催眠療法でダイエットができるってほんと?② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

催眠療法でダイエットができるってほんと?②

カテゴリー:

睡眠療法には、いろいろな効果があるといわれていますが、その一つにダイエットがあります。今回は、催眠療法ダイエットができるのか検証してみたいと思います。

催眠療法でダイエットができるってほんと?②

睡眠療法とダイエットの関係

睡眠療法には、多くの効果があるといわれています。睡眠中にマインドコントロールして問題行動を抑えたり、心理的・精神的なストレスを軽減できることがわかっています。そしてダイエットにも効果があるようなのです。

Stradling et al. (1998) の研究で、睡眠時無呼吸症があり食事制限の必要がある60人の患者を2つのグループにわけ、1つのグループにはカウンセリングを、もう一つのグループには睡眠療法を行いました。その結果、カウンセリングを行ったグループは、全ての人に減量効果が出るのに18カ月間かかったのに対して、睡眠療法を行ったグループは3か月で減量効果がでました。この結果から、睡眠療法には、カウンセリングよりも早く減量効果があることが確認できました。

Bolocofsky et al. (1985) の研究では、減量が必要な109人の肥満患者を2つのグループにわけ、1つのグループには睡眠療法を、もう一つのグループには別の行動療法を行ってもらいました。その結果、睡眠療法の群では2年間継続的に体重が減量があったのに対して、別の行動療法を行った群は、継続的な減量傾向はみられませんでした。2年後、睡眠療法の群の人は別の行動療法を行った群の人より平均2倍減量することができました。

催眠療法と他の減量法と組み合わせ

多くの専門家らは、ダイエットの治療法として睡眠療法のみを行うのはやや心配な面があり、他の方法と組み合わせていくほうが良いと主張しています。睡眠療法に肯定的な効果が出ている研究でも、睡眠療法は体重管理プログラムの一環として行うことを推奨しています。

栄養士による食事療法や行動療法、運動やサプリメントなどを用いた自宅療法などとの組み合わせがよいとされています。

睡眠療法のみに頼ることは大変危険が高く、まだ研究過程の分野なので、積極的に医療機関などで使われるには、今後の実証研究が必要であるともいわれています。

まとめ

このように睡眠療法の適用分野は多岐に広がりつつあります。欧米ではこのような治療方法が医療機関などでも取り入れられ始めていますので、日本でも今後さらなる展開が期待されます。

現状は、サプリメントや食事療法など信頼できる方法で行っていくようにしましょう。

(文:宮本燈)

ダイエット

引用文献

Stradling, J., Roberts, D., Wilson, A., & Lovelock, F. (1998). Controlled trial of hypnotherapy for weight loss in patients with obstructive sleep apnoea. International Journal of Obesity & Related Metabolic Disorders, 22(3).

Bolocofsky, D. N., Spinler, D., & Coulthard‐Morris, L. (1985). Effectiveness of hypnosis as an adjunct to behavioral weight management. Journal of Clinical Psychology, 41(1), 35-41.

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る