関節痛に良い栄養素やサプリメントについて② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

関節痛に良い栄養素やサプリメントについて②

カテゴリー:

サプリメント

関節痛に良い栄養素サプリメントにはいろいろな種類があります。どれがいいか迷っているという方も多いのではないでしょうか。今回は、関節痛に良い栄養素サプリメントをご紹介します。

関節痛に良い栄養素やサプリメントについて②

これまで軟骨は、一度擦り減ると、再生しないものと考えられてきました。軟骨には血管が無く、細胞へ栄養素を運ぶことができないので、一度失われた細胞を再び蘇らせることができないからです。骨の細胞は関節液から栄養を補給していますが、増殖することはほとんどなく、骨の再生はとても困難なことです。

軟骨成分の摂取は有効か?

そこで疑問になってくるのが、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの軟骨成分を、外から補って摂取することで、軟骨に吸収され、軟骨を再生することができるのかということです。

グルコサミンは単糖、コンドロイチンやヒアルロン酸は多糖です。単糖は消化されたのち、単糖に変換されて体内に吸収されます。そのため、多くの食品に含まれる多糖は、一旦単糖に変換されなければなりません。そして、先ほど説明しました通り、軟骨は体内で摂取された栄養分を補給することはないので、これらが軟骨成分になることはありません。また食品として摂取した場合、糖類はどの部分で摂取されるかわからないので、必ずしも軟骨に届くとも限りません。

コラーゲンも同様で、タンパク質なので、アミノ酸に分解されますが、吸収されたタンパク質は体のどの部分に使われるかは不明です。皮膚、筋肉、骨などタンパク質が必要な部分は多数あるので、体のどの部分にコラーゲンが使われるのかはわかりません。

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの効果

グルコサミンについては、多くの臨床実験が行われています。日本では、グルコサミンは医薬成分なので、有効性を示すいくつかの結果は出ています。疼痛にはある程度効果があるとわかってきていますが、関節痛の痛みを軽減するという結果はそれほどありません。関節の軟骨再生についても確かな報告が出ていません。

一方で、コンドロイチンは痛みの軽減や、関節腔の狭小に効果があることがわかっています。しかし、その抑制効果の度合いはそれほど大きいものではありません。頭痛薬などの消炎鎮痛剤の効果と同じくらいということなので、関節痛の痛みを完全に無くすほどのものではありません。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、現在注目されていますが、明確な有効性は確認されていません。有効性が確認されているのはヒアルロン酸の関節注射のみです。

コラーゲン

まとめ

このように、関節痛は軟骨の擦り減りにより起こりますが、一度無くなってしまった軟骨を再生することは不可能だと考えられています。そのため、今ある軟骨をこれ以上減らさない努力をするか、未然に予防しておく必要があります。年をとってから慌てなくてもいいように、若いうちから関節対策をしておくことをおすすめします。グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、これらすべてが予防には有益な成分ですので、積極的に摂っていきましょう。

一旦関節痛になってしまうと、痛みを抑えることはできても、完全に無くすことはできません。関節痛の悩みを持つ人は多いので、たくさんの新しい成分がでてきていますので、いろいろ情報収集をして、良い栄養素やサプリメントを探していきましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。