紫外線アレルギーとは? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

紫外線アレルギーとは?

カテゴリー:

太陽

 

紫外線の強くなってくるからのシーズンは紫外線という言葉に敏感になってくる方も多いと思います。今回はそんな紫外線にまつわるお話、紫外線アレルギーについてです。

 

紫外線アレルギーとは

 

紫外線アレルギーは、「日光アレルギー」「光線過敏症」とも呼ばれ、日光によって引き起される免疫系の異常反応(アレルギー)のことです。

 

どんな症状?

 

紫外線アレルギーによって発生する症状は以下の通り、免疫による炎症反応が中心です。

 

  • 赤みや腫れ……皮膚が赤くなり、腫れるような症状です。
  • 痒み……程度はさまざまですが、耐えられないほどのかゆみに襲われることもあります。
  • 蕁麻疹……日光に当たった部分が赤くなり、みみず腫れのようになることもあります。
  • 湿疹……皮膚表面に起こる炎症のような症状で数日間続くことがあります。
  • 目の充血・痒み……目に症状が表れる場合もあります。

 

かゆみ

 

なぜ発症する?

 

発症の原因はよく分かっていない部分も多いのですが、光を浴びることが発症の鍵となっています。以下の2パターンが考えられます。

 

  • 光を浴びることで皮膚にアレルギーの原因となる物質が生成される。
  • もともとの持病が光を浴びることで悪化する。

 

いつ発症する?

 

花粉症のように個人差がありますので、一概にいつ発症するのか言うことができません。これまでに強い光を浴びてきた累積の量などが影響します。

 

さらに、光を浴びることに加えて以下の要素が複雑に絡み合って発症すると考えられます。

 

  • 年齢……小児・青年・中高年で生じやすい症状が異なります。
  • 体質……免疫の強さ等、遺伝的な体質。
  • 生活習慣……食生活、睡眠時間、ストレスの多さなど。

 

プール

 

紫外線アレルギーの対策について

 

■日頃の生活

 

上記でもお話ししたように、紫外線アレルギーの原因の特定は難しく、原因を取り除くことは容易ではありません。

 

よって、日中の外出を控えたり、日焼け止めを塗ったりなど、光を浴びないようにすることが効果的であると言われています。その他、睡眠をしっかりとる、野菜を食事で沢山とるなど生活習慣の改善も可能でしたら併せて行ってください。

 

■抗アレルギー薬

 

また、抗アレルギー薬の使用も対策として考えられますが、薬自体が紫外線アレルギーの原因となることがありますので注意が必要です。

 

例えばケトプロフェンを含む湿布剤が有名ですが、シップを貼った箇所に光を当てると光線過敏症の副作用が生じることがあります。このように薬の成分が光を浴びることでアレルギーの原因物質に変化する可能性もあるのです。

 

よって、もし紫外線アレルギーの発症時期と何かの薬の使用開始時期が重なるようであれば、薬が原因である可能性を疑い、お医者さんに相談してみるのも良いかもしれません。

 

■検査で分かる?

 

皮膚科やアレルギー科などの診療科のある病院におけるアレルギーテストで紫外線アレルギーかどうか検査をすることができます。花粉や食べ物などアレルゲンを調べる検査のように、実際に光を肌に照射して反応をみる検査方法です。

 

もし、アレルギーであると診断されれば保険が適用されます。紫外線アレルギーであると分かれば治療方針も決まり、薬などを使用した治療へと移行することとなります。

 

ただし、薬を使用したとしても症状を抑える対症療法に過ぎませんので、なるべく日光を避けることがやはり重要となってきます。

 

溶連菌

 

  まとめ

 

紫外線アレルギーは日光を浴びることによって発症するアレルギーの一種です。日光及びその他の何らかの原因で発症する病気です。病院のアレルギー検査によって、実際に紫外線アレルギーかどうか、さらには原因が何かの特定が可能になります。

 

原因が分かれば、治療方針や予防策も立てやすくなりますが、まず日光を浴びることをなるべく避けることが症状の悪化を防ぐために重要ですので、日焼け止めの使用などを心がけることが大事です。

 

 

【執筆】薬剤師:Y.FUKUDA

 

~関連記事のご紹介~

 

「春夏は特に注意、日光蕁麻疹の原因や症状」

紫外線だけでなく、可視光線によって起こる「日光蕁麻疹」について解説。

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る