サプリメント成分 レクチンについて:レクチンが豊富な食品やサプリメント | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

サプリメント成分 レクチンについて:レクチンが豊富な食品やサプリメント

カテゴリー:

レクチン

レクチンは、サプリメント成分として人気の成分です。そして食品としては豆や野菜に含まれる栄養素です。免疫向上などの効果が高いことから最近注目を集めています。今回はレクチンがたくさん含まれている食品をご紹介します。

レクチンが豊富な野菜

レクチンは、豆類やじゃがいもなどに含まれる栄養素の一つです。それ以外の食品にもたくさん含まれているものがあります。

レッドキドニービーンズ

レッドキドニービーンズは、血糖指数(GI)が低い炭水化物の一つです。ゆっくりと血中に糖を放出するので、血糖値の上昇が急激に上がらないのがよいところです。抵抗性デンプンと不溶性繊維が多く、体重減少や​​一般的な腸の健康状態の改善に役立ちます。レッドキドニービーンズには、鉄、カリウム、葉酸、ビタミンK1などの多くの栄養素が含まれています。特にフィトヘマグルチニンと呼ばれる高レベルのレクチンが含まれています。食べすぎると悪心、嘔吐、下痢を引き起こす可能性がありますので注意しましょう。レッドキドニービーンズは、赤血球凝集1単位(hau)あたりを20,000〜70,000 hauを含んでいますが、加熱処理されると200〜400 hauになります。熱に弱いのが特徴です。

小麦

小麦製品のなかでも小麦粉は、高い血糖指数(GI)があることでも知られている食品です。全粒小麦は同様のGIがありますが、食物繊維が多いので腸の健康に有効です。小麦に含まれるタンパク質は、グルテンを消化しにくいので人体に吸収されにくいですが、小麦にはセレン、銅、葉酸などの多くのビタミンやミネラルが含まれていますので健康には良い食品です。全粒粉には、フェルラ酸のような抗酸化物質を含み、心臓病にも良い効果が期待できます。生の小麦、小麦胚芽はレクチンが高く、1グラム当たり約300mcgの小麦レクチンが含まれています。レクチンは加工されるとかなり減少してしまいますが、全粒小麦粉は、約30mcg / gを含まれています。全粒小麦パスタを調理すると、65°C(149°F)の低温でもレクチンが完全に不活性化してしまいます。市販の全粒子パスタからは、レクチンを摂取ることが難しいです。

ピーナッツ

ピーナッツは、マメ科に分類される食品です。一価不飽和脂肪や多価不飽和脂肪がたくさん含まれていて、エネルギー源にもなります。ビタミン、ビタミンE、チアミンなどのタンパク質や広範囲のビタミンやミネラルも含まれています。ピーナッツは抗酸化物質が豊富で、心臓病や胆石のリスク低下などにも有効です。他の食品とは違い、ピーナッツのレクチンは加熱によって減少しません。レクチンはがんにもよいといわれていています。

ピーナッツ

トマト

トマトには繊維が豊富でビタミンCもたくさん含まれています。ビタミンCの1日の接す量の約28%を摂取できます。トマトには、カリウム、葉酸、ビタミンK1なども豊富です。トマトの中で最も研究されている化合物の1つは抗酸化リコピンです。炎症および心疾患を軽減することがわかっていて、研究によりがんに対しても良い効果があることがわかっています。トマトにはレクチンも含まれていて、トマトに含まれるレクチンは、腸壁に結合しますが、直接的な腸壁に損傷は与えません。関節炎で見られるような炎症にトマトやその他のレクチンが関係しています。レクチンは慢性関節リウマチに関連していますが、疾患のリスクが高い遺伝子を持っている人に限られます。最近は、トマトはアレルギーという人もいます。特に花粉食アレルギー症候群や口内アレルギー症候群の恐れがありますので注意しましょう。

レクチンの効果

このように多くの食品に服かれているサプリメント成分のレクチンです。最近少しずつ注目されるようになっています。ジャガイモや大豆には最もたくさん含まれていますので、これらの食品と合わせてレクチンが含まれたサプリメントも積極的に取り入れるようにしましょう。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。