイチゴ(苺)のレシピ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

お肌の調子も改善? 栄養たっぷりイチゴ(苺)のレシピ

カテゴリー:

赤くて甘酸っぱいイチゴ。イチゴの旬は冬から春にかけてといわれています。イチゴには健康成分が豊富に含まれており、イチゴを食べることでおの調子の改善も期待できます。今回はイチゴの栄養がもたらす健康効果や、イチゴ農家の方から教えて頂いたレシピをご紹介いたします。

イチゴ(苺)の栄養でお肌の調子を改善!

 

イチゴの栄養成分

 

○ビタミンC
イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには皮膚や粘膜を丈夫にし、ストレスを緩和させる働きがあります。ストレスや喫煙によってビタミンCは大量に消費されます。また、体内で貯蔵しておくことができないため、毎日摂取する必要があります。意識してビタミンCを補いましょう。イチゴを5粒食べると、1日に必要な推奨量100gのビタミンCを摂取できます。

○クエン酸
疲労回復効果があります。カリウムを含み、ミネラルの吸収を促す作用を持ち、身体の調子を整える手助けとなります。

○カリウム
イチゴにはカリウムが多く含まれています。塩分のとり過ぎによるむくみを改善する栄養がカリウム。体内にある塩分をバランスよく排出してくれます。

○食物繊維
水溶性食物繊維のペクチンが多く含まれており、腸内環境を整え便秘の改善に役立ちます。

○アントシアニン
赤い色素のアントシアニンには、血糖値の上昇を抑制する作用や視力を改善する効果があります。

 

イチゴに含まれるビタミンCの効果

 

○美白作用
メラニン色素を産生する酵素の働きを抑えてシミを予防

○コラーゲン生成
弾力とハリの源であるコラーゲンの生成を促す

○抗酸化作用
細胞を傷つけて総合的な肌老化を招く活性酸素から肌を守る

  • コラーゲンを変性させない→たるみやシワの予防
  • メラニン色素を黒色化させない→シミ予防

○風邪予防効果
強い抗酸化作用があり、活性酸素を消去し、ウイルスに対する免疫力を高めます。風邪や病気にかかりにくくするために積極的に食べたいですね。

美味しいイチゴの選び方3つのポイント

  • 果実は真っ赤でツヤがある
  • ヘタがそり返っていると食べごろのサイン
  • 全体的に白っぽいものは避ける

栄養素を逃さない洗い方は、ヘタをつけた状態でやさしく水洗いをします。ビタミンCは水に流れやすい性質を持っているため、ヘタをとってから洗うとビタミンCが流れてしまい、更に味も落ちてしまいます。

 

イチゴの保存方法

日持ちはしないため、早く食べきりましょう。残ったらヘタは取らずに、ヘタを下に向け果実のとがったところを上向きに置きます。イチゴを何段にも重ねて置くとつぶれるため重ねません。ラップに包んで冷蔵庫で保存し、1~2日で食べきるのが理想です。

イチゴを使ったレシピ

 

●イチゴと豆乳のヘルシージュース(1人分)
  • イチゴ・・・5粒
  • バナナ・・・1/2本
  • 豆 乳・・・100~150㎖
(作り方)
  1. ①イチゴは水洗いをして、ヘタをとり半分に切る
  2. ②バナナは皮をむき、輪切りにする
  3. ③ミキサーに豆乳とイチゴ、バナナを入れて回す

○ポイント

豆乳に含まれるイソフラボンは、更年期障害や骨粗鬆症を防ぐ効果があります。さらに女性の肌の美白作用、保湿性の向上などの美容効果も期待できます。イチゴとバナナのビタミン・ミネラルが、豆乳のたんぱく質の吸収を助けてくれるため、相性のよい飲み物と言えます。リンゴやにんじん等、好みの果物・野菜を加えて楽しんでみるのも良いでしょう。

 

●イチゴ農家直伝!イチゴサンド(1人分)
  • 8枚切り食パン・・・2枚
  • イチゴ・・・好きなだけ
  • 生クリーム(ホイップしたもの)・・・適量
(作り方)
  1. ①イチゴを水洗いしてヘタをとり、キッチンペーパーで水けをとる
  2. ②イチゴはスライスしておく
  3. ③食パンの耳を落として、2枚ともにホイップした生クリームを塗る
  4. ④スライスした②のイチゴを③の食パンの1枚だけにのせる
  5. ⑤イチゴをのせた食パンと、生クリームをのせた食パンを重ねる
  6. ⑥食べやすい大きさに切る

○ポイント
イチゴの甘酸っぱさが生クリームの甘さを引き立ててくれる美味しいサンド。キウイやバナナなども一緒にサンドすると鮮やかになりますよ。

●桜色のふわふわムース(4人分)
  • イチゴ・・・1パック(300g)
  • 生クリーム・・・400㎖
  • ゼラチン・・・5g
  • キビ砂糖・・・40g
  • 水・・・大さじ2
(作り方)
  1. ①ゼラチンを水大さじ2でふやかしたら、レンジで20秒ほど温めて溶かす
  2. ②イチゴ、生クリーム、キビ砂糖をミキサーにかけ、なめらかにする
  3. ③次に②を鍋に移して火にかけ、沸騰させずに①のゼラチンを加え、冷蔵庫で冷やし固める

○ポイント
数個イチゴを飾り用に残しておき、固まってからのせると可愛らしく見えます。ゼラチンは沸騰させないのがポイント。沸騰させると固まりにくくなります。ゼラチンはコラーゲンが豊富で美しい肌を作るために必要です。意識してお料理からも摂取できるといいですね。

まとめ

 

イチゴに含まれるビタミンCには、お肌の調子を改善する健康効果がたくさん含まれています。子供からお年寄りまで男女問わず、皆さんに愛される人気のイチゴ。旬の時期が一番栄養価の高く、手軽においしく食べていただきたい食材です。まさに、一石二鳥、イチゴを味わいながら美肌効果や風邪予防にも期待しましょう。

 

【記事監修】管理栄養士:浦西 小百合

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る