春夏は特に注意、日光蕁麻疹の原因や症状 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

春夏は特に注意、日光蕁麻疹の原因や症状

カテゴリー:

かゆみ

日差しが強く感じる季節になりました。皆さんは、春夏に注意が必要な日光蕁麻疹をご存知ですか? 今回は、日光蕁麻疹の原因や、引き起こされる症状についてお話します。

光線過敏症と日光蕁麻疹

 

光線過敏症とは、健康な人には影響がないような光にあたることで皮膚に異常が出る疾患で、アレルギー性や遺伝性、原因不明なものを含め多くの種類があります。それぞれ原因や症状が異なり、また、完全にはメカニズムがわかっていないこともあるようです。日光蕁麻疹は、光にあたることで皮膚にアレルギー症状が現れる疾患で、光過敏症の一種です。

 

日光蕁麻疹の原因 

 

日光にアレルギーのある人は、光にあたると体内でヒスタミンが分泌されます。ヒスタミンとは、白血球の一種である肥満細胞(=マスト細胞)などから産生され、普段は細胞内にあるものです。しかし、IgE抗体(肥満細胞の近くにあるタンパク質で、免疫グロブリンともいわれる)に抗原(この場合は日光)が結合することで細胞外に放出されます。ヒスタミンには、血管の浸透圧亢進、血管拡張などの作用があり、これにより、血管内の水分が血管外に染みだし、皮膚が赤く腫れたりする蕁麻疹が引き起こされます。また、痒みを引き起こす作用もあります。

日光蕁麻疹の主な原因は、可視光線で紫外線ではないため、日焼け止めでは予防できません

ちなみに可視光線とは、光のうち目に見える光線を示し、同じ光線でも紫外線や赤外線など目に見えないものは、不可視光線に分類されます。屋内の照明の光は可視光線であるため、日光蕁麻疹は屋内で発生することもあります。

 

日光

 

日光蕁麻疹の症状

 

皮膚が赤くなって腫れたり、ミミズ腫れやボツボツを伴う発疹ができたりして、痒みを伴います。

日光にあたると、おおよそ15分以内と症状がすぐに現れることが特徴で、日光を避けると2時間以内、概ね1時間以内に蕁麻疹は消失します。蕁麻疹は、日光にあたった場所のみに出現します。まれに重症化すると、吐き気・頭痛・腹痛などの体調不良を引き起こすこともあります。

 

日光蕁麻疹の対策

 

まずは日光を避けることです。前述の通り、主な原因である可視光線は日焼け止めでは予防できないため、長袖長ズボンなどを着用し、プールなどでも肌の露出を避けたり、暗い日陰に行ったりするなど、光を避けることが重要です。日差しの強い時間の外出を避けるなど、通常の日焼け対策とも似ていますね。屋内の場合は少しでも暗いところへ移動すると良いでしょう。痒みに対しては、掻き過ぎると皮膚を傷つけてしまうので、濡れタオルやアイスノンで冷やしたりすることでやわらげるとよいでしょう。ひどい時や判断に迷う時は、医療機関を受診しましょう。

 

日光蕁麻疹の治療法

 

治療を始める場合は病院を受診し、本当に日光蕁麻疹であるか診断してもらう必要があります。

日光蕁麻疹と似ている疾患として「多形日光疹」というものもあります。

万一、多形日光疹だった場合は原因が紫外線となり、日焼け止めも有効で治療法も異なります。自己判断せずに皮膚科専門医に相談することが大切です。

日光蕁麻疹の場合、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を処方してもらい、症状を抑えることもできますが限界があります。最近では、入院のうえ、積極的に光線を当てて耐性を作り、アレルギー反応を起きにくくする減感作療法という治療を行うこともできます。

 

かゆみ

 

まとめ

 

  • 日光により皮膚に異常がでる疾患は多くあり、日光蕁麻疹もそのうちの一つである。
  • 日光蕁麻疹の主な原因は可視光線で、日焼け止めは有効でないことが多い。
  • 日光蕁麻疹の症状は短時間で出て、光に当たらないとすぐに消失する。
  • 日光蕁麻疹の対策はまずは光を避けることだが、薬物治療や入院治療もある。

 

今回は、日光蕁麻疹についてお話しました。日光蕁麻疹の似た疾患として多形日光疹というものがあり、原因も治療法も違うので、判断に迷った時は専門医を受診しましょう。

 

【記事監修】看護師:渡辺 ひとみ

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る