子宮内膜症に良い栄養素やサプリメント③ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子宮内膜症に良い栄養素やサプリメント③

カテゴリー:

子宮内膜症

子宮内膜症は、最近若い女性の間にも増えています。生理時の多量の経血や激しい痛みは、子宮内膜症のサインかもしれません。放置すると不妊や生殖機能の低下が懸念されるので、早めの対策が必要とされています。今回は、子宮内膜症良い栄養素サプリメントについてご紹介します。

子宮内膜症に良い栄養素やサプリメント③

グルテンフリーダイエットも有効

最近、小麦や大麦などに含まれるグルテンにアレルギーを持つ人が増えたので、グルテンフリーダイエットが注目されています。グルテンは、セリアック病やアレルギー抗体がある人には体に害をおよぼす恐れがあるので、できるだけ摂取を控えたほうがよいとされています。グルテンフリーダイエットは、小麦や大麦などに含まれるタンパク質の主成分であるグルテンを取り除いた食事法です。実はこのグルテンフリーダイエットが子宮内膜症にもよいということが最近わかってきました。

Marziali et al. (2012) の研究では、重度の痛みをともなう子宮内膜症の患者207人に、グルテンフリーダイエットを12ヶ月摂ってもらったところ、75%の人に痛みの緩和がみられました。

Marziali and Capozzolo (2015) の研究でも300人の子宮内膜症患者を、2つのグループにわけ、1つのグループにはグルテンフリーダイエットを、もう一方のグループには通常食を摂ってもらいました。1か月後の痛みや症状について比較したところ、グルテンフリーダイエットを摂ってもらったグループは、月経痛が緩和され、月経の経血の異常も改善され、骨盤痛も軽減しました。

グルテン

低FODMAPダイエットも子宮内膜症予防に良い

もう一つは、低FODMAPダイエットです。低FODMAPダイエットは、最近増加している過敏性腸症候群(IBS)患者への食事療法です。大腸の状態を整えるために、消化吸収を阻害するオリゴ糖、二糖、単糖、ポリオールなどが高い食品を避け、低い食品を選んでいくという食事法です。FODMAPは、腸内細菌を発酵させ、腹痛や不快感を引き起こすガスを発生させる食品です。これらの食品を抑えることで、IBSを予防していくことができます。

Moore et al. (2017) の研究では、IBS患者とIBSと子宮内膜症を併発している患者に低FODMAPダイエットを継続的に摂ってもらったところ、IBSと子宮内膜症の併発患者では、72%の人がどちらの症状にも改善傾向がありました。一方で、IBS患者では、49%の人に改善傾向がありました。この結果から、FODAMPダイエットは、子宮内膜症にも効果があることが示唆されました。問題点としては、子宮内膜症だけの患者が含まれていなかったので、子宮内膜症患者への直接的な効果は確認できていません。

まとめ

グルテンフリーダイエットは、子宮内膜症によい効果があるということはわかりましたが、グルテンは小麦など主要な穀類に含まれるデンプンの主成分です。これらを制限しすぎるとエネルギー不足や栄養不足にもなりかねません。そのため、このような食事療法をする場合は、足りない栄養素はサプリメントで補っていくことが大切です。

引用文献

Marziali, M., Venza, M., Lazzaro, S., Lazzaro, A., Micossi, C., & Stolfi, V. M. (2012). Gluten-free diet: a new strategy for management of painful endometriosis related symptoms?. Minerva chirurgica, 67(6), 499-504.

Marziali, M., & Capozzolo, T. (2015). Role of Gluten-Free Diet in the Management of Chronic Pelvic Pain of Deep Infiltranting Endometriosis. Journal of minimally invasive gynecology, 22(6), S51-S52.

Moore, J. S., Gibson, P. R., Perry, R. E., & Burgell, R. E. (2017). Endometriosis in patients with irritable bowel syndrome: Specific symptomatic and demographic profile, and response to the low FODMAP diet. Australian and New Zealand Journal of Obstetrics and Gynaecology, 57(2), 201-205.


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。