ストレスと免疫系の関係 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ストレスと免疫系の関係

カテゴリー:

過去には精神と身体の健康の関係を懐疑的に疑った現代薬学も、現在では心と体の健康の緊密なつながりに大きな注目を置いています。現在では胃の不調やじんましん、そして心臓病などの様々な種類の疫病が、精神的なストレスに影響されることが明らかにされています。ストレス免疫系の関係については多くの研究が行われていますが、免疫学において免疫ストレス関係は研究対象として大きく注目されてないと言えます。

ストレスと免疫系の関係

ストレスと免疫の関係を証明する難点

ストレス免疫系の関係を研究することは大変難しく、その理由の一つとしてストレスを定義することが難しいという点が有ります。ある人にとっては大変ストレスを感じる事柄も、他の人は全くストレスを感じないことがあります。人がストレスを感じる状況に直面した際でも、その人自身もどれほどのストレスを実際に感じているのか計り知ることができません。そのため、そのストレスに対する主観的印象が正確なものであるか、研究者が知ることは大変難しいと言えます。

ですから、研究者がストレスの度合いを知るためには、例えば1分間の心拍数などストレスを反映する物のみからでしか推測が出来ません。しかし、この様な健康状態などは、その他の要因に影響されている可能性があることを認識する必要が有ります。

長期的なストレス

ストレスと免疫系の関係については、多くの科学者により研究が行われていますが、短期的、突発的なストレスよりも、慢性ストレスと呼ばれる断続的、頻繁に生じるストレス要因についてを研究する傾向にあります。慢性ストレスの原因としては、家族、友達、同僚との人間関係や、優れた功績を仕事で出すための長期的な負担などが例であります。科学者の中には、現在進行形で感じているストレスが、免疫系に大きな被害をもたらすかどうかについて調査をする者もいます。

対照実験の難しさ

しかし、人体において”対照実験”を行うことは大変難しいといえます。

対照実験では、科学者は特定の化学物質の量を変更するなど、要素を1つだけ変えることで、特定の免疫系細胞がその化学物質に接触することで生成する抗体の量の変化など、その要因に変化を加えることで生じた現象を測定します。生きている生物、特に人間の場合、要素の変更だけでなく、測定時にはその他の変化が生じることがあるため、この様な実験は不可能に近いといえます。

ストレスと免疫系の関係を測定するにはこの様に難点があるにもかかわらず、科学者は異なる動物や人間を被験者とし幾度と繰り返し実験を行い、同じ様な結果が何回か出た時に、その結果が合理的な結果であると望んで結論とします。

まとめ

私たちの心と体には大きな繋がりがあるとされています。免疫機能を守り、消化器官として大きな役割を持つ腸には、脳とコミュニケーションをとる機能があり、脳が感じたストレスが直接的に腸に伝達されるため、ストレスを感じるとお腹の調子が悪くなるなどの症状が生じます。免疫を高めるという点においても、ストレスはとても危険な存在であるそうです。しかし、免疫系は様々な組織などが複雑に関係しているために、免疫の向上に関してはまだ明らかにされていない部分も多くあります。

How to boost your immune system


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。