子宮内膜症に良い栄養素やサプリメント① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子宮内膜症に良い栄養素やサプリメント①

カテゴリー:

子宮内膜症

子宮内膜症は、最近女性の間で増えている病気です。そのため、40歳以上になると2年に1度の子宮癌健診などが呼びかけられています。検査だけではなく食事でも予防、対策していくことができます。今回は子宮内膜症良い栄養素サプリメントについてお話します。

子宮内膜症に良い栄養素やサプリメント①

子宮内膜症は、10人に1人の女性が罹るともいわれる女性に多い病気です。子宮内膜の細胞が子宮外の組織や器官に広がることで、その部分に腫瘍ができ体に異変が生じます。多くの場合は、卵巣、腸、卵管などに広がります。ほとんどは良性の腫瘍で摘出にはいたらないのですが、重度になると激しい痛みや、出血が伴います。それが原因で生殖機能が低下して、不妊になることもあります。近年では、若い女性の間でも増加しているので、定期的な検査が求められています。

子宮内膜症の症状は、下痢や排便痛、腹痛、腹部の膨張感、重い生理痛、生理時の経血の増加、排尿時の痛み、腰痛、骨盤部分の歪み、不妊などです。

子宮内膜症と不妊

最近懸念されているのが、子宮内膜症による不妊です。子宮内膜の組織は、卵巣、腹部、腸に囲まれていて、子宮の外側の部分に存在しています。生殖機能があり、これが子宮外の器官の組織と付着すると、激しい痛みや重い生理痛、多量の経血、性交時の痛みが伴うようになります。それが不妊につながることが多く、これから妊娠、出産の可能性のある若い女性には特に注意が必要だといわれています。

予防や対策で大切なのは、一つは定期検診ですが、もう一つは食事対策です。食事で子宮内膜症に良い栄養素やサプリメントを摂ることがとても重要です。

オメガ3脂肪の摂取

オメガ3脂肪は、抗炎症性効果のある良質の脂肪酸で、動物、植物などから摂ることができます。オメガ3脂肪は、体の炎症や痛みを発生させる分子の生成を抑制するのに有効です。子宮内膜症は、下腹部や腰回りなどの痛みや炎症を伴うので、オメガ3が大変有効となります。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の割合は、オメガ3脂肪酸が多いのが有効だとされています。Attaman et al. (2014) やNetsu et al. (2008) の試験管実験でオメガ3脂肪酸の比率を上げることが、子宮内膜細胞の拡散を予防するのによいとわかりました。それ以外にもいくつかの研究で、オメガ3脂肪が子宮内膜細胞の移植を妨げる効果があることが明らかになっています。

Missmer et al. (2010) の研究では、女性の普段の食生活について調査し、オメガ3脂肪を含む食品を多く摂っている人ほど、子宮内膜症を発症している人が少なく、最も多く摂っているグループは発症率が22%も低くなることもわかりました。

Hansen and Knudsen (2013) の研究では、被験者の女性にオメガ3脂肪を含む魚油サプリメントを摂ってもらったところ、月経の乱れや痛みが有意に低下したという結果も出ています。

まとめ

オメガ3脂肪は抗炎症効果があるので、子宮内膜症の痛みを軽減するのに役立つことがいくつかの研究で示されています。子宮内膜症のリスクを低下し、症状を緩和させるために積極的に食事やサプリメントで補うようにしていきましょう。

引用文献

Attaman, J. A., Stanic, A. K., Kim, M., Lynch, M. P., Rueda, B. R., & Styer, A. K. (2014). The Anti‐Inflammatory Impact of Omega‐3 Polyunsaturated Fatty Acids During the Establishment of Endometriosis‐Like Lesions. American Journal of Reproductive Immunology, 72(4), 392-402.

Netsu, S., Konno, R., Odagiri, K., Soma, M., Fujiwara, H., & Suzuki, M. (2008). Oral eicosapentaenoic acid supplementation as possible therapy for endometriosis. Fertility and sterility, 90(4), 1496-1502.

Missmer, S. A., Chavarro, J. E., Malspeis, S., Bertone-Johnson, E. R., Hornstein, M. D., Spiegelman, D., … & Hankinson, S. E. (2010). A prospective study of dietary fat consumption and endometriosis risk. Human Reproduction, 25(6), 1528-1535.

Hansen, S. O., & Knudsen, U. B. (2013). Endometriosis, dysmenorrhoea and diet. European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology, 169(2), 162-171.

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。