海外で人気のスマートサプリ成分 ベスト10 6位~10位 2/2 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

海外で人気のスマートサプリ成分 ベスト10 6位~10位 2/2

カテゴリー:

サプリメント

最近では、スマートサプリといえば脳に良いサプリ頭が良くなるサプリとも言われ人気があります。スマートドラッグは、人の脳の機能を高め、記憶力や認知機能を高めるのに有効な薬です。日本でもいくつか人気の成分がありますが、今回は海外の人気スマートサプリ成分のベスト10をご紹介します。日本と比較してみてください。

(1位~5位は前の記事をご参照下さい。)

海外で人気のスマートトサプリ成分 ベスト10 後編(6位~10位)

海外で人気のダイエットサプリの成分は次のようなものがあります。

6位 アルファGPC(アルファ – グリセロホスホコリン)

アルファGPC(アルファ – グリセロホスホコリン)は、コリンの合成を助ける成分です。コリンは、脳の発達、健康な脳細胞、神経伝達物質の形成に不可欠な栄養素ですが、脳に吸収されにくいという特徴があります。そこで、それを助けるのがアルファGPCです。アルファGPCは学習と記憶を促進する脳の化学物質であるアセチルコリンの前駆物質です。脳内にコリンを迅速かつ効率的に移動させ、脳細胞膜を形成し、新しい脳細胞の成長を促進します。神経伝達物質のドーパミン、セロトニン、GABA(γ-アミノ酪酸)を増加する働きがあります。ある調査の結果によると、アルファGPCを摂取したすべての年齢層の人の記憶と集中力が向上しました。そしてアルファGPCにはアセチルコリンレベルを上昇させることからアルツハイマー病の治療薬としても処方されています。アルツハイマー患者に関する調査では、アルファGPCの摂取がアセチルコリンレベルを正常値より90%も上昇させたという結果も出ています (参照:IA5. Clinical Application: Acetylcholine and Alzheimer’s Disease)。さらに、脳卒中、脳の傷害、一時的な虚血発作の後に脳が回復するのを予防したという調査結果も報告されています(参照:Transient ischemic attacks , University of Maryland Medical Center )。アルファGPCは一般的に安全ですが、大豆か卵の食物アレルギーがある人は注意が必要です。

7位 ヤマブシタケ

ヤマブシタケは、アジア、北米、およびヨーロッパの一部地域の食用キノコです。古くから薬キノコとして用いられ、料理の珍味としても使用されてきました。その特徴的な形からライオンの鬣キノコなどとも呼ばれています。最近では脳のサプリメントの成分としても知られるようになりました。世界的にも有名な真菌専門家のポール・スタメッツ氏から“最初のスマートなキノコ”とも言われ、記憶、知性、モチベーション、注意、集中力などを向上や、認知機能の改善、神経障害の治療にも優れた効果があると考えられています。ヤマブシタケには、ヘリケネン、エリナシンという神経成長因子(NGF)の形成を刺激する化合物が含まれていて、この神経成長因子(NGF)が特定のニューロンの増殖や維持に重要な役割を担っています。ヤマブシタケは、アジアでは食べ物としても活用されているのでほぼ副作用はないと考えられています。

8位 マグネシウムL-トレオン

マグネシウムは代謝機能に必要な必須栄養素で、欠乏すると脳霧、集中力の欠如、ストレス、不眠症、カフェイン依存などを引き起こします。マグネシウムの摂取は、うつ病、不安、ADHD、双極性障害、および統合失調症を含む多くの精神的健康状態に良い影響があることがわかっています(Rao et al., 2008; Starobrat & Kozielec, 1997)。マグネシウムL-トレオンは、脳細胞膜に浸透し、脳内のマグネシウム濃度を高めるのに有効な栄養素です。

9位 トリプトファン

トリプトファンは、セロトニンの前駆体である必須アミノ酸で、気分、睡眠、学習、および食欲をコントロールする役割があります。トリプトファンセロトニンのレベルが下がるとうつ病の原因となります。ProzacやZoloftのような抗うつ薬は、セロトニンを脳内で利用しやすくすることで脳の働きを阻害しないようにする薬(SSRI)です。トリプトファンはセロトニンレベルを自然に高め、脳内のセロトニンレベルを上昇させることで脳の働きを上げるとともに、脳や精神疾患のある人のQOLを向上させるのにも有効と考えられています。いくつかの研究で、うつ病患者に有効であることや(Richard et al., 2009)、一般的不安、社会不安障害、パニック発作、強迫神経症および季節性情動障害を軽減するなどの結果も示されています(Klaassen et al., 1998)。またトリプトファンは注意欠陥多動性障害(ADHD)にも関連していて、ADHDの子供はトリプトファンの血中レベルが通常の子供より50%低いという結果も出ています(Psychcentral)。

10位 ビンポセチン

ビンポセチンは、ビニカミン(ビンカマイナー)に見られる化学物質であるビンカミンから作られています。ビンポセチンの花の実は、古くから頭痛、記憶喪失、めまいなどの治療薬として使用されてきました。ビンポセチンは、記憶を改善し、脳の働きを活性化して、精神的な集中力を高め、脳の老化を防ぐ効果があると言われてきました。これはビンポセチンが脳に入る血流を増加させ、脳の炎症を軽減し、フリーラジカルの損傷から保護するためです。さらに、神経伝達物質のバランス保ち、脳が変性するのを防ぐので、アルツハイマーの潜在的治療法とも考えられ始めています。ビンポセチンは、しばしばベンゾジアゼピン抗不安薬にも付加されています。短期記憶喪失を予防するのにも良いとされています。

まとめ

このようにスマートドラックは海外では大変人気のあるサプリメントです。最近日本でも、高齢者の方だけでなく、若い方の間でも脳活サプリとして注目を集めています。頭がすっきりとクリアになり、頭脳明晰になるならこんな嬉しいことはありません。海外で人気のサプリ成分は、日本の頭が良くなるサプリ成分や、記憶に良いサプリ成分とは少し違った傾向が見られましたので、どうぞご参考としてください。

(文:宮本燈)

1位~5位は前の記事をご参照下さい。

参考ページ

IA5. Clinical Application: Acetylcholine and Alzheimer’s Disease, http://web.williams.edu/imput/synapse/pages/IA5.html

Transient ischemic attacks , University of Maryland Medical Center :http://umm.edu/health/medical-reference-guide/complementary-and-alternative-medicine-guide/condition/transient-ischemic-attacks#ixzz3UfeBCPKB

Psychiatrictimes, Integrative Treatment of Bipolar Disorder: A Review of the Evidence and Recommendations: Page 2 of 4, July 03, 20, by James Lake, MD, http://www.psychiatrictimes.com/bipolar-disorder/integrative-treatment-bipolar-disorder-review-evidence-and-recommendations/page/0/2

Psychcentral, Brains of Children with ADHD Show Protein Deficiency By Jane Collingwood,

psychcentral.com/lib/brains-of-children-with-adhd-show-protein-deficiency/

引用文献

Rao, T. S., Asha, M. R., Ramesh, B. N., & Rao, K. J. (2008). Understanding nutrition, depression and mental illnesses. Indian journal of psychiatry, 50(2), 77.

Starobrat-Hermelin, B., & Kozielec, T. (1997). The effects of magnesium physiological supplementation on hyperactivity in children with attention deficit hyperactivity disorder (ADHD). Positive response to magnesium oral loading test. Magnesium research: official organ of the International Society for the Development of Research on Magnesium, 10(2), 149-156.

Richard, D. M., Dawes, M. A., Mathias, C. W., Acheson, A., Hill-Kapturczak, N., & Dougherty, D. M. (2009). L-tryptophan: basic metabolic functions, behavioral research and therapeutic indications. International journal of tryptophan research: IJTR, 2, 45.

Klaassen, T., Klumperbeek, J., Deutz, N. E., van Praag, H. M., & Griez, E. (1998). Effects of tryptophan depletion on anxiety and on panic provoked by carbon dioxide challenge. Psychiatry research, 77(3), 167-174.




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。