短期間の急激なダイエットは危険!?あなたは短期間ダイエット派?サプリメントで健康的なダイエット派?③ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

短期間の急激なダイエットは危険!?あなたは短期間ダイエット派?サプリメントで健康的なダイエット派?③

カテゴリー:

ダイエット

最近は、できるだけ早く痩せたいために断食や単食などの短期間のうちに急激に減量をする過激なダイエット方法が流行っています。しかし、専門家らにいわせると、やはりこのようなダイエット方法には危険がつきまとい、健康面でのデメリットがいくつか指摘されます。今回は、短期間急激ダイエット危険なのかということについてお話します。

短期間の急激なダイエットは危険!?あなたは短期間ダイエット派?サプリメントで健康的なダイエット派?③

急速な減量のための過度なカロリー制限は、必要なエネルギーや栄養素不足を招きます。急速な減量食が数週間続く場合、多くの健康上の問題が生じる可能性があります。

体重を減らすことと脂肪を失うことは必ずしも同じではありません。カロリー制限で体重を落とした場合、最初に落ちるのは筋肉と水分です。これは一定量以下まで減少すると、むしろ負の影響が出やすくなります。

短期間で急激な減量をすると、次のような健康リスクが考えられます。

冷え性や太りにくい体になる

Vink et al. (2016) の研究で、1つのグループ(25人)には、1日500カロリーの低カロリー食を5週間続けてもらい、もう1つのグループ(22人)には、1日1250カロリーの低カロリー食を12週間続けてもらいました。その結果、両方のグループとも体重の減少はありましたが、500カロリーの低カロリー食を食べた人は、1250カロリーの低カロリー食を食べた人に比べて6倍以上の筋肉を失っていることがわかりました。この筋肉の危険な減少は、体にとって必要な筋肉を喪失させることに繋がります。筋肉は、脂肪を燃やし、体を保温する役割がありますので、減少しすぎると太りにくい体となり、冷え性や風邪をひきやすくなります。

新陳代謝の低下

急激に減量すると、新陳代謝が悪くなることもあります。新陳代謝が低下すると、1日の基礎代謝量が減りカロリー消費が少なくなります。そのため、痩せにくく、少し食べただけで太りやすい体となります。

新陳代謝が悪くなるもう一つの原因は、体重が急激に減少したことで甲状腺ホルモンが失われるからです。甲状腺ホルモンには、新陳代謝を促進する働きがあるので、減量で体に必要な甲状腺ホルモンが減少すると、新陳代謝が悪くなり、老廃物を溜め込みやすい体となります。

栄養不足

過度なカロリー制限は、栄養不足も招きかねません。特にダイエットをしている時に不足しやすいのは、鉄、葉酸、ビタミンB12です。これらが不足すると、次のような健康被害があります。

脱毛:カロリーが少なすぎると、髪の成長に必要な栄養素が十分に得られず、育毛が阻害され脱毛の原因となります。

慢性疲労:常に体が疲れている、元気が出ないという状態になります。疲労から貧血などが起こることもあります。

免疫機能の低下:十分なカロリーや栄養素が摂られないと、免疫機能が低下して、感染やさまざまな疾患のリスクが増します。

骨が脆くなる:食事中のビタミンD、カルシウム、リンが不足すると骨が脆くなり、将来の骨粗鬆症予備軍となります。若い時に急激なダイエット経験がある人は、年を取ってから骨粗鬆症になりやすいともいわれています。

胆石

急激な体重減少で胆石のリスクも増します。胆石は、胆嚢内に溜まった老廃物が硬化して詰まった状態です。急激な体重減少の副作用でこれが起こる可能性があります。通常、胆嚢は消化液を分解して消化液を放出していますが、食べ物の摂取が極端に少なくなると、胆嚢が消化液を放出できなくなります。消化液の分泌が滞ると、老廃物が体外に排出されにくくなり、胆石が形成されやすくなります。胆石は、激しい痛みや消化不良を引き起こす可能性がある注意が必要な症状です。

それ以外の症状

それ以外にも、ストレス、不眠、苛立ち、冷え性、痙攣、ふらつき・めまい、便秘、脱水症状なども起こることがあります。

まとめ

このように急激な体重減少にはいくつかのリスクがあります。そのため、健康的にダイエットを行うなら、やはりサプリメントを用いたダイエット方法が有効です。

サプリメント

引用文献

Roel G. Vink, Nadia J. T. Roumans, Laura A. J. Arkenbosch, Edwin C. M. Mariman, Marleen A. van Baak. (2016). The effect of rate of weight loss on long-term weight regain in adults with overweight and obesity. Obesity. 24(2). 321–327.


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。