ビーガンについて:ビーガンの方はサプリメントで栄養補給を | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビーガンについて:ビーガンの方はサプリメントで栄養補給を

カテゴリー:

ベジタリアンのなかでも、最も厳しい制限があるビーガンは、近年、欧米ではますます増加しています。今回は、ビーガンの健康面でのメリットとデメリット、そして気をつけておかねばならない点や、その対策方法としてサプリメントによる栄養補給をご紹介します。

ビーガンについて:ビーガンの方はサプリメントで栄養補給を

ビーガンは、ベジタリアンの種類の一つで、最も厳しい食制限をもつ人たちです。肉、魚、乳製品、卵、ハチミツなど、全てを食べることができません。

近年、健康志向や環境面への関心の高まり、ビーガンの数は年々増加してきています。ビーガン食が、健康的であることはアメリカ栄養協会により発表されている事実なのですが、一方で気をつけておかなければならない点もあります。

日本でも注目されているビーガン

日本でも、ビーガンへの関心は近年高まっています。1993年にはNPO日本ベジタリアン協会が設立され、ビーガンの有効性も度々取り上げられています。そして、人と地球の健康を考えることをテーマに菜食主義に関する、健康、栄養、倫理、生命の尊厳、動物愛護、地球環境保全、飢餓問題など、さまざまな啓蒙活動が行われています。

ビーガンのメリットとデメリット

ビーガンになるメリットとしては、糖尿病などの成人病やがんの発症率も低いことがわかっています。研究によると、肉食の人のガンの発生率は、菜食主義者に比べ、かなり高い傾向がありました、その理由は、動物性脂肪やタンパク質の摂りすぎだと考えられます。また肉食の人の植物繊維の不足も原因の一つです。

そして、このような健康面への利点に加えて、環境面でもいくつかの利点があります。食事から肉を少なくすることで、化石燃料が3分の1になり、二酸化炭素の排出も減少します。さらに家畜飼料の無駄も軽減できます。最近の飼育では、1kgの牛肉のために、16kgの穀物と大豆が必要だといわれます。

一方で、世界各地で飢餓に苦しむ子どもは一向に減少していません。このように、限られたタンパク質を、人と家畜が平等に分かち合うことが必要なのです。穀物を飼料として使われると、タンパク質は9割以上無駄遣いされることになります。

このような、世界的な問題を解決するために、ビーガンになることは良い影響をもたらすと考えられています。

サプリメントで栄養補給をしよう

しかし、ビーガン食を長い間続けていくことには、懸念される健康面へのリスクもあります。極端にタンパク質が減少すると、体力がなくなったり、エネルギー不足になることがあります。特に動物性タンパク質は、筋肉の源となり、臓器や器官の働きにもなくてはならない栄養素です。

そのため、ビーガン食を継続するには、有効なサプリメントで栄養素を補うことが大切です。タンパク質などの生命維持に必要な栄養素や、ビタミン、ミネラルなども追加してビーガン食でカバーしきれない栄養素をサプリメントで補っていきましょう。

サプリメント


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。