腸内環境に良いサプリメント①:腸内環境を整える成分 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

腸内環境に良いサプリメント①:腸内環境を整える成分

カテゴリー:

腸内環境

最近では、肉食中心の食事や食生活の乱れのために、腸内環境は悪化しています。今回は、腸内環境を整えるのによいサプリメントについてお話します。

腸内環境に良いサプリメント①:腸内環境を整える成分

腸内環境を整えるのに大切なのが乳酸菌です。よく耳にする乳酸菌という言葉ですが、乳酸菌っていったい何なのでしょうか。

大腸の菌

大腸には、100兆個を超える菌が存在しています。大腸の菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分類されます。大腸の調子を整えるのには、善玉菌と悪玉菌のバランスが大切なのですが、優勢な菌に合成するのが日和見菌です。

悪玉菌は有害な物質を生産し、免疫機能の低下や肝機能の不全などにもかかわっています。悪玉菌が増えて、腸内環境が悪くなると、腸内に有害物質が発生します。ガスが発生して、おならが臭くなるのはそのためです。

そして肝機能が低下すると、解毒が行われず、有害な物質が体の他の部位に送り出されます。これによって、生活習慣病や老化が起こります。

一方で、善玉菌は腸内に良い働きがある菌です。この代表格として、乳酸菌があります。ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を産出する乳酸菌のひとつです。

人は、生まれたばかりのときは、100%善玉菌だけを保持しているのですが、徐々にその数は減少して、大人になると、約2割程度になります。

理想的には、善玉菌が3割、悪玉菌が2割、日和見菌が5割というのが良い割合です。しかし、このバランスが崩れると腸内環境が悪化します。

善玉菌を増やす3つの成分

このような乱れた腸内環境を整えるのに良いのが、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスです。

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、乳酸菌を含むヨーグルトなどの発酵食品や乳酸菌飲料、乳酸菌含有のサプリメントなどに含まれています。

このような食品を始めとする補助栄養食品はさまざまあります。それらからプロバイオティクスを補うことができます。しかし、菌数が多ければそれでよいというわけではありません。プロバイオティクスは、大腸に届く前に胃酸などで死滅してしまうので、生きたまま腸に届くことが大切になります。

胃が弱酸性の時は、胃酸が少ないので、このタイミングでプロバイオティクスを摂れれば、死滅しにくくなります。乳酸菌の種類によっては、胃酸に強いものもありますが、腸まで生きたまま届けるには、胃酸が少ない時に摂るのが有効です。

まとめ

乳酸菌は腸まで届いたからといって、全てが吸収されるわけでありません。乳酸菌が腸内に吸収されないと、不要な物質としてそのまま体外へ排出されてしまいます。乳酸菌は、良いタイミングで摂り、きちんと腸内で吸収されることが大切になります。

サプリメント


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。