関節痛について:おすすめサプリメント① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

関節痛について:おすすめサプリメント①

カテゴリー:

関節痛

中高年になると特に増えるのが関節痛の悩みです。関節痛にはいろいろな対策方法があり、その一つがサプリメントによる対策方法です。今回は、関節痛の方へのおすすめサプリメントをご紹介します。

関節痛について:おすすめサプリメント①

中高年の女性に多いのが肩こり、腰痛です。次いで多いのが関節痛です。年々手足の関節の痛みを訴える方が増えています。特に50代以降に増えるのが加齢による変形性の関節痛です。

変形性の関節痛が起こる原因と症状

変形性関節症は、関節の軟骨が擦り減って骨同士がぶつかり合うことで起こります。軟骨は骨同士のぶつかり合いを防ぐクッションの役目がありますが、加齢とともに擦り減って減少していきます。

変形性関節痛は、膝関節や股関節に多く見られ、炎症や外傷の後に起こることが多いです。初期は関節に違和感やだるさを感じ、動作の始めや朝起きてすぐの時に痛みを感じますが、すぐに痛みは消えていきます。しかし症状が悪化すると痛みが持続するようになり、歩行時や少し動くだけでも痛みがあります。次第に痛みが酷くなり、歩けなくなったり、少し動くのにも苦労するようになります。O脚になることもあります。

関節痛になると立ったり、座ったり、階段を昇り降りするときに痛みを感じます。膝を伸ばしたり、長く立ったままでいると痛みが強くなります。関節の動きが狭くなり、膝を十分に曲げることができなくなります。

体重をあまりかけないようにしていると症状は次第に安定しますが、進行すると疼痛になることもあります。さらに悪化してくると、関節に水がたまり、膝が腫れてくることもあります。これらの症状は個人差があり、あらわれ方は人それぞれです。

肥満が病状の悪化の原因となる

変形性関節症の原因としては、加齢による筋力低下や無理な労働や激しいスポーツなどがあります。使い過ぎ、肥満による荷重負荷などもあります。

年を負うと軟骨の弾力が失われクッション機能が低下します。重さや筋力の圧迫が平均して関節にかからなくなると、関節面の軟骨に歩行時や階段の昇り降りの時に不均等に荷重がかかるようになります。これが軟骨が変形していく理由です。

歩くときに膝にかかる負荷は体重の2~3倍で、階段を降りる時には6~7倍かかります。そして特にこの症状が酷くなるのは、肥満や骨粗鬆症の影響です、

特に年齢を重ねると外出が億劫になり、体を動かすことが少なくなるので、膝の筋力を弱体化していきます。同時に運動不足で体重が増加すると、さらに膝への負担が増えます。

関節痛を避けるには

関節痛は、肥満にならないようにすること、正座をしないこと、長時間の立ち仕事をしないこと、重い荷物をできるだけ持たないようにすること、膝に負担のかかる靴を履かないこと、お風呂で関節マッサージをすることなどで、防ぐことができます。

まとめ

このように加齢で増える膝の変形症にはいくつかの症状と原因がありました。膝が関節痛になると、体を動かすのが億劫になり、肥満なども起こりやすくなります。そのため関節痛によいサプリメントなどを補って予防していくことが大切です。次の記事でサプリメントをご紹介していきます。

サプリメント


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。