長期間のストレスはどんな影響があるのか④ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

長期間のストレスはどんな影響があるのか④

カテゴリー:

ストレス

ストレスが溜まると心身に多くの影響があらわれます。そのため、できるだけ普段からストレス解消をしたり、栄養補給などをして早めに対処していくことが必要です。今回はストレスを長期間溜め込んでいるとどのような影響があるのかということについてお話します。

長期間のストレスはどんな影響があるのか④

ストレスを長期間溜めていると次のような症状が出ます。

消化器系の不調

ストレスは消化器系の働きに大きく関与しています。下痢や便秘のような消化器系の問題は、特に精神面の影響を受けやすいです。ストレスが高まると、下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群なども起こりやすくなります。

Devanarayana and Rajindrajith (2009) の研究では、2,699人の子供のストレスと便秘の関連が調査されました。その結果、ストレスを感じている子供ほど便秘になりやすいということがわかりました。

ストレスは、過敏性腸症候群(IBS)や炎症性腸疾患(IBD)のような消化器疾患の患者に特に強い影響があります。IBSやIBDは胃の痛み、膨満感、下痢、便秘などの症状があらわれます。

Hertig et al. (2007) の研究では、IBSの女性患者81人に女性の被験者のストレスと腹痛の関連を調べたところ、2つには相関関係がありました。

Cámara et al. (2009) の研究では、炎症性腸疾患のストレスを調べたどころ、高い相関関係がみられました。

しかし、消化器系の疾患は、それ以外にもさまざまな影響で起こり得るので、ストレスだけが原因ではないことも考えられます。

腹痛

食欲不振

ストレスは食欲にも大きな影響をおよぼします。ストレスが溜まると、食欲がなくなったり、逆にストレスがたまって過食になることもあります。食欲の制御がきかなくなることが多いです。

Kandiah et al. (2006) の研究では、学生の被験者にストレスと食欲の関連について調べたところ、ストレスが増えると、81%の人に食欲の変化が見られました。そのうち62%の人は食欲が増し、38%の人は食欲が低下しました。食欲増加のほうが多くなりした。

Rutters et al. (2009) の研究では、129人の研究のストレスを感じた時の行動について調べたところ、ストレスを感じると空腹でもないのに食べてしまうというような行動が見られました。ストレスが溜まると過食になり、体重増加が増えると考えられます。

Block et al. (2009) の研究では、1,355人を対象として、ストレスと体重増加を調べられました。その結果、ストレスが高い人ほど、調査期間中の体重増加がありました。

これらの研究は、ストレスと食欲や体重の変化との関連性を示していますが、他の要因の影響もあると考えられます。

まとめ

このようにストレスには消化器官系の疾患や体重増加と関連していることがわかりました。ストレスが増えるとIBSやIBDなどが増えます。便秘、下痢などの症状は精神的なストレスが高いことがわかっています。ストレスを感じると食欲のコントロールができなくなるので、食欲不振や過食も起こります。このようなストレスの増加による症状を防ぐには、日ごろの規則正しい生活やバランスの良い食生活が大切です。食事で足りない栄養素はサプリメントで積極的に補っていくようにしましょう。

引用文献

Devanarayana, N. M., & Rajindrajith, S. (2009).2 Association between constipation and stressful life events in a cohort of Sri Lankan children and adolescents. Journal of tropical pediatrics, 56(3), 144-148.

Hertig, V. L., Cain, K. C., Jarrett, M. E., Burr, R. L., & Heitkemper, M. M. (2007). Daily stress and gastrointestinal symptoms in women with irritable bowel syndrome. Nursing research, 56(6), 399-406.

Cámara, R. J., Ziegler, R., Begré, S., Schoepfer, A. M., & Von Känel, R. (2009). The role of psychological stress in inflammatory bowel disease: quality assessment of methods of 18 prospective studies and suggestions for future research. Digestion, 80(2), 129-139.

Kandiah, J., Yake, M., Jones, J., & Meyer, M. (2006). Stress influences appetite and comfort food preferences in college women. Nutrition Research, 26(3), 118-123.

Rutters, F., Nieuwenhuizen, A. G., Lemmens, S. G., Born, J. M., & Westerterp‐Plantenga, M. S. (2009). Acute Stress‐related Changes in Eating in the Absence of Hunger. Obesity, 17(1), 72-77.

Block, J. P., He, Y., Zaslavsky, A. M., Ding, L., & Ayanian, J. Z. (2009). Psychosocial stress and change in weight among US adults. American journal of epidemiology, 170(2), 181-192.

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る