無理なダイエットは危険? 脂肪肝の原因に? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

無理なダイエットは危険? 脂肪肝の原因に?

カテゴリー:

ダイエット

 

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が必要以上に溜まる病気です。主な原因は、脂質・糖質の摂り過ぎや、アルコールによるものですが、なんと無理なダイエットによる栄養不足も脂肪肝の原因になることが明らかになってきました。その為、脂肪肝とは無縁に見える痩せている人や、若い女性にも脂肪肝が増えてきています。栄養過多・栄養不足、どちらの状態でも発症の可能性がある脂肪肝。ここでは、ダイエットと脂肪肝の関係を中心に解説していきます。

 

脂肪肝とは

 

体内に入ってきた脂肪や糖質などは、小腸から吸収されて全身に運ばれ、エネルギー源として利用されます。そして余った分は、肝臓で中性脂肪に合成され蓄えられます。中性脂肪が使われずに溜まり続け、肝臓の30%以上蓄積された場合、脂肪肝と診断されます。

 

主な脂肪肝の原因

 

脂肪肝の原因には次のようなものがあります。

 

  • 食べ過ぎや運動不足による肥満
  • アルコールの摂り過ぎ
  • 無理な食事制限によるダイエット

 

脂肪肝は放置すると、脂質異常症を発症しやすく、動脈硬化が進行したり、インスリン抵抗性(インスリンが効きにくくなる状態)が起こり、糖尿病を発症したりします。また、更に進行し、肝炎や肝硬変を発症する人もいます。

 

最近では、アルコール以外が原因でおこる脂肪肝から発症する「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」が問題視されています。今までアルコールによる脂肪肝が重症化すると考えられてきましたが、アルコールを飲まない人でも重症化するケースが増加しているからです。NASHを発症すると、肝臓組織が線維化し、約2割が肝硬変、肝臓がんに進行する可能性があり、注意が喚起されています。

 

無理なダイエットが脂肪肝の原因になる理由

 

食べ過ぎで脂肪肝になるのは分かりますが、なぜダイエットでも脂肪肝になるのでしょうか?

 

適度なダイエットでは、エネルギー不足になると脂肪組織は脂肪酸を放出し、肝細胞のミトコンドリアでエネルギーに変換され消費される為、ダイエット効果に繋がります。しかし、無理なダイエットを続けていると、細胞のミトコンドリアの機能に障害が起こり、運ばれてきた脂肪酸はエネルギー変換できず、中性脂肪となり肝臓内に蓄積していきます。また、体内は飢餓状態である為、体は消費エネルギーを減らし、効率よくエネルギーを蓄えようと、肝臓に中性脂肪を溜めこむように働きます。更に、無理なダイエットでは、栄養バランスが崩れタンパク質が欠乏しています。肝臓に蓄積された中性脂肪は、血液に溶けやすいよう「アポタンパク」というタンパク質と結合し血液中に送り出されますが、タンパク質不足では血液中に放出できず、肝臓内に留まることになります。

 

このように極端な食事制限や偏った食事による無理なダイエットは、体に飢餓に対する防御機能を発令させ、想像以上の変化をもたらします。その為、栄養不足にも関わらず、肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝を引き起こすのです。

 

自覚症状はあるのか

 

脂肪肝は、初期では自覚症状がありません。 肝臓の機能が低下すると、疲労感や肩こり、腹部の不快感などが生じることもあります。知らず知らず肝炎や肝硬変に進行している場合もある為、注意が必要です。

 

 

脂肪肝を改善する方法 

 

●食べ過ぎや飲み過ぎによる脂肪肝

 

緩やかな減量(1ヶ月で0.5~1.0㎏)で適正体重に戻し、アルコールを制限することが改善に繋がります。

 

<ポイント>

  • 標準体重を目指す:標準体重=身長(m)²×22
  • 摂取カロリーを減らす:標準体重×25~35kcal(活動量低い人=25kcal~高い人=35kcal)
  • 糖質、脂肪を控えめにする
  • 良質なタンパク質を多めに摂る
  • 野菜、海藻などをたっぷり摂る
  • 禁酒または節酒する
  • 1日30分の有酸素運動をする
  • 1日6時間以上の睡眠をとる

 

●ダイエットが原因の脂肪肝

 

ダイエット方法や食事内容、食生活を見直しましょう。

 

<ポイント>

  • 極端な糖質制限、野菜のみなどの単品ダイエットは止める
  • 1日3食、規則正しく摂る
  • 三大栄養素をバランスよく摂取する(糖質50-60%/タンパク質20%/脂質20-25%)
  • 良質なタンパク質を多めに摂る
  • ストレスを溜めない

 

 

まとめ

 

脂肪肝は、進行すると肝炎、肝硬変、肝がんを発症する可能性のある看過できない病気です。最近は、無理なダイエットによる低栄養性脂肪肝(ダイエット脂肪肝)も増加してきています。現代は「スリム=美」という認識が強く、特に若い女性を中心にヤセ願望が蔓延し、ダイエット人気は衰えを知りません。糖質制限食や単品ダイエットが注目される昨今ですが、自己流で行うダイエットは低栄養による脂肪肝を始め、貧血、月経不順など、さまざまな健康問題を引き起こします。体重は多すぎても少なすぎても脂肪肝につながります。自分の適正体重を知り、バランスの良い食事、適度な運動を心がけ、脂肪肝を予防、改善していきましょう。

 

【執筆】看護師:R.shimamura

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る