脳卒中は早期発見と適切な対策がポイント | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

脳卒中は早期発見と適切な対策がポイント

カテゴリー:

脳卒中

寝たきりの原因1位の脳卒中。生死や症状の大小を左右するといわれる早期発見対策のポイントは何でしょうか。脳卒中の原因や予防法、実際のケースとあわせてみていきましょう。

脳卒中とは

脳卒中とは、脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の血管が破れる「脳出血」と「くも膜下出血」を総称したものです。

脳卒中の種類と原因

●脳梗塞 3種類

【ラクナ梗塞】

脳の細い血管が狭くなり、詰まって起こる脳梗塞。主な原因は高血圧。

【アテローム血栓性脳梗塞】

動脈硬化によって狭くなった脳の太い血管に血栓ができ、それが詰まって起こる脳梗塞。主な原因は高血圧、高脂血症、糖尿病といった生活習慣病。

【心原性脳塞栓症】

心臓にできた血栓が血流によって脳に運ばれ、脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞。心臓に血栓ができる主な原因は不整脈の一つである心房細動や心筋梗塞、心筋症、リウマチ性心臓病。

●脳出血

主な原因は高血圧。高血圧が続くことで脳の細い血管に絶えず高い圧力がかかり、脆くなった血管が破れて起こる。

●くも膜下出血

脳の太い血管にできた動脈瘤というコブが破れて、「くも膜下腔」という脳を包んでいるくも膜と脳の隙間に出血を起こす。主な原因は先天性動脈瘤だが、高血圧により大きくなると言われている。

脳卒中の前兆「早期発見ポイント」

脳卒中は、以下のような一過性の発作症状を呈することが多くあります。たとえ軽い症状だったとしても、早急に病院へ行って診断を受けましょう。

●脳卒中・脳出血の場合

  • 身体・・・片方の手足や顔半分にマヒやしびれ
  • 言葉・・・言葉が出ない、他人の言う言葉が理解不能、ロレツが回らない
  • 目・・・視野の半分が欠けて見えない、片方の目が見えない、物が2つに見える
  • 運動・・・立てない、歩けない、フラつく

●くも膜下出血の場合

突然の猛烈な頭痛、吐き気、嘔吐、意識がなくなる(脳出血もこれらの症状が出ることがある。)

脳卒中を発症したときの対処法

脳卒中は「時間との闘い」であり、「適切な処置」が重要と言われます。適切な対処が、救命、症状の拡大防止、後遺症が残る場合には小さく抑える事につながります。

すぐ救急車を呼ぶ

自分や周囲の人が脳卒中を疑う発作症状を起こした場合は、すぐに救急車を呼びます。救急であること、発症者の現在地、性別、年齢、症状を伝えます。

寝かせる

  • 歩くことで脳の血流量が減少し悪化させる可能性があるため、静かに寝かせる。
  • 気道を確保して寝かせる。嘔吐がある場合には詰まらないように麻痺側を上にして横向きに寝かせ、気道を確保する。
  • ネクタイやベルトを外して襟元やウエストを緩める。メガネや腕時計、入れ歯なども外す。

脳卒中

実際に脳卒中を発症した方の例

【ケース1】

夫婦でうどんを食べていた時の事。妻の口の右端から、うどんが出ていることに気づいた夫がすぐに救急車を呼び、病院へ。脳卒中の前兆である、一過性脳虚血発作で済みました。女性は糖尿病患者でした。

【ケース2】

男性は朝眼覚めていつものようにトイレを済ませた後に歩けない、立てないという症状に。妻は車で20分程の所に暮らす子供を呼ぼうとしましたが、夫は子に迷惑をかけたくないと言い、そのまま半日ほどが過ぎました。半日経って連絡をもらった子供が駆け付けて救急車を呼び、病院で脳梗塞の診断を受けました。入院とリハビリをしましたが右半身マヒの後遺症が残りました。男性は高血圧症患者でした。

【ケース3】

ある朝、自営業を営む男性は布団から出てきませんでした。妻は休ませようと思い、夕方まで寝かしておきました。その後、身体が思うように動かないということが分かり、夫婦で身支度をしてタクシーでかかりつけの町医者へ。専門医のいる病院を紹介してもらい、すぐに移動。脳梗塞の診断を受けました。入院とリハビリをしましたが右手足に後遺症が残りました。男性は高血圧症患者でした。 脳卒中 以上は、筆者の回りで脳卒中を発症した人々の例ですが、どのケースも患者と家族が言うことは共通しており、「発症後いかに適切な対処ができるか、いかに早く専門医の診断を受けるかが重要」ということでした。また、脳卒中患者3人の共通点は生活習慣病患者だったことです。

脳卒中の予防

  • 高血圧、糖尿病、高脂血症、不整脈に気を付ける。既に患っている場合は治療を続ける。
  • 脳卒中を起こしやすい次の習慣を見直す。塩分、糖分、脂肪の摂り過ぎ、食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ、喫煙習慣、運動不足
  • 脳卒中のきっかけになる次の習慣を見直す。適度な水分補給をしない、寝不足、過労、熱い風呂に入る、長風呂をする

 

まとめ

高齢者の増加、生活習慣病の増加によって、脳卒中は2020年には300万人を超すと予想されています。まず大切なのは予防、そして前兆を見逃さないことです。発症してしまった場合には、適切な対処、即救急車、即専門医が鍵になります。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る