核酸ドリンクの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

核酸ドリンクの効果

カテゴリー:

核酸
近年、健康意識が高い人が注目している栄養素があります。それは核酸(DNA・RNA)です!サプリメントもありますが、特にドリンクが人気のようです、ドリンクの効果が高いからなのでしょうか?それはなぜでしょうか…

そもそも核酸ってどんなもの?

サプリ

核酸とは、DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)からなる高分子遺伝物質のことです。DNAなら聞いたことがあるという人は多いでしょう。DNAは人体の設計図で、DNA鑑定などで使われているやつです。RNAは、あまり聞きなれないかと思いますが、それを元に細胞を作る職人と考えるとわかりやすいと思います。このように核酸は人体を形成するときになくてはならない大切な成分です。身体を形成するのは成長期の若者だけではありません。人間は死ぬまで細胞分裂を続けます。ですから、われわれは生涯にわたり核酸を必要としているのです。核酸は肝臓で製造することもできますが、口から摂取した成分を再利用する製造法もあります。短時間で身体に負担をかけずにできるのは再利用する方法です。また加齢と共に肝臓での製造は減ってきてしまいますので外部から核酸を摂取る必要がでてきます。

RNAリボ核酸の効果・効能
DNAデオキシリボ核酸の効果・効能

核酸に期待できる効果

核酸は細胞分裂をスムーズに行うよう促す効果があります。細胞分裂が滞ると、身体に不要な細胞がいつまでも止まり、新陳代謝が悪化して、身体のあちこちに不調や老化が現れ始めるのです。逆にいえば、核酸をしっかり摂っていれば、起こる不調はすべて予防することができるのです。

1.若さを保つ

赤ちゃんは目まぐるしく新陳代謝をくり返し、年を取るごとに、徐々にそのスピードは衰えていきます。つまり、いつまでもきちんと新陳代謝をしつづけることが若さの秘訣なのです。核酸は新陳代謝を促し、新しい細胞へと生まれ変わる手助けをしてくれます。また、老化の原因のひとつである活性酸素を抑える働きも確認されています。

2.肌を美しくする

肌は、身体の中でも特に新陳代謝の速度がとても速い部分です。常に外界と接している場所なので、傷つきやすく、そのたびに細胞を入れ替えることで美しい肌を保っています。核酸は細胞分裂を正常に行わせる効果があるので、きちんと摂取していれば、ターンオーバーが活発になり、肌が美しくなり美肌効果に期待できます。

効果

3.脳年齢を維持する

脳の栄養は核酸のRNA(リボ核酸)です。シニアになってもきちんと核酸を取っていると記憶力が衰えず認知症にもなりにくいという研究データがあがっています。

4.疲労がたまらない

活性酸素が発生すると細胞が傷つき疲労をうまく回復できなくなってしまいます。核酸は活性酸素に強い身体を作ってくれるので、疲労から回復しやすくなります。

5.血量をアップさせる

核酸は血液を作るのにも欠かせない成分です。造血作用があるので、貧血気味の人にもオススメです。

核酸ドリンクのここが凄い!

核酸ドリンクは昔から健康や美意識に鋭い人々から愛飲されていて、ある商品は15年もその企業の売れ筋商品となっています。核酸の含有量が最も多いとされているサケの白子のほかに、軟骨成分やヒアルロン酸ビタミンミネラルなど十種類以上がたっぷり入っているので、健康や美容に効果があるいろいろな栄養素をこれだけで補うことが可能です。核酸をサプリメントで摂った場合は、他の栄養素も一緒に摂りたいのならいくつものサプリを一緒に飲む必要がありますが、核酸ドリンクなら一日に一回これを少量飲むだけで、欲しい成分がすべて得られます。また、核酸は細胞分裂を促しますが、細胞の元となる材料が不足していては効果がありません。しかし、核酸ドリンクなら一緒に細胞の材料であるたんぱく質もたくさん摂ることができるため、身体に吸収されたそのときから、細胞分裂をすぐに行うことが可能なのです。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。